2017年10月31日

泉区高玉町の西友・カーチス跡地に何ができるのか?

ハッピーハロウィン!!東武ハウジングのクボです(笑)。

季節感を取り入れてみました(^-^;; 

ハロウィン.jpg

今やクリスマス並みにメジャーになってきたハロウィン。

今日も澁谷あたりは賑わうのでしょうか?まるで遠い異国のニュースのような気がしてしまうのですが、正式には今日ですよね?

なんでも土日とかに済ませてしまう合理的な(?)日本人。

クリスマスやハロウィンはたぶん日にちが大事なのだと思うのですが違うのでしょうか??

でも、そちらは突き詰めずにゆるく行きたいと思います(^-^;;楽しむって大事。


さて今日は8月にも取り上げたこちらの記事の続報です♪

泉の西友(仙台泉店)跡地がスポーツ複合施設に?!

敷地の西側がフットサル場とアウトドア施設になるということだったのですが、東側の敷地が余ってる…。

更に道を挟んで東側の広大なカーチス跡地はずーっと更地のまま。

ということが気になっていたのですが、最近徐々に判明してきました♭


西友跡地には「カインズホーム」が出来るそうです!

あと近隣に住むものの噂話程度なのですが(笑)「スーパービッグ」とか「ザ・ビッグ」とかイオン系のスーパーもできるとよく聞きます。こちら、根拠が見つけられないので参考までに(^-^;;

カインズホームは正式決定らしく、2018年の7月の完成を目指して年末から工事が始まるそうです!

かなり規模の大きな店舗になるでしょう。

大沢のあたりにも「仙台富谷店」がありますが、あちらは近くに「ムサシ」もありホームセンター激戦区なので個人的にはあまり入ったことがないのですが、今度のは近いのでちょこちょこ通ってしまうかもしれません(^-^)。

イオンショッピングモールだったらいいのにな~~、というクボの願望はかないませんでしたが(笑)、再開発されて便利に、かつまた地域が元気になると嬉しいです♪近所なので♪


またカーチス仙台の跡地が広大な更地になってからずいぶん経ちますが、ここには「仙台徳洲会病院」が移転してくることに決まったそうです。

現在泉中央駅の西側(住所的には七北田ですが、野村に行く方面)にありますね。

老朽化が進んで建て替えが必要になっていたのですね。

来年あたりから着工して2020年の完成を目指しているということで、長期計画ですね。


不動産業を営んでいますと空き地に敏感になります(笑)。

例えばあの広大な敷地に大型マンションが建ったり、分譲宅理として売り出したりした場合には市況が変わりますからね。

かつこちらはクボの住んでいる場所の近辺なので気になっていました。

まだ解体工事が終わったか終わらないかくらいの感じで相変わらず白い壁に囲まれたままですが、たぶんカインズホームが完成して来たらまたにぎわってくると思いますので、お店の様子なども機会があったらレポートしたいですね(^-^)/

そのころにはまた夏かも?

それでは今日は、仙台市泉区の近隣情報でした♪

トリックオアトリート!楽しいハロウィンをお過ごしください。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 11:58| Comment(0) | 仙台や宮城の地域情報 | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

防音の基準~住宅の防音をどうするか?~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

月曜日はひどい台風でしたが、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?

宮城県内の被害はあまり聞いていませんが、朝通勤する際にマンホールから2~30cmくらい水が吹きあがっているのをみました(@0@)!

在来線は全部ストップしていてお仕事や学校にも支障が出た方も多かったと思います。

10月だというのにまた次の台風も接近していますね。

前回防災タウンページのご紹介も致しましたが、日頃からの備えが大事ですね。

どなた様もお気をつけてお過ごしくださいませ。


さて今日は住宅内の音について。

RCのマンションなどに住んでいて、戸建を建てての木造住宅だと宅内の音が気になることがあります。

木は音を伝えやすいので、アパートなどでも昔の木造は隣の音が聞こえたりしましたよね?(^-^;

外部の音や屋根に落ちる雨音などはグラスウールやロックウールなどの断熱材を使っていますと遮音性も高いのでかなり緩和されます。

最近の新築住宅は断熱についてはかなり気密性が高くなっているので、暖かい家は防音にも効果がある♭ということが言えます。

ただし、断熱材に囲まれた内側の音についてはこの限りではありません。

特に現在主流になっている2×4工法(ツーバイフォー工法)では、構造的に2階の音が1階に響きやすいです。

日本では元々、柱を建てて梁を組み、筋交いを入れてから壁や天井を作っていく在来構法という方法で家を建てていました。

在来構法だと天井は吊り木で吊っている状態なので若干ですが2階の床と1階の天井に隙間ができて音が伝わりにくいです。

2×4や2×6などの欧米からやってきた壁工法は耐震性が高く丈夫なのが利点ですが、この空間が狭いので音が伝わりやすくなります。

対策としては2階と1階の間にもグラスウールなどを入れる。

別の遮音材や遮音シートを使う。という方法があります。

グラスウールやロックウールは高音域の音を遮断するので、すべての音が聞こえないわけではありませんが、子供の声などには効果的です。

更に1階の熱を2階に逃がさない効果もあるので1階のLDK中心に生活をする多くの家では断熱にも有効ですね♪


音は判断基準が人によって違うのですが、もちろん基準値は存在します。

重量床衝撃音(LH)と軽量床衝撃音(LL)に分かれていて、文字通り重量の方は重いものが落ちた時の衝撃音(子供同士などのどっか~~んという音も含まれるでしょう笑)。

軽量の方は通常の足音や軽いものを落とした時などの生活音にあたります。

前に我が家で買ったカーペットのレポートをしたのですが、ウレタン入りのい草ラグにもこんなタグが付いていました。

IMG_5309.JPG

数字が小さいほど効果が大きいということ。

また音には音域というものがあるので、どの音を遮断したいのか?という前提が必須です。

多少の衝撃音はもちろんラグやカーペット等の敷きものでも軽減できますね♪


2階の音が聞こえやすいというのは考え方ですが、私は家庭内においては別にいいのかな…とゆるく考えています。

遮音性能が低い!と取ることもできますが、家族の空気を感じられるということでもあります。

特に子供が小さいときにはドカドカうるさかったけど、中学生になったら静かになったな~。

だんだん大人になるな~、という母親目線で見ると遮音にお金をかけるよりも別な所に使いたいと思ってしまいます。

先ほども上げましたが、音に対する判断基準は十人十色なので、室内の音に対して自分はどうかな?ということを知っておくといいかも知れません。

そして2×4工法などの壁工法で家を建てるという方はちょっとこちらの記事を参考にされてみてくださいませ。

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 14:44| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

仙台防災タウンページが届きました♭

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

雨続きの仙台です。気温が下がってかなり寒いです。

今週はストーブを出したり、灯油を買ったりし始める方が多いと思います。

季節の変わり目がいちばん体調を崩しやすいので、まだ大丈夫!とか頑張らずに早めに準備しましょうね(^-^)。


台風も接近していますので、西日本方面の方はよりご注意してお過ごしくださいませ。

今回は大型かつ強力な台風らしく、東北も日曜~月曜のあたりは気を付けて過ごさなければと思います。


さて今日は、台風で思い出した「防災対策」について記事にしたいと思います。

ちょうど今月良いものが届きました♪

タウンページ2.jpg

これです。

タウンページについてきたNTTで出している小冊子。

その名も「仙台防災タウンページ」です。

前半は災害への備えをしておく備蓄品や避難経路の確保などの特集が組まれ、災害用伝言ダイヤルや伝言板の使い方などが載っています。

タウンページは今も各家庭に配られていると思うので、この冊子を災害用に懐中電灯とかの近くに常に置いておくだけでも役に立つなと思いました。

今は電話帳自体はインターネットでだいたい調べられてしまうので、若い方は特に冊子を見て番号を調べることはしないのかなと思いますが、こちらの別冊は1家に1冊あるといいかも♭

NTTさん、ありがとうございます(^-^)/


こちらの冊子の後半には、仙台市内のハザードマップが全地域分載っています。

これは便利と思って会社にも常備しています。

ハザードマップについては以前に記事にしましたのでぜひ過去記事もお読みくださいませ。

土地選びは自然災害も視野に入れて考えよう

今回のタウンページ別冊に載っているハザードマップは「土砂災害」と「水害の恐れ」についてのもので、さらに指定避難場所が津波・大雨・地震に分かれて明示してあるのでとても見やすく便利です。

仙台市のホームページ等にも載っているものかな?と思い探したところ、この冊子がそのまま掲載されていました(@0@)!

だから行政と力を合わせて作ったということなのかもしれませんね♪

それ以外の地震等に関するハザードマップもこちらからご覧になれます。
仙台市ホームページのリンク


大震災を経験した今、ありきたりのことですが「日頃の備えが大事」です。

言葉は知っていたけどやはり実感がわかないと人間ちゃんと行動するつもりになれないものですね(^-^;;

私も震災前にもうちょっとちゃんとしておけば…という後悔を今やっと生かしている感じです。

時間がたつと忘れてしまうことがあるので、時々気を引き締めたいと思います。


こちらのタウンページ、上記のリンクにも詳細がありますが、仙台市内の各区役所・総合支所でも配布しているそうなので、おうちに届いていなくて欲しいな、という方はぜひ手にいれてみてくださいね!

今日は仙台市とNTTの回し者みたいな記事になってしまいましたが(笑)、不動産業者としてももちろん1市民としても防災への備えは大切ですので取り上げてみました(^-^)♭

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 13:54| Comment(0) | 土地探しのいろは | 更新情報をチェックする