2020年01月16日

子供がすくすく育つ家-vol.1-

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

どんと祭も終わりお正月ムードも終了しましたね。

今年も二柱神社にどんと祭に行って、無病息災を祈りつつ火にあたってきました。

どんと祭.jpg

写真は昨年のものですが、お正月飾りを飾り始めたのがここ最近なので、これからは恒例行事にしてもいいなと思います。

大きな火を見ると心が清められて、ありがたい気持ちになりました。


さて今日は、2020年に個人的にテーマを掲げるとしたら何かな~、というところを考えまして「子供がすくすく育つ家」ってどんなだろう?を考えていきたいと思います。

なんせ今年はクボ家の娘も小学生になりますから、お勉強が始まります。

我々の時代(昭和です)は戸建の家なら子供部屋があって、そこに勉強机を置くのが一般的でしたが、最近ではリビングに勉強机を置くのがいい、というのをよく聞きますね。

家族の気配を感じながら、また雑多な環境の中で集中することが能力を高める、ということが言われるようになりました。


当社で建築のお客様の中にもダイニングの一角に多目的のカウンターをつける方や、リビング脇に書斎スペースを設けたり、子供が小さいうちは勉強スペースに使えるような工夫をされる方がたくさんいらっしゃいます。

お客様のお話を伺うと、子供が小さいうちは勉強スペースにして、その後はパソコンスペースや奥様のスペースにしたり、流動性を持たせてカウンターなどを設置しているケースが多いです。

お子様も中学生や高校生になると個室の方が良いという子もいますし、そのままリビングで勉強する子もいます。

ある程度の流動性は今の注文住宅ではテーマでもある気がします。

家は30年・・・いや50年は使えるものですから、長い目でリフォームの計画等も含みつつ、考えるのが賢い方法ですね。


で、やや脱線しましたが「子供の勉強」という面を考えると、小さいうちはダイニングスペースなどお母様の目の届くところで、大きくなったら個室でも勉強ができる環境だとベストかな、と現段階では思っています。

時代とともに流行りがあったり、見解が変わっていくものと思いますので、今のところですが。



先日娘の勉強机を購入したのですが、やはり自分の頃とは時代が変わっていましたね。

見た目は昭和の頃と同じような形の前面に収納のあるタイプを購入しました。

私はシンプルな木の机が良かったのですが、いわゆる小学1年生でそろえる学習机です。

(しかもディテールが割とごてっとしています^-^; 娘のものですので、譲歩しました。)

ただこれが、私の使っていたものとは違って、奥に配置する収納部分と机の部分が完全に分けられるようになっていました。

もちろん机の下に置くワゴンも初めから分離しています。

全部を組み合わせると大きいので個室に置くしかないのですが、机だけなら省スペースなので、頑張ればリビングにも置けるかも。

さらに収納部分を机の隣に置いたり、本棚のように独立して置くこともできる優れもの!!

少々棚の組み換えなどは必要ですが、よく考えられています。なんでも時代とともに進化しているんだなあと感心しました。


こういう机の場合、個室よりもリビングで勉強するのであれば、机だけを必要な場所に置けるのでとっても便利♪

もちろん宿題くらいはダイニングテーブルでやってもいいのですが、食事の時にさっと片付けられないとそれも困るので、状況を見て必要なら机をもう置いておくこともできます。

今のところは新しい机が来たばかりで喜んで、家自体も狭くて個室と言ってもすぐそばにおりますので、自室にこもって何やら作業をすることを楽しんでいるようです。

まだ暖房もないのに(笑)。


子供がすくすく育つ、と言えばまずは学習環境かな?と思って今日は机の設置をあげてみましたが、もっと大切なことがあると思っていますので、それはまた次回記事にしたいと思います。

私事ですが、娘の小学校入学って親もワクワク・ドキドキな部分がありますね?

自分の頃はもう忘却の彼方ですから、今どきの小学校ってどうなの?と気になるところです。

勉強については、本人の問題なのであまり介入する気はないのですが、宿題を親が添削したりするらしいですね?(よくわかっていない。)

自分の名前が書けて、本が読めれば大丈夫!と思っているのですが、可能な限り協力はしていきたいと思います。

それでは、また。


今月は東武ハウジングの『そらの家』完成見学会があります!!

ホームページのお知らせ欄もぜひチェックしてくださいね♪♪

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 16:27| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

2020年もよろしくお願い致します!~そらの家動画公開中!!~

あけましておめでとうございます!(←遅い;;)東武ハウジングのクボです。

928dee5fb5dfa8c26634207f454678aa_m.jpg

新年の意気込み新たに更新!と思いつつ、10日も経ってしまい、初回から反省しております(^-^;

月曜からお仕事の皆さんは1週間、お疲れ様でした。

年末年始お仕事だった方はそろそろのんびりできる頃かもしれませんね。


2020年は干支も最初の子(ねずみ)ですし、区切りもよくリスタートの年ではないかと勝手に考えております。

初心に戻りつつも新しい試みにチャレンジできる1年にしていきたいです。新年の意気込み(笑)。

正月も40回も迎えてきますとだんだん感動が薄れてしまい、さてそろそろ新年の目標でも、と手帳を開いたところすでに書いてあったりして、なんだかなあ、という感じです。(単なる物忘れ?)

子供のように純粋な気持ちで「今年も頑張ろう!!」ではありませんが、毎年つつがなく過ごせることに感謝しつつ、できるだけ長く固まらずに(思考や性格が笑)柔らかい心を持ち続けられる様に学ぶ姿勢、向上する姿勢を持ち続けていたいと考えております。

このブログもすでに先月で5年目を迎え、ネタが一巡してしまった感はあるのですが(^-^;

5年も経つと法律や社会情勢も変わりますので、また見直したり新たな情報を取り入れたりして行ければと考えています。

というわけで、長い前置きでしたが、今年もお立寄りいただけると嬉しいです!!!


さて、東武ハウジングでたくさん建築しております『そらの家』動画は皆様もうご覧になりましたか?

You Tubeにて公開中ですので、ぜひ観てみてくださいね♪



新春さっそくの嬉しいお知らせがあります♪

現在仙台市宮城野区で建設中の『そらの家』にて完成見学会を行うことが決定いたしました!!

詳細は下のバナーから弊社ホームページでご確認いただけます。

更に詳しい情報もこれからブログでも少しずつお伝えしてまいりますので、チェックしてくださいませ。

それでは皆様も、つつがなく、目標新たに、一緒に2020年も邁進して参りましょう!!

今年も何卒よろしくお願い致します。



見学会の情報は東武ハウジングホームページにてご確認ください!



バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 13:58| Comment(0) | 私の思うことあれこれ | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

トクラスショールーム見学会と『そらの家』動画公開!

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

ついに年末、今日仕事納めの方も多いかと思います。

年末はお仕事がお忙しい方もいるとは思いますが、皆々様、今年も1年お疲れさまでした!!


東武ハウジングは明日も来週月曜も営業しております!

年末年始は大みそかの31日から年明けは5日までお休みを頂戴いたします。

緊急の電話等は繋がりますが、故障対応などにはお時間を頂く場合もありますので、ご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。


さて今日はちょっと宣伝をさせていただきたいのですが、東武ハウジングの一押し『そらの家』のCG動画を作ってもらいました!!

特に仙台では土地が狭く、広い庭が取りにくかったり、交通量が多くて子供が外で遊ぶのに危険を感じる・・・という問題を解決する屋上庭園。

スカイプロムナードの金属防水技術で防水保障付きなのも安心ですよね?

当社でもすでに宮城県内に13棟を建築し、現在も2棟建築中です。

こちらのブログでもちょいちょい宣伝していますが、百聞は一見に如かず♪ぜひこちらをご覧ください!



