2019年03月20日

3月といえば・・・

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

昨日は県内(市内?)小学校で卒業式が多かったですね。

クボ家の娘が通う保育園は今日が卒園式です。

昨日から天気が良く、袴に着物を着たお嬢さんたちにも良かったなと思います。

最近は小学校の卒業式に晴れ着を着る方が多いのですね。

確かに、中学校・高校は制服になる可能性が高いので小学生の卒業式ぐらいはいいかな?

我が家もその時に向けて検討しようと思います(^-^;早いか;


さてさて3月といえば卒業もそうですが、4月の入学・進学・就職や転勤に向けてのお引越しの季節!!

引っ越しのピークは3月中旬で2週目から3週目が多いそうです。

今週末くらいまでがピーク。

とはいえ3月下旬~4月上旬まで学生さんのお引越しも続くでしょうし、本格的な春を迎えて落ち着くまではもう少しかかるかもしれません。


余談ですが、この時期賃貸業をしている不動産業者は大忙しです。

3月は休みなしで営業している会社様も多くありますし、そういう意味ではゴールデンウィーク頃にゆっくりできる業種といえるでしょうね。


建築業界でみれば、3月は消費税増税前に確実に契約ができるリミットでもありましたので、駆け込み需要?の時期だったかもしれません。

これも会社によって様々でしょうけれど、当社で言えばそんなに影響はない気がします。

消費税の切り替えのタイミングは引渡しのタイミングになりますが、当社の標準施工期間は3~4ヶ月程度なので、6月くらいまでに契約すればほぼ8%の税率で行けるのではないかと思います。

4月以降の税率については引き渡しによるとしかお約束できませんのであしからず、ですが。

消費税8%から10%への移行についてはこちらの過去記事にてご確認ください。

消費税10%まであと1年~家を建てる場合の移行措置とすまい給付金について~


20180926143859_00001.jpg
参考資料です。

一部のハウスメーカーさんでは昨年の夏くらいから売り上げが向上しているということでしたが、年末に10%増税後の住宅購入にいろいろ特典が付きましたので、その後の駆け込みは落ち着いてきたのではないかと思います。

あくまで個人の主観ですので違うかもしれませんが(^-^; 

住宅ローン減税の3年延長や新世代ポイント制度とかのやつです。

こちらも詳しくは過去記事にて失礼します。

次世代住宅ポイント制度に注目!!

こちらは昨年末に書いたのですが、年明けに無事に事務局が設立し、2月には業者向けの説明会も開催され、すでにポイント対象の公募も始まっているようです。

淡々と秋からは消費税も10%になるということですね(^-^;


卒業式からお引越し、そして不動産業から建築業界事情とお伝えしてきましたが、3月はお別れの季節でもあり、何かと変化のある季節です。

そういえばクボはかれこれ40年ほど生きていますがこれまで記憶がないほど小さいときから9回ほどお引越しをしています。

変化も上手にとらえるとランクアップしているみたいに素敵な事な気もしますが、10回目は定住したいなと思っています(笑)。

今どきは変化の時代ですし、老後を安定ばかりに考えるのは尚早な気もしますので、一定期間の定住でいいのですが(^-^;


宮城県や仙台市へお越しの方はようこそ!!お別れの方は、寂しいですがぜひまたいらしてください♪

今日は徒然なるままに3月を語ってみました(笑)。

それでは、また。


東武ハウジング工事部のブログはこちらから。



東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:40| Comment(0) | 私の思うことあれこれ | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

