2018年05月24日

大河原町に『そらの家』誕生!!~完成見学会のお知らせ~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

5月は寒くなったり暑くなったりの気温差がすごい仙台です。

東北の中でも涼しい立地なので暑いのはまあまだ何とかですが、30℃くらいからの一気に冷え込む日が体にこたえます(笑)。

でも今日は晴れてまた気温が上がり、すがすがしいです。

だんだんこういう日が多くなって暑くなっていくのでしょうね。

すでに日差しは夏の雰囲気で湿度も上がってきました。

近所の小学校で週末運動会なのでしょうか?朝から校庭で練習している声が聞こえて「ああ、そんな時期か。」と思います。


そんな夏に向かうこの時期。

今日は今年に入って第2段になる完成見学会のお知らせです。

宮城県の南側エリア、柴田郡大河原町にて6月2日~3日の土日に開催いたします。

東武ハウジングの見学会は注文住宅でお客様が建てたおうちを引渡し前にお借りしての開催になります。

期間限定、さらに注文住宅で世界に1つのオリジナル商品ですので、同じおうちは今後一切見ることもできません。

さらに更に、今回は東武ハウジングで今一押しの『そらの家』仕様になっておりますので、遠方の方もぜひ、お見逃し無くご参加いただければと存じます。


今回は限定感が強く、期間も2日間しかないうえ予約制とさせていただきます。

お越しいただくお客様には大変心苦しいのですが、お電話か予約フォームからのご予約を頂いてからのご参加をお願いしております。

ご予約の際に会場の住所をお知らせしますので、ぜひご一報くださいませ。m(_ _)m

ご予約はすでに当社ホームページから承っております。

お電話は022-779-5327にいただければすぐです(^-^)/ 

そらの家は昨年10月から発売している商品で屋上付の戸建住宅となっております。

人気のプランになっていますので、詳しくはホームページやこちらの過去記事もお読みいただけると嬉しいです♪

そらの家好評発売中です。~ルーフバルコニー付住宅のご案内~


そらいえ.png
ちなみにこちらが参考プラン。

基本的にはこのプランをもとに、土地の形状に合わせたり、お客様のご要望をのせていったりしながらプランニングします。

1階に和室を付けたり、家事室を付けたり、階段はリビング階段かホールからがいいか?などを検討し、さらに土地の形状に納まるように、予算がお客様のご要望に納まるように、という流れで検討していきます。

屋上に抜ける階段は1階から2階に上がるときの通常のものになるので、荷物の上げ下ろしなども比較的楽です。

いや、家の中で3階の高さまで上げることになるので楽かどうかは…ですが、小屋裏収納にはしごで上るよりはよっぽどという意味です(^-^;補足デス。


今回見学会を開催させて頂くお宅では、立地が良いので屋根の形状がいい感じ、と個人的に思っています。

そうそう、先に言うべきでしたがその土地によって屋上をどの向きにするかが大事ですね。(^-^)♭

ひな壇になっている土地などでは、せっかく屋上を付けたのにお隣の2階の窓と目線が合うようでは都合が悪いので、低い方につけます。

屋上に出るための階段室が必要なので屋根全部を屋上にすることはできないため、階段をどこに持ってくるかも大事です。

平坦な土地であれば、バルコニーですからなるべく南側がいいのかなと思いますが、眺望などを考えて決めるとよいですね。


さてさて、そんなそらの家、仙台市内でも近日中に完成の予定がありますのが、早く見たい!遠くても見たい!という方はぜひ仙台からでもお待ちしております(^-^)!

詳細は下のバナーからホームページに入りますので、クリックの上「お知らせ」をご確認頂ければと思います。

何卒よろしくお願い致します。

今日は会社のご案内でした。

そういえばシーサーブログの入力画面が先月変わってしまって、最近の記事はうまくカテゴリ訳が出来ていませんでした。

少しずつ直しますので、あれ?と思った方がいたら申し訳ありません。

週1更新になってしまっていますが、またお読みいただけると嬉しいです。

それでは、また。




バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 12:33| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

食器洗い機の検討

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今週の仙台は30度まで暑くなった日があったかと思えば、今日は暖房が必要なほど寒いです(>-<)。

体調管理が難しいほどの気温差、皆様気をつけてお過ごしくださいね。

かく言う私は今日、薄着で来てしまい震えています(笑)。

天気予報は見ていて気温が下がることも知っていたのですが、一度暑いのを軽軽すると油断してしまうなぁと思いました(^-^;;


さて今日は、細かいところを突きまして「食器洗い乾燥機」について、です。

実は我が家で8年くらい愛用しておりました卓上に置けるタイプの食洗器が壊れてしまい、週末買いに行く予定なのです(T-T)。

思えば8年近くも毎日よく働き、我が家の働き手ナンバーワンだった家電品かもしれません。

キッチン1.jpg

私は以前、家電メーカーに勤めておりましたので、この手の家電品に詳しいのです。

掃除機や洗濯機などといった一般的な家電品の部品保有期間は発売から6年ほどで、同じ型番が続いていれば修理も可能ですが、たいていの場合毎年新商品が発売されたりするので、6年以上働いた家電品はすでに部品もないことが多く、まさに買替時なのです。

そこでふと思ったのですが、ビルトインタイプの食洗器も壊れる時には壊れるわけです。

(当たり前ですみません^-^;) 

ビルトインタイプというのはあらかじめキッチンに備えつけのやつです。

シンクとコンロの並びに納まっている、私が憧れているやつ(笑)。

新築でキッチンを入れる時に食洗器を入れるかどうか検討することが多いですね?

以前メーカーに勤務していた時、ちょうどビルトインタイプの食洗器を終了したことがあり、買い替えの為に図面を要求される仕事がしばらく続きました。

とは言っても、メーカーによってそんなに大きく寸法が変わる訳ではなく、対応できる他メーカーの商品に買い替えてもらっていました。


ビルトインタイプの買替は自分で交換という訳にはいかないので、設備業者さん(水道屋さんですね)に交換してもらいます。

食洗器のメーカーに依頼するとそのまま交換まで手配してくれたりもします。

ただ、この時に食洗器についている面材(めんざいといいますが、システムキッチンなので一体化するべくキッチンと同じ素材になっている部分)も一緒に交換されます。

新しいものに変わった時に周囲とちょっと違和感が出てしまったり…長期間経っていてキッチン側のメーカーでその面材がなくなってしまっている場合もありますので、そこまで考えるとシステムキッチンも流行の商品よりもベーシックで長年継続しているものだと安全かもしれませんね(^-^;; 

新築を考える時にそこまで考える方はなかなかいないと思いますが…。


ところで、新築やリフォームでせっかく付けたのに使っていないもの、ナンバーワンがこの食洗器だそうです。

買えば高額なものですし、1ヶ月に1回などの低頻度での利用だと逆に中にカビが生えてしまったり不衛生になりやすいので、付けたからには使ってほしい家電です(^^)。

私の実家でも母がリフォームの際につけたものの、長年洗い物は自分でやってきた習慣からか、私が帰った時くらいにしか活用せず、まんまとカビだらけにしていました(苦笑)。

中に水が溜まる仕組みなので、毎日使って月に一度はクエン酸洗浄するなど手入れが必要な家電です。

私のようにすでに卓上の食洗器を毎日使っている者には憧れのシステムキッチン&ビルトイン食洗器♪ですが、使うかどうかは本当によく検討してくださいね。

当たり前ではあるのですが、家の中でも設備系、特に家電はいずれ壊れる物でもあるので、先の見通しも大切です。


さてさて、それでは我が家も次なる働き手の食洗機を選択して来ようと思います(笑)。

以前キッチンの高さを取り上げたことがありますが、うちはキッチンの高さが85cmなのでシンクが低く、長く洗い物をしていると腰にきます(T-T)。

すっかり食洗機がある生活に慣れてしまって、今週はそのありがたさを再確認した1週間でした(笑)。

皆様のご家庭でも働き者の家電品がありますよね?

忘れがちな彼らの活躍にたまに感謝を込めて手入れや掃除、メンテナンスをして長く丁寧に使っていきましょうね!!

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 16:53| Comment(0) | インテリアコーディネート | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

仙台市の空き家問題とその状況

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今週はゴールデンウィーク明けで仕事が波に乗らない方も多かったのではないでしょうか?(^-^;私ダケカナ?

さすがに金曜日ともなると、今日は天気もいいしすっきりしてきましたが(遅い;;)、水・木曜は雨で寒くてどんよりしてしまいました。

天気に左右されずにモチベーションを高くしてお仕事、頑張っていきたいと思います(笑)。


今朝、ラジオを聴いていてアナウンスしていたのですが、「仙台市では特定空家等に該当する空家の解体に解体費用の1/2、限度額60万円までの費用を助成している。」そうです。

そうなんだ!!と思いまして、少し調べてみました。

仙台市では平成29年から平成33年までを計画期間とする「仙台市空き家等対策計画」を策定しています。

データ元は仙台市のHP⇒http://www.city.sendai.jp/shiminsekatsu/kurashi/anzen/anzen/machi/torikumi/kihon.html

中身をちょっと見ていきますと、「仙台市の空き家率は10%で全国平均より低い水準」と書いてあります。

もうここでびっくりしてしまいました(^-^;; 

10軒に1軒も空家なんですよ?!それでも全国平均より低いと…。

確かに仙台も古い住宅街では空家も目立ちますね。

IMG_5947.JPG
画像は朝のきれいな仙台シリーズ(笑)。関係なくてすみません。

この空家の中にはアパート・マンションの空き部屋とかは入ってないと思うんですよね。

だとすると戸建住宅のうち1/10は誰も住んでいないことになります。

管理できる人が近隣に住んでいればいいのですが、手入れしていない住宅はあっという間に風化してしまうことを声を大にして言いたいです。

だって日本は高湿度の国で、戸建住宅はだいたいが木造でしょう。

鉄骨構造と言っても壁や内装には木を使っていますよね?

家は呼吸をしないといけないものなのです。

最近の住宅は気密性が高くなっていので24時間換気が基本ですが、昔の住宅はあまり気密性が低いとは言え、天気のいい日は1週間に1度でも換気のために窓を開けないとあっという間に木が腐っていくと思います。

24時間換気がついている場合は文字通り24時間換気をしていないと家の性能が保てないのですから、換気の重要性は無視できないものです。


また別の視点からみますと、仙台は今住宅地が不足しています。

当社のお客様でも土地を探している方が8割位いらっしゃいます。

そして家より土地の方が高いです。

不動産流通の観点から言って、使わないなら売ってほしいと思います。

もちろん、自分の生家であったりご家族との思い出のある家を手放すのは勇気と時間が必要なことではあります。

更に家を壊して更地で所持していると固定資産税が高くなるということは事実としてあるので、所持しているなら家も残しておこうという考えにも一理あります。

仙台の場合は相当状態の悪かった空き家については大震災で倒壊してしまったかと思いますので、全国平均に比べて空家率が低いということではないでしょうか?

震災で半壊以上の認定を受けて建物を滅失した場合は固定資産税の軽減措置が平成33年度まで続くので、空き家には入らない更地になっている土地も流通に乗ってくると嬉しいです♪

不動産屋目線ですみませんが(^-^; 

でも個人的に考えても更地をただ何もせずに所持しているのは大変です。

草も生えますし、害虫・害獣等で近隣にご迷惑をかけないように管理しなければなりません。

建物があるよりは多少楽かと思いますが、建物があるとポストなどは撤去して更に防犯にも気を付けないといけないので。

立地によっては駐車場にしておくとか、売るのが嫌なら定期借地として貸し出すなど、管理会社をつけて損をしないようにするのがベストと思いますが、これは場所も選ぶので不動産屋さんやお役所にご相談されるのがいいと思います。


で、最初に戻りますが、解体費用の補助金が出る「特定空家」というのはかなり状態の悪い空家です。

倒壊の危険性があるもの、くらいに考えていいと思います。

仙台市HPの資料でも管理不全で近隣から訴えのあった空き家1022件のうち、市の助言や指導を要した空家が572件あり、そのうちの特定空家等が50件です。

わざわざ近隣の方が役所に訴えるだけでも状態が悪いと想像できるのに、その4.8%だけ!希少価値です。

実は当社でも売地の近隣空家が完全にお化け屋敷化していて区役所に相談したことがあるのですが、これくらいではまだまだ…という感じでした(^-^; 

いったい特定空家ってどのレベルなの???


なので、補助金が出るというのは大変ありがたいことでなのですが、通常の状態で解体する方には出ないんですよね…。

近隣住人が恐怖を感じるくらい状態が悪くなるまで放置しておいて補助金を出すのは若干腑に落ちない気もしますが、経済的事情を考慮してのことなのでしょう。

「特定空家」について補足しますと、決定によっては強制執行ができるレベルなので、持ち主の意思がなくても行政の判断で壊してしまうこともあるということです。


どうか、空き家を所持の皆さまは持ち続けたい意図があるのでしたら、管理をしっかりしてほしいと思います。

またこの先所持していく意味がないのでしたら販売を含めた専門家への相談をお願い致します。

孫が大きくなるまで持っていてあげたい…とかあるのかもしれませんが、資産価値って変わるものなので子供たちの時代には必要な場所や価値が変わる可能性も大きいですよ(^-^)♭

空き家対策については国の施策としても販売したときの譲渡所得の軽減など、今だけ優遇される制度がありますので、ぜひこのタイミングでご対策頂けるといいと思います!!

仙台市の方策については市のHPなどでご確認くださいね!!

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪


posted by 東武ハウジング at 13:48| Comment(0) | 土地探しのいろは | 更新情報をチェックする