いかがだったでしょうか?

まるで写真かと思えるような仕上がりですよね。

これもスカイプロムナードの会社様が協力して下さり、作成していただきました。

屋上の仕上げ面もこんな風にいろいろ組み合わせられて楽しいですよね。


屋上以外のポイントとしては、今年流行しましたインテリアをふんだんに盛り込んでみました。

アイスブルーノーチェというブルーの特徴的な玄関カラー、内装ドアはミルキーグレー、キッチンはナチュラル系の木目が入った面材を使用しています♪

こちらのプランは実際に仙台市内に弊社が持っている分譲予定地に合わせてプランニングしていますので、間取りもこだわっておりますよ。



さてさて、今日は年末特別版なので2本立てで。

前回予告しておりました、水回りのメーカーさんのショールームに行きましたレポその2も行きたいと思います。

TOTOさんの次はTOCLAS(トクラス)に行ってまいりました。

トクラスってご存知でしょうか?私はこの業界に入るまで全く知らなかったのですが(^-^; 

当社の現場担当のベテラン社員は皆さん「トクラスはいい」とおっしゃいます。

なかなかいろいろなメーカーを見ることは普通ないですが、現場の方はあちこちで実際に各メーカーを見ているので、そこで評価が高いのは商品力が高いのかも?

実は家の近所にショールームがあって前から気になっていましたので、今回伺えて良かったです♪


トクラスさんはヤマハリビングテックという会社から2013年に社名変更したそうで、あのYAMAHAの住宅部門という感じでしょうか。

ショールームにはYAMAHAのピアノが置いてありました♭

キッチンとお風呂の展示があり、特徴的なのは人工大理石の質。

住宅メーカーで人工大理石の開発・製造をしているのはトクラスだけで、最初に人工大理石天板のキッチンを発売したメーカーだそうです。

もともとがヤマハですから、ヨットなどの製造にFRPなども製造しており、技術力が高いのですね。

ここが、現場の皆様が仕上がりがいいとおっしゃるところなのでしょうね。


通常のメーカーではうすい天板を木材などに貼り付けているのですが、トクラスの人工大理石は通常の2倍の厚さのものをそのまま使っているという事。

ショールームの方は上から大きい缶詰を落としたり、200℃に温めたフライパンを直置きしたりしてその強さを見せてくれました。

お風呂も人工大理石の浴槽があって、通常のFRPと違って傷が付きにくいのでお掃除の手間が減るそうです。

人工大理石ではないのですが、アクセントパネルの鏡面が非常に美しく、確かに高級感があるなと思います。

そんなに色々こだわっているのだから、さぞ価格も高いのだろうと思ったのですが、そこまで他メーカーとの値差もなく、むしろお安いかも? 

詳しくはお見積りで!なのですが(笑)、選択肢の1つとしてご提案できると思います。

トクラス.JPG

こちらの写真では、ご提案頂いたキッチンの上に謎の板が載っていますが、こちらが新発売のセラミックの天板で更に丈夫なものになります。

常に時代は移り変わるのですね~~。

人工大理石だけでも違いは分かったのですが、更なる新素材が発売され、これからも進化していくのだなと思いました。

こちらのセラミック天板もエンボス加工されていて独特の味わいがあり、面白い商品です。

また、栗原はるみさんプロヂュースのキッチンも展示されていて、見ごたえのある展示場でしたよ。

泉中央駅から近いところにあります。

ご興味のある方はぜひ、覗いてみてくださいね。

火曜・水曜は定休日でしたので、あとは年末年始の営業にご注意くださいませ。


今日は私も(皆様より一足早く^-^)仕事納めなので、慌ててたくさん盛り込んでしまいましたが、お読みいただきありがとうございます。

また来年もたくさんの情報や面白いものを見つけて更新していきますね。

2019年もご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

来年も何卒よろしくお願い致します!!


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 13:46| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする