2017年11月30日

不動産取得税のお話

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日で11月も終わり、明日から12月に入ります。

仙台は昨日まで少し暖かかったですが、今日から冷え込み明日の朝は雪が降るかも?ということです。

東北の皆さまは特に、お布団を増量して暖かくしてお過ごしくださいませ。

仙台はいつも積雪が少ない&遅いですが、日本海側の秋田や山形ではすでに雪が降っていますよね(> <)。

今年は積雪も早めで仙台でも泉ヶ岳などはかなり積もっています(遠くに見えます)。

個人的に寒いのは苦手なのですが、何となく雪は好きです(笑)。

スキー場も今年は早くから賑わいそうですね!!


さて今日の話題は『不動産取得税』について。

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_m.jpg

取得税なので、不動産を取得したときに取得した人に課せられます。

ファイナンシャルプランナーの勉強や不動産の実務をしていく中で知りましたが、多くの方に馴染みのないものですし、私も最初はあまり理解できませんでした。

だって持っている不動産を売却して3000万円もらった♪時にその『譲渡所得』に対して『所得税』がかかるのは当然です。

せっせと働いたお給料からも所得税は引かれているわけですから、日本に住んでいれば「お金を稼いだらその分税金を支払う」は常識です。

野球選手などの高額所得者が半分くらい税金で持っていかれるのは有名な話で、所得税は累計課税ですのでいっぱいもらえばもらうほど税率が高くなるのです(MAX40%…!各種控除はありますのでまあ、半分は大袈裟ですがね;;)

不動産取得税はこの常識から私的には外れるので最初「なんで?」と思ったわけです。

逆に3000万円払って土地や建物などを購入すると、更に税金も支払うことになる制度だから。

支払ってるのに更に税金がかかるのはなぜ??という率直な疑問。

ここでこのブログを主に読んでいると思われるおうちを建てたい方に「えっ?家を買うと不動産取得税を払わなきゃいけないの??」という心配が生まれると思うのですが、多くの場合で「自宅の取得に関しては課税されない」ケースが多いのでご安心を。

先に結論を言いますと、主に資産として余剰分の不動産に課税されると思っていただいて大丈夫です。

不動産取得税は固定資産台帳に載っている「固定資産税評価額」の3~4%(1000万円なら3~40万円!)なので高額な税金になるのですが住宅や住宅用地では大幅な控除があるので一般的なお宅では支払いが発生しない場合がほとんどです。

ただ、大きめの土地や建物…豪邸になると課税対象になることがありますのでご注意ください!


以下は控除などの詳細ですのでご興味のある方だけお読みくださいませ(^-^;;ムズカシイデス。

不動産取得税は地方税(市町村が課税)でして本則は「固定資産税評価額×4%」ですが、土地の売買による取得は今のところ平成30年3月31日までは3%に軽減される特例があります。

住宅も3%、住宅以外の建物では4%になります。

ただし、新築住宅では課税標準(評価額のことです)から1200万円(長期優良住宅なら1300万円)の控除があります。

固定資産評価額というのは売買金額とは異なるものでだいたいの坪単価から算出できるものなので、40坪くらいまでの家ならこの控除額でマイナスになってしまい、非課税になります。

中古住宅でも築年数に合わせた控除があり、建物の評価額は経年補正と言って年々下がっていくものなので、ほとんど非課税になることが多いと思います。

課税対象になるのは50坪以上の新築や中古でも築浅で大きい物に限られるわけですね♭

ただしこちらの控除も現段階では平成30年の3月31日までです。

毎年更新されているのでたぶん継続されるんじゃないかと思いますが、ある日突然(といっても年度末に)なくなる場合もあるのでちょっと怖いかも(^-^;;

日本の税制は庶民に優しくできているから大丈夫だと思うけど(笑)。


宅地に関しても課税標準が1/2になり、さらに税額を直接軽減する制度があります。

こちらも同じ期間に限定されますが、控除額はA45,000円、B土地1㎡当たりの価格×1/2×床面積の2倍×3% のいずれか高い方が控除されます。

…Bはなんのこっちゃ?ですが、仮に当社の売地で1160万円(㎡単価約67,000円)というのがあるのですが、これを購入して35坪(115.5㎡)の家を建てた場合Bの式に当てはめると

67,000×1/2×(115.5×2)×3%=232,155円

45,000円より高いので税額から232,155円控除されます。

この土地の評価額が仮に1000万円だとしても半額500万円×3%=15万円なので、控除額の方が大きく、つまり非課税です。

土地に関しては相当控除が効く印象ですが、あくまで家を建てた場合なのでなんとなく土地だけ買っておく(…なんて人はあまりいないと思いますが(^-^;;)不動産をたくさん購入すると取得税なるものがかかる場合があります!というお話でした。


結論、一般的な土地を購入して家を建てたり、建売やマンションを居住のために買う程度では発生しないのですが、不動産取得税という制度もあるのでいっぱい資産があって運用している方は支払いましょう♪ということです。

不動産投資をしている方には常識というところでしょうし、自分の家を購入したい方にはあまり関係がなく…な内容になってしまいましたが、ちょっとした盲点な気がして取り上げてみました(^-^)/

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:55| Comment(0) | 不動産とお金の話 | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

2017年の見学会終了のお知らせ~御礼と愛をこめて!!~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

12月も間近で空気がキンと冷たい仙台です。

今週は少し暖かくなるようですが、12月に入る週末からはぐっと冷え込み雪が降る予想…。

ついに本格的な冬に突入ですね(>-<)。

b534d1f3eebdcb6ef3147c2fcdf070ac_m.jpg

9月から3ヶ月連続で注文住宅の完成見学会を開催しておりましたが、今期の見学会も先週で終了致しました。

ホームページにも御礼を掲載しておりますが、1年を通して延べ100組ほどの皆様にご来場いただきました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

個人的には土日はお休みをいただいているためお会いすることは稀でしたが、スタッフ一同皆様にお会いできたことを感謝しております。

またおうち探し・おうち作りを真剣に考える皆様が素晴らしい出会いに恵まれ、満足のおうちに出会えますよう微力ながらお力添えしていきたいと思っています。

今後も土地や住宅、気になることなどありましたらぜひお声がけくださいませ。


今期と言いますのも、東武ハウジングは12月締めの会社となっておりますので、年が変わってまた少し暖かくなった3月くらいには次の見学会を考えております。

来ていただいたお客様に楽しんでいただけるようなイベントにしていきたいと考えておりますので、春を楽しみにお待ちくださいね♪♪


また今年も実際に当社で施工していただいたお施主様にも感謝の気持ちでいっぱいです。

北は大崎市、南は柴田郡まで新築住宅の施工をさせていただきました。

2世帯住宅あり、平屋建てあり、屋上庭園付きや洋風住宅などたくさんのおうちが新たに誕生いたしました。

事務員のクボは足を運べていない現場もございますが(> <)スミマセン; 

写真などでは日々出来上がっていく姿を確認し、素敵な内外装にいつも感心しております。

また完成見学会へのご協力をいただきましたお施主様には更に更に感謝・感激!の気持ちです。

いつも書いておりますが、東武ハウジングはモデルハウスやショールーム等を持っていないので、実際にお見せできるのは施工実績の写真だけ…。

完成見学会でお客様が実際に建てたご自分の家を少しの期間だけお見せするときが、実際の家を体感できる時です。

モデルルームを持つとその維持費や宣伝費などで、おうちの価格が上がってしまうことは免れないので、既に建てたお客様のご協力の下で次に建てるお客様への費用をなるべく安く保っているところがあります。

まだまだお客様に助けていただき、勉強させていただき向上している当社ですが、本当にお客様に恵まれていることにいつも感謝している次第です。

ありがとうございます!!

今年施工していただき、既にお引渡しになったお客様に置かれましてもアフターメンテナンスのタイミングに関わらず気になる点があれば何なりとお申し付けくださいませ。

(それは施工業者として当然のことですので、ご遠慮なく。)


さて、クボは見学会の準備関係を一手にやっていますので(笑)、この3ヶ月はありがたくも忙しくしておりました(^-^)。

ちょっと一呼吸のこの冬の間に最近リフォームした打合せスペースを整備して、快適空間を作っていきたいと思います♪

内外装のリフォームで記事にしたい部分がたくさんありますので、こちらにもアップしていきますね♪

ちなみに前回の記事は外装のタイルと石張りの内容でした。

それでは、ちょっと期末には早いですが完成見学会の御礼を込めまして、今年のお客様各位に感謝~~~♪でした。


最近会社のご案内が続いてしまいまして失礼いたしました。

今年の宅建試験の合格発表も明後日ですね。

また少し不動産や建築の内容に戻して、年内も最後まで頑張っていきたいと思います(^-^)/

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 12:09| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

エクステリアのタイル張りと石張り~本日も完成見学会開催中です♪~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

仙台では週末に初雪が降ったようで、本当に寒いです。

今朝も空は半分雲がかかっている感じだったのですが、チラチラと白いものが舞い降りていました。

寒いのが苦手なのでついついいつもより早足になり、子供に厳しくなってしまいますが(笑)、しっかり防寒して冬を楽しみたいと思います。

子供って雪とか冬が好きですね♪

自分も子供の頃は寒くなかった気がします。

「これも着て。これも被って。」という祖母に「そんなに寒くないけどな~。」と思っていた記憶があります。

現にうちの子も寒いからと急ぐ様子は全くなく「雪どこ~~?雪見えない!!(怒)」と立ち止まってしまいました(^-^;;

雪が積もるとなおのこと動かなくなるので、母は忍耐ですね(笑)。

いっぱい着込んで暖かくして対応していきたいと思います。


さて今日は、エクステリアのお話なのですが、家の外回りの工事関係です。

専門用語だと思いますが、「外構工事」と呼ばれます。

門や玄関へのアプローチや駐車スペース、外回りのフェンスやブロック塀などをつくる工事のことです。

最近はエクステリアと言った方が伝わる気がしますが、インテリアに対してエクステリア、家の内側と外側と言う意味があります。


エクステリアは植栽やガーデニングなどにも繋がっていくのでお庭つくりをイメージされる方も多いところですね。

エクステリアをどうするか、はお客様のニーズ次第である意味インテリアよりも多様性のある部分だと思います。


お花やガーデニングが好きな方、家庭菜園を楽しみたい方がいる一方で草取りが面倒なのでなるべくコンクリートを打ちたい。手入れがいらないようにしたいがオシャレにレンガ敷きにしたい。など広さなどももちろん、どのように使いたいかで様々なご提案となります。

芝生を敷くにも洋芝か和芝か、人工芝にするかと言った選択がありますし、駐車スペースを土間打ちにするにもコンクリートかアスファルトか、仕上げ面をどのようにするか細部を打ち合わせて決めていきます。


で、本日のテーマが「タイル張りと石張り」というピンポイントなのですが、なぜこれを取り上げたかと言うと東武ハウジングでも今「ショールーム」までとはいかないものの打合せスペースを新設しておりまして、近隣のスナックだった場所をリフォームいたしました。

そして外構工事、といってもその前の歩道との隙間の少しの部分ですが、タイルと石を貼りました!!

IMG_1792.JPG
写真はこちら。

IMG_1790.JPG
タイル張り。

IMG_1791.JPG
石張り。

いかがでしょうか?

タイルはいかにも店舗前の感じで整然としてスッキリしているかな。石の方は味があって高級感があるな…。と私は感じます。

施工の方も、タイルはこの少しのスペースなら半日程度で終わるようですが、石張りは3日くらいやっていました。

材料を多めに搬入してその中からパズルのように形の合うものをはめていくのです(@0@)!

いいもの見たな、と思いました。

私はあまり事務所から出ないので今回近くでリフォーム工事を見ていて楽しかったです♪

職人さんに伺ったところ、プロは全く材料を切らずにピシッとはめていくそうなのですが、自分はまだそこまでは、ということでたまに石煙(?)をあげて適当な形に石を切っていました。

でもなるべく切らずに仕上げるのが技だということですね。

施工に時間がかかるということは、やはりそれなりにお値段も上がります。

材料も石ですしね。

ざっくりタイルの倍のお値段とのことでした(^-^;;ヤッパリ。

こちらのタイルの方は、当社の建物では玄関内と玄関外のポーチ部分などによく使われます。

30cm角のものです。10cm角や15㎝角などもありますが、やはり大きめの方が外に使うのには高級感が出ますね。

ポーチに階段がついている場合はその仕上げにもなります。

かなり使える便利なものです。

石張りの方はちょっとお値段がしますのでアクセントとして使ったり、短めのアプローチなんかにも素敵です。


現在 東武ハウジングでは23日の祝日、木曜日まで青葉区堤町の方で完成見学会を行っているのですが、そちらの外構工事は大掛かりになっております(^-^)♭

建物は平屋のコンパクトなものなのですが、素敵な門とフェンス関係、駐車スペースもしっかりで広めのカーポート。

更に少しですがこちらと同様の石張りが施してあります。

ご来場の方はこの記事をお読みになりましたらぜひ、探してみてくださいませ♪


結構おうちの見学会ってイメージで見てしまい、水回りや収納などには目が行くもののエクステリアは好きな方でないとスルーしてしまうようですね。

モデルハウスなどではそもそも庭とかもないでしょうし、そういう意味でも実際にお客様が建てた家を見てのエクステリアなんかはかなり参考になるものです。

家の中ではないので近所の素敵な雰囲気のところを勝手に見ることはできますが(笑)。

見えない門の中にこんな石張りのアプローチがあったりすることもありますので、23日までの見学会をお見逃しなく!!

最後は宣伝ということで、また次回です♪

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 13:13| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする