2018年12月27日

住宅ローン減税を受けるためには確定申告を忘れずに!

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

もう~い~くつ寝~る~と~♪お正月~~♪♪てな感じの時節になりましたね(^-^)♭

数えたらあと5つ寝たらお正月です!今年も終わります。

fa6c3ac3efa278ec646810fb19788f50_s.jpg

1月に入るこの時期に大事なお知らせがあります!

対象は今年、2018年におうちを購入された方、です。

住宅ローン減税はおうちを購入された方なら知っているはずと思いますが、減税を受けるためには確定申告をしなければなりません。

今年の申告は来年2019年の2月18日(月)~3月15日(金)の間に税務署の窓口で相談・受付ができます。

給与所得(会社で働いてお給料をもらっている)の方は年末調整を会社でしていると思いますが、おうちを買った初年度だけは、確定申告をしなければ住宅ローン減税が受けられないので必ず忘れずにしてください(^-^)♭

自営業の方やすでに毎年確定申告をしている方はいつもの申告プラス忘れずに住宅ローン減税の申請をしてくださいね。


税務署の窓口は期間内平日の9:00~17:00に開設しています。

土日祝はお休みですが2日間だけ日曜開設の窓口もあります。2月24日と3月3日の日曜日になります。

宮城県では仙台北税務署(青葉区上杉)、仙台中税務署(若林区卸町)、アズテックミュージアム(太白区中田のイベント会場)にて開設されます。


お若い方は確定申告がWEB(インターネット上)でもできるという感覚があるかもしれませんね?

私も身近なものがWEBで書類作成して送っているのを見ていたので、そう思っていました。

e-taxというWEB上のシステムから申告できますが、マイナンバーカード(ICチップ入り)を作成していることと、ICカードが読み込めるカードリーダーがないと完全なWEB申告はできません。

申告は1回なのでカードリーダーをわざわざ買うのも…(^-^;ネエ? 

ICカードリーダーやマイナンバーカードがなくても申告書作成のページから手順に沿って申告書を作成し、必要書類とともに郵送や窓口で申請する方法があります。

こちらの場合もインターネットに接続されたパソコンとプリンターは必須ですが、わざわざ平日に休みをとらなくていい分便利。

ちなみに自分で作成した書類の受付は1月から開始されるので、お正月休みに作ってそのまま送っても大丈夫です。

税務署に持参する場合も1/4~でいいそうですが、あくまで窓口相談は2/18~になります。

不備はありませんか?と確認してもらうことはできず、受け取ってもらうだけの対応になるということですね。


平成28年の申請から申告書にマイナンバーを記載する必要がありますので、窓口相談に行かれる方はマイナンバーもお忘れなく。

その他に必要な添付書類は下記のとおりです。

①住宅ローンの残高証明書(借入金融機関より入手できます)

②住民票(市区町村役場で入手)

③源泉徴収票(勤務先より)

④住宅ローン対象不動産の登記事項証明書(原本が必要なので法務局で入手)

⑤土地・建物契約書等のコピー

⑥運転免許所などの身分証明書

あとは印鑑をお持ちください。

この他にもケースバイケースで必要書類があるかもしれませんので、詳細は税務署にてご確認くださいね。

でも準備できるものは持って行った方が後々楽かと思いますので、参考までに掲載しておきます。


給与所得のみで通常確定申告が不要な方は、初年度だけしっかり申請すれば2年目からは会社の年末調整の際にその年の住宅ローンの残高証明を添付して申請すればOKです。

詳細は税務署窓口や管轄の国税庁HPなどで確認できます。

国税庁のホームページ、情報が分散的に載っていて窓口や必要書類など…どこをリンクすればいいのかちょっと迷いました(-.-; 

国税庁の申告書作成ページhttps://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm

こちらのページに平成30年確定申告の準備ページが既にできています。

1月上旬からは申告書の作成ができるようにリニューアルするらしいので、必要な方はご確認くださいませ。


今年おうちを建てられた方は、ある意味大きな目標をかなえることができたのだと思います。

誠におめでとうございました!!!(なんか表現が変かな??)

おうちづくりは色々な決定をしていかなければならず、建てた後もたくさんの確定申告のような手続きがあり、大変なことも多いかと思います。

でもそれも家族で乗り越えながら、来年以降も素敵な環境で楽しく過ごしていかれますように♪♪


東武ハウジングで今年おうちを建てられたお客様には確定申告のご案内を封書でお送りしております。

施主になられた皆様方、今年は大変お世話になり誠にありがとうございました。

どうぞどうぞ、素敵な年末をお過ごしください!そして良い年をお迎えくださいますように~。

これからおうちを建てようと考えている皆様、これからも何卒よろしくお願い致します(笑)。

それでは、また。

~ご連絡~

東武ハウジングの年末年始の営業は年内12月29日(土)まで。年明けは1月4日(金)から営業いたします。

12月30日(日)~1月3日(木)はお休みをいただいておりますので、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。





バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:45| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

「そらの家」模型が完成しました。

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

先週は暖かかったのですが、今週は寒波が近づいているらしいですね。

急に寒くなると体調を崩しやすいので、注意して楽しい年末を迎えましょうね♪


さて今日は東武ハウジングで人気の『そらの家』が1/50模型になりましたよ♪♪というお知らせでした。

先週・先々週と開催しました見学会でもお披露目しましたが、今はショールームに飾ってあります。

IMG_2172.JPG
こちらがその模型 

IMG_2174.JPG
中も見られます。


住宅模型って面白いですよね?

私は中学校の授業か何かで1回作った記憶があるのですが、とっても楽しかったと記憶しています。

間取りを作ってそれを立体的に作っていく作業。

発泡スチロールの板に紙を張って作ったと思うのですが、ドアとかきちんと開くように作れた気がします。

なんせ遠い記憶ですからうろ覚えですが(^-^; 


東武ハウジングの『そらの家』模型はプロの仕事なので、1階、2階の様子も上の階を外して確認できますし、屋上にも繊細なテーブル&椅子セットがあってなかなかの仕上がりと思います。

外回りはお任せで作っていただいたのですが、車が止まっていてかっこよく仕上がっていますよね♪

ショールームではこれから「そらの家」の説明用に活用していきますし、完成見学会の際にはそちらにも出張展示しようと思っております。

もし自分のおうちをこんな風に模型にしてほしい!!ということがありましたらちょっと金額はかかりますがお作りすることも可能です。

平面図&立面図と仕様関係を伝えると約10日ほどでお作り頂けました。

あまり自宅のミニチュアを自宅に置くことはないかもしれませんが(^-^; ご興味のある方はご相談ください。


それでは、今日は短いですが『そらの家』模型のご紹介でした♪

ぜひぜひ来年もたくさんの方がショールームに遊びに来てくださいますように♪

東武ハウジングの年末年始の営業は年内12月29日(土)まで。年明けは1月4日(金)から営業いたします。

12月30日(日)~1月3日(木)はお休みをいただいておりますので、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。




バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 15:41| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

子育てにかかる費用

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

寒いながらも天気が良く気持ちのいい仙台です♪

やっぱり晴れていると朝から気分もよくとてもいいのですが、この時期の晴れの日は本当に乾燥しているんですよね(^-^;

女性は肌の調子が気になると思いますが、子供も肌が未熟なので気を付けてあげたいところ。

うちの娘はこの時期何もしていないのに耳が裂けています(苦笑)。かわいそうに・・・。


実は自分も子供のころ覚えがあるので、乾燥の威力、すごいなと思います。

対処は自分でそれ以上傷つけないようキズパワーパッド(絆創膏)で覆って、治ったらワセリンを塗り込んでおくといいようです。

私も今は場所が変わって指先がパカパカ割れるのでシアバターを使っています。

ちょっと贅沢ですが、子供の耳にもこれを塗ってあげています。

保湿力が高く効果が持続する気がするのでお勧めです。ちょっとお高いですが(笑)。


暖冬と言いつつもずいぶん寒くなり、あと10日で今年も終わりですね。

年末は寒波がやってきて雪が降る予報です。

大人はちょっとしんどいですが、年末の休みに差し掛かると子供はさぞ喜ぶでしょう(笑)。

b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_s.jpg

さてそんな年末にしかもこのクリスマスの直前にすごいシビアなタイトルを書いてしまったのですが、資金計画にはこの辺の知識がどうしても必要なので小さい子供を持つ親御さんには参考にしていただきたいと思います。

テレビやWEB情報で「子供1人を育てるのには〇〇円かかります!」なんて情報を見るたびに「えっー、そんなにー?」と驚くかとは思いますが、意外に実感がないのが実情ではないでしょうか?

そんなところもひも解いてみたいと思いますね。


まず、最近よく目にする最新情報のところで、子供を産んでから就職するまで、つまり親が面倒を見る期間にかかる費用は1人1200~1300万円といわれています。

どんな情報を見るかによりますから、およそ平均でと考えましょう。

実際にどれくらい費用が掛かるかはその家庭や進路によって全然変わってくることは大前提です。

大事なのはこの金額の内訳をよく見ることです。

高校卒業までに生活費や学費等でかかる費用が500~600万円、大学等その後の進学で必要な費用が500~800万円と言われています。

つまり、600万円程度は生活費の中から月々細かく出ていく程度になるので、高校卒業後の進路のために少しまとまった金額を貯蓄しておけば足りると考えることができます。


貯蓄が難しいと思う方はぜひ、子供が生まれたら「学資保険」を組んで月々の経費にしてしまうのがおススメです。

学資金の受け取りは高校卒業時以降に設定し、そこまでは家計のやりくりで賄えば、必要資金のうち200~300万円程度を保険から受け取ることができます。


義務教育期間の子育て費用については、近年だいぶ良くなってきているので公立の学校を選んでいけば費用も抑えられるでしょう。

来年の10月からはついに保育園の無償化も始まります。

高校はすでに始まっていますので、以前よりは負担が軽減しています。


また私立の幼稚園や学校を選ぶ場合、年間でプラス100万円程度を見込んで計画しましょう。

お子さんが複数いる場合はバランスも大事と思いますので、余裕がない場合は無理に私立に進まない方がいいと思います。

月々の学費の他に制服や共通の教材購入など、何かと公立よりもお金がかかりますので、よく考えて決めてくださいね。


平均でどんと出されると「1200万!!」と思いますが、日常の心がけ~それこそ食事の工夫など細かい所~で節約をはかることはできますし、少しずつ医療費の軽減や保育負担の軽減が進んでいますから、「お金がかかるから子供はいらない。」という方向にならないことが私の希望です。

大学の費用は無理に捻出しなくても、高校を出たら働くでもいいし奨学金を借りる方法もあります。

経済的に恵まれなくても自力で学費を稼ぎながら夜間の大学に通ったり、通信制でお金をかけずに学位を取る方法もあります。

そうして苦学して大成した方もたくさんいらっしゃいます。


更に直径親族(親や子供)がいることの資産価値は1人1000万円などと言われていて、子供が3人いるということは3000万円の資産を持っているのと同じこと、と捉えることもできます。

私個人の実感としては子供の価値は1000万円でもはかれません、まさにプライスレスです(笑)。

ただ、現実的に計画をしていないと大学まで支払ってあげたかったけどできなかった…と後悔することも残念なので、特におうちを購入しようと考えている方には頭に入れていてほしい情報です。


また支出を考えるときは収入も必ず考えてほしいのですが、年収が平均で300万円のご家庭で20年間の総収入は当然6000万円あります。

奥様がパートで月5万円稼ぐことができれば20年で1200万円です。

資金計画を考えるときは支出だけ見るとちょっと悲しくもなりますから(^-^; 収入とのバランスで公平に見ることが大事。


師走にお金の話をしてしまいましたが、来年も景気よく楽しい年になりますように(^-^)/

お子さまのいるご家庭ではサンタ代行業やクリスマスプレゼントにケーキ♪なにかとお金がかかる時期でもありますが、子供たちの笑顔はプライスレス!!笑ですので、頑張っていきましょうね(^-^)。

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:30| Comment(0) | 不動産とお金の話 | 更新情報をチェックする