カーローンとカーリースの違いから車の維持費を考える

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

さて今日は最近カーリースがメジャーになってきたなと思い、住宅ローンを考えている方にどのような影響があるのか?そもそもカーローンを組んで購入するのとどんな違いがあるのか?というところを考えてみたいと思います。

kuruma.jpg

マイカーローンは昔からありまして、車を購入する初期費用を銀行などの金融機関から借入するいわゆる金貸借契約。

車は購入することで所有しながら一括で借りたお金を月々返しているということです。


最近はテレビCMなどでも「車はレンタルで乗る時代♪」「月々1万円から新車に乗れる!」のような広告がよく目につくような気がします。

これはローンとは全然違うシステムでして、車のメンテナンスや税金の支払いなどはすべて所有する会社が行い、定額でリースできる仕組みですね。

昔は車に乗るということは車検やメンテナンス、タイヤ交換等々自分でやるのが当たり前でしたが、最近は面倒に思う人も多いのでそれを代行しようという…上手い商売を考えたなと思います(^-^;


例え軽自動車でも月々1万円で新車に乗れるとすれば10年で120万円の支払いになり、購入より安いのでは?と勘違いしてしまいそうですが、やはりメンテナンス費用や車の経年劣化分を企業が回収できるように考えられている制度ですのでそこはご理解いただきたいと思います。

私も自分でリースしたことがないので今回ちょっと調べてみましたが、使用距離の上限でリース価格が決まっており、安い設定にするとあまりたくさんは走れないということ。

任意保険料は別途必要なこと。

あとは契約年数が決まっていて任意ではなさそうだということ。

この辺が月額の料金を安く抑えている秘密かなと思いました。

例えば毎年新車に乗り換えられるわけではなく、契約自体が7年契約で7年を過ぎたら返却か購入を選べるようなシステムです。

中古車の価格は年数よりも走行距離が大きいので、安く貸し出してもあまり走らないようにして、返却後の売値を保っているということでしょうか。


メンテナンスフリーで便利ではありますが、その分の料金もきっちり払っていることを理解して上手に利用できるならいいのかなと思います。

ただ、当然ながら1台の車を新車から乗り潰すのであれば、現金一括購入が一番費用を抑えられ、次いでローンを組んだ方が安くはすみます。

ほとんど距離を走らず、でも所持したい人に向いていると思いますが、だったら使うときだけレンタカーの方が安いのでは?という気もします。

この辺のメリット・デメリットは比較しているサイトが既にありますのでよくご確認くださいね。


仙台は都心部は便利ですが、そのエリアが小さく郊外の部分が広いので、車は贅沢品ではなくまだまだ必需品だと思います。

これは住んでいるエリアによって感覚が違いますね。

カーリースで1万円そこそこで車を借りたとしても、保険とガソリン代などは自分で支払うことになります。

当然、置く場所の駐車場代も考えるとやはり別途で月2万円程度はかかってしまいます。


購入の場合を考えると小さい車でも一括購入なら初期費用180万円、車検の度に10~15万円程度、月々の駐車場とガソリン代で2万円と考えると10年でざっくり480万円・・・なんと月額4万円です。

そのうち半分は車両とメンテナンス、半分はガソリン等都度必要な経費。

あとは税金と保険料がかかります←忘れてた(^-^;


車の大きさや仕様、走行距離にもよりますが、とっても便利な反面とってもお金のかかるものだということはお分かりいただけると思います。

なので交通が便利な場所では一旦手放してみる、2台あった車を頑張って1台で間に合わせる、といった努力は本当に節約になります。

またカーローンを利用しながら住宅ローンも契約する場合には、住宅ローンの借り入れに制限が出ることがありますので、住宅ローンを組みたいと考えている方はもしかしたらカーリースの方が住宅ローンへの制約は少ないかもしれません。

リースはあくまでリース契約なのでローンを重複することにはならないからです。

ただ、カーローンを利用しながら「おまとめローン」などを用意している金融機関もありますので、そこは我々のような会社にご相談いただければと思います。


で、クボの結論なのですが、場所や家族構成によって車の台数はなるべく節約した方がいいということ。

車は現金を貯蓄してその範囲内で購入がベスト。

ただでさえ維持費がかかるのにローンやリースにするともっとお金がかかるよ(^-^)♭です。


もちろん、節約を目的とすればという条件付きですので、お金に余裕があって車の面倒がなく利用したい方には素敵な制度だと思います、カーリース♪

私は車は走ればいいと思っているので、いろいろな理想や想いがある場合はこの限りではありませんのであしからず(^-^; 

それでは、また。


東武ハウジング工事部のブログはこちらから。



東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 14:19| Comment(0) | 不動産とお金の話 | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

3.11から8年の今日に想うこと。

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日の仙台は冷たい雨になっています。

先日までの暖かさを思えば寒いですが、まだ雨なので暖かいうちに入るのかな。

今週は寒暖差が大きいようなので注意して過ごしたいですね。


さて今日は、3月11日。東日本大震災から8年です。

先ほど14時46分、事務所で皆で黙祷致しました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

今なお行方不明の方も多く、原発の事故で故郷に帰れない方もいらっしゃり、すべてが元通りにはならないのですが、それでも多くの方々が前を向いて生きていこうとしていることに心から感謝しております。

ありがとうございます。


先日ニュースで30年以内に宮城県沖地震M7クラスが起こる可能性は90%以上というのを見ました。

大震災はM9クラスでこれと同等規模の地震が起こる確率は0%だそうです。30年以内には…という限定ですが。

宮城県はそもそも地震が起こりやすい場所なのですね。

他のエリアより発生確率が高かったです。

IMG_5947.JPG
ある朝の風景。それでもここで生まれ育ったから宮城が好きです。


東日本大震災は東北だけでなく日本に住むたくさんの人の価値観や概念を変えたのではないかと思います。

もう8年も経って日常が戻ってきてはいますが、今なおその余波では?と思うような事象を目の当たりにすることもありますし、被害にあわれた方は何かしら震災の前後で変化があったのではないかと思います。


我が家も今では災害用の水と食料を常備していますし、当時は持っていなかったカセットコンロを購入しました。

コンロに使うガスの缶も切らさないようにしていますし、日常的にはガソリンをギリギリまで使わなくなりました。

あの時、帰りにガソリンを入れて帰ろうと思っていた私は何とか家まで車で帰れましたが、その後しばらくガソリンを入れることができず移動が困難になりました。

命に対する概念も変わりました。以前からあまり死への恐怖や抵抗はない方でしたが、より今日を大切に生きるようになったと思います。

死への準備というわけではありませんが、使っていないSNSの登録をわざわざ削除したり、通帳の所在や携帯の暗証番号を家族に知らせておくことにしました。

当時いなかった子供が今はいますので、子供の自立も大事です。

すでに5歳ですが、後悔しないくらいの愛情は存分に注いだと思います。

当たり前のことのようですが、そういった日常の1つ1つに「何かあっても後悔しないように。」という覚悟のようなものが生まれたと思います。


感覚的にもう8年も経つのですから、30年経ってもそんなに色褪せずに、当時を経験した方は覚えているのかなあと思います。

地震が起きたら津波を警戒すること、当社は不動産売買もしていますが今は必ず津波のあったエリアかどうかを確認しますし、やはり以前より地盤の固さを意識します。

売地などを調べるときには、この辺は震災の時どうだったのかということが気になります。

30年は大丈夫でも、50年後も100年後も…そのあともずっとああいう大きな被害が出ないように、行政はもちろん我々のような仕事も責任をもってやっていかなければと思います。


今日は3月11日だったのでクボの思いを書いてみました。

先週車の維持費について記事を書いていたのですが、更新しないままに週末を迎えてしまいました(^-^; 

次回はおうちを建てようという方には知っていただきたい、車の維持費について。

カーローンとカーリースの違いは?という内容をお送りしたいと思います。


ちょっと脱線記事が続いていてすみません;;

現場の状況や東武ハウジングのおうちづくりは工事部のブログでもご覧いただけます。

よろしくお願い致します!


東武ハウジング工事部のブログはこちらから。



東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:42| Comment(0) | 私の思うことあれこれ | 更新情報をチェックする