2020年06月05日

本体工事価格とオプション料金について~東武ハウジングの場合~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今年は春から分譲宅地へのお問合せを多数いただいていまして、コロナウイルスでの自粛中もおかげさまで忙しくさせていただいておりました♪

6月に入ってもたくさんお問合せを頂いておりまして、嬉しい悲鳴です。

そんな訳で、ブログが週1回ペースに落ちていますが、どうかお付き合いくださいね(^-^;言い訳…。

b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_s.jpg

さてさて今日は、そんな新規のお問合せを頂く中で、弊社ではある程度の建物プランと資金計画をご用意しております。

資金計画というのはこの土地を購入して、この建物を建てた場合には土地がいくらで建物がいくらで諸経費が掛かって、総額いくらになります。

という一覧表です。

弊社に支払うものだけでなく、住宅ローンで銀行に支払う手数料や火災保険の費用、登記関係費用に水道加入金など、家を建てるのには諸経費もたくさんかかります。

そこでこの全体のプロジェクトにいくらかかるのか、これに対して住宅ローンはいくら借りて現金ではいくら支払うのか。

大きなお金のかかる計画ですから、契約に至るまでには修正を重ねながらこの資金計画も練っていきます。


で、最初からご予算と総額にあまりに開きがある場合はプロジェクトも進みませんので、最初からある程度のざっくりした資金計画はお出しします。

土地購入の場合は買ってしまってからでは建物の金額が取れなくなったりとバランスが悪くなっては一大事ですし。

また、弊社は「コミコミ価格」を謳っているので、他社さんでよく見かける設計料・仮設工事費用・工事監理費…などもろもろの別途費用は頂戴しておりません。

また、本体工事を請け負うからには、引渡しと共に生活できることが当然なので、このオプションは追加しないと生活できないというものも特にありません。


あ、家具家電はオプションです。

エアコンとかカーテンとかはオプション料金を頂いてこちらでも設置させて頂きますし、当然お客様が自分でご用意してもいいわけです。

まあ厳密に言えば、家具家電もないと生活できないですが(^-^; 

家については、開閉する窓に網戸がついてないとか、2階のトイレはオプションです~とかいうことはありません。

サッシが開閉する場合は必ず網戸が入り、全室LED照明も基本的につきます。

仕様にはこだわっていますのでキッチンやお風呂は一流メーカーの商品からお選びいただけますし、屋根や外装・内装材もその辺のハウスメーカーには負けない!と自負しています。


で、最近よく営業さんから聞く悩みは「本当に追加料金なしですか?」と疑われてしまうそうなんです。

たぶん他の会社様でオプション表と別途工事費用について詳しく聞いているからなのでしょうね?

仕様は悪くないのに他の会社より安いのは裏があるのでは??ということだと思います。


なので、今日はこんなところは東武ハウジングでもオプションですよ!という部分をまとめておきたいと思います♪

①標準仕様よりも高級な設備機器、材料を使う場合(キッチンのアップグレードなど)

②長期優良住宅を取得する場合の設計計算費用。

③もう終わったけれど、次世代エコポイントの申請書類作成費など、別途費用がかかるもの。

④外構費用や古い家の解体工事、駐車場を取るための造成費など

⑤お客様の土地で水道やガスを新たに引き込む場合の費用、地盤改良費


こんなところだと思います。


ちょっと細かく見ますと、①は例えば標準仕様よりもいいキッチンを使いたい場合には差額を頂きます。

背面収納もトールボックスと家電収納のセットで標準仕様なので、これよりたくさん使う場合は追加料金が発生します。

細かく言うと、水道に浄水器をつけたり、標準仕様にないものはオプションです。

その辺は、差額のお見積りを出しますので検討いただければと思います。


②については、設計費用は通常頂かないのですが、長期優良住宅など煩雑な構造計算や熱量計算等々が発生するものがあり、この分は追加料金を頂いています。

またフラットSAの取得など特殊な書類がかかる場合もです。

でも追加料金を頂いた分よりはるかにキャッシュバックがあるものですので、ぜひご検討ください♪

(利率や補助金などのメリットがあるのです♪)


④、⑤は家とは少し切り離して考えていただきたい部分です。

地盤改良費はわかりにくいかもしれませんが、地盤調査費用は頂きません。

調査した結果、地盤が悪く改良工事が必要な場合に改良費が発生します。

これもその土地によって金額に開きがあるものなので、お見積り・ご清算となります。

ただし、地盤改良は必要な場合はきちんとやらないと家が建てられないので、この分は必ず必要な費用になります。


現在弊社で分譲している岩切と鈎取の宅地については、事前に調査をしてある程度の地盤改良が判明していますので、この度はキャンペーンとして地盤改良費無料でお譲りしています。

予告なく終了するかもしれないので、気になる方はお早めに(^-^)♭


新しくお問合せ下さるお客様の不安が少しでも軽減されたでしょうか?

お家づくりは一生の一大事であることが多いですし、会社様によって金額の提示方法が違うので、ご苦労も多いことと思います。

皆様の不安が少しでも軽くなりますように。


東武ハウジングについてのご不明な点はいつでもお気軽にお問合せ下さいね♪

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:50| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

収納スペースの適量は床面積の12~15% ですが…

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

さわやかな新緑の季節となりましたね。

今日は暖かく、気持ちのいい仙台です。


最近WEBや本で収納の適量について何度か目にしたので、こちらでもシェアしようと思います。

収納の記事はしょっちゅう書いているので耳タコかも?と思って前に書いたものを探したら、昨年の8月でした(^-^;

あれ?もう1年も前か・・・時間のたつのが早くなったな、と思った次第です。

年を取るとだんだんと時系列が短く感じられて2~3年前のことなら「この間~」とか言ってしまいます(笑)。

常に最新情報に触れて、年を取るのは仕方ないけど頭が固まらないようにしたいものです。

IMG_1838.JPG

前回はこんな記事を書きました。ご興味のある方はぜひこちらもご覧くださいませ。

収納の量~本当にそんなに必要ですか?量より質と場所が大事~

タイトルからも分かる通り、収納スペースが大きすぎると余計なものが増えて、整理整頓が大変ですよ~。という内容でした。


さて今日は、収納量の具体的な数字を見つけたので検証してみますね♪

収納の量は床面積の12~15%が適切とされています。

これは35坪くらいの標準的な2階建て3LDKとかだと4.5~5.2坪分。

坪よりも畳(何帖)換算だと分かりやすいと思うのですが、4.5坪はなんと9帖分(畳9枚分)のスペースです!

通常のお風呂の大きさが1坪(2帖)なので、家全体でお風呂5個分くらいの収納が適切となります。

意外に大きいと感じられるのではないでしょうか?


ただ、家全体で考えると大きなスペースですが、お部屋ごとに考えてみると、6畳間なら1畳分の収納が適量(ちょうど14%になります)。

和室を考えると、6畳間にはだいたい押入1間(けん)=1畳分 はあると思うので、昔からこの適量は変わっていないのだなと思えたりします。

今は洋室が基本ですが、1部屋に1間分のクローゼットがあれば、その部屋の収納量は十分と考えられます。


で、ここまでは「一般的には」のお話。

昔は和室には必ずお布団をしまう押入が必要でしたし、台所にはある程度のお米やお味噌などのストックが必要だったはずなのです。

ただ今は、とても便利でストックが不要な時代でもあります。

冷蔵庫の発達やコンビニの台頭など、時代は本当に便利になりましたよね~。

すべてのお部屋が洋室にベットで、そもそも布団は使っていないというおうちもめずらしくありませんよね。

物を持たないミニマリスト、ミニマムな暮らしなんて耳にする時代になりました。


昨今の自然災害やウイルス感染による社会の混乱などを考慮すると、ある程度のストックは必要かと思いますが、なるべく不要なものは持たずに整理された空間で過ごした方がいいという根本は変わりません。

また、今どきのキッチン収納は本当によく工夫されていて、システムキッチンはそれ自体で大きな収納にもなります。

通常、収納の量としてキッチンや洗面台は入らないですが、十分な収納として使えるものです。

これに背面収納なども揃えれば、パントリーがなくても収納は十分という方もいらっしゃると思います。


数字で表すと家の1/10以上は収納が必要ということになりますが、今は個人の時代ですのでこれより必要な人も、半分で足りる人もいると私は思います。

新しくおうちを考えるときは12~15%という基準はありますが、現在自分がどれくらいの収納を使っているのか、やどんな暮らしをしたいか、ということまで含めて検討していただきたいと思います。

そういえばずいぶん前にお客様の持ち物をすべて書き出していただいて収納計画をたてたことがありました。

ずいぶん経っているので、どのように活用されているのか結果を聞いてみたいなと今、思いました。

皆様のおうちの収納量はどのくらいでしょうか?

数字にしてみますと、適量と言われている大きさに対して多いのか少ないのかがわかりますよね。


いずれ、具体的に坪数を減らさずに効率よく収納できる商品のご紹介もしたいと思いますので、お楽しみに♪


新築住宅なら収納計画も東武ハウジングにお任せください♪

それでは、また。

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 16:01| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

トイレの個数は1個か2個か。~トイレの個数と水道管の太さ~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

5月はあっという間に過ぎてしまい、久しぶりにブログを10日以上あけてしまいました。

読みに来ていただいた方には申し訳ないです。

4月・5月はコロナウイルスの影響で消えてしまったかのように感じてしまうのですが、おかげさまで仕事は変わらず忙しくさせていただいておりました。

TOTO3.JPG
仙台市泉区八乙女にあるTOTOショールーム内です♭

さて今日は戸建住宅のトイレは何個が適切?という細かいところを取り上げてみます。

東武ハウジングでは水回りの標準仕様が決まっていて、2階建ての場合1階はタンクレストイレに手洗いが付き、2階にはタンク(手洗い)付のトイレが付きます。

なので、当社の標準仕様的には1戸建てに2つ、です。

マンションの場合はワンフロアなので、トイレは1個のみでしょうし、2階建てでも2つ目はオプション(!)という会社様もあるそうです。


これはおうちが1層(ワンフロア)か2層(2階建て)かという違いも大きく、2階建ての場合は2階で寝る場合が多いので、夜や具合が悪いときなどに1階まで下りるのが大変だと思います。

ワンフロアならば、相当広いのでなければ階段を下りる手間などはそもそもないですしね。

また、家族の人数によっても4人以上になると2つあれば朝など重なる時間帯を緩和することもできますね。

今は建売住宅でも基本的には2階建てなら2つあることが多いです。


また別の視点で見ると、水道管の太さも実は関係してきます。

一般的な戸建て住宅の水道管は20㎜です。

これは水栓を5~13個使える個数とされています。

特に2階で使う場合にはある程度水圧の大きさが必要なので、20㎜でないと足りないとされます。

アパートなど水栓が3~5個で足りる場合は13㎜、2世帯住宅など16個以上必要な場合は25㎜ということもあります。

3~5個だと、台所と洗面、お風呂とトイレで終わりです。


仙台市内でも古いお宅の水道管・水道メーターが13㎜というのはよくあることです。

宅地への引込管が20㎜あればメーターを変えるだけで済みますが、引込の管自体が13㎜の場合は入替が必要になります。

そして、これも前面の道路から1~2m交換する場合と、旗状地や私道の奥で数十メートル交換するのでは、かかる費用が全く異なります。

遠ければ遠いほど、この交換だけで数百万円ということも起きてくるのです。

なので、建て替えなどで水道管を交換するのが困難な場合には、2階のトイレを諦めると相当費用が変わる場合もあります。

メーターが13㎜か20㎜かで水道料の基本料金も変わってきますので、実はランニングコストも変わってきます。


トイレの話からちょっと小難しい水道管の話になってしまいましたが、一般的にこれから新築するのであれば20㎜になりますので、当社の分譲宅地もトイレは2個が標準仕様でした♪

ただし、2階建ての場合です。

東武ハウジングはお客様に合わせた注文住宅をおつくりする会社なので、平屋建て、敷地によっては3階建てもご提案させて頂きます♪

わからない点、当社の建物についてはぜひご質問くださいね♪

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪


posted by 東武ハウジング at 15:56| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする