2020年04月28日

おうちの中で出来ること~片付け・お掃除のご提案~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今週と来週は東京などではステイホームウィーク。

企業もほとんどお休みだろうと思いきや、意外とやっていてびっくりします(笑)。


東武ハウジングでは今週は通常営業。

来週は打合せの入ってない祝日はお休みを頂きます。

通常営業と言っても、現在は打合せやご相談はご予約制による1組様ずつでご対応させて頂いています。

大変お手数ですが、ご相談のある方は022-779-5327へご一報いただきますようお願い致しますね。


ホームページのお問合せフォームからご連絡いただければ、こちらからご連絡差し上げます(ぜひ連絡のつく電話番号をご記入ください。)

また、ホームページのお知らせ欄にコロナウイルス拡大防止策ガイドラインを掲載しておりますので、お手数ですがご来社の方はお読みいただけますと幸いです。

東武ハウジングホームページはこちらです。


バナーをクリックするとジャンプします♪


さて今日は、久々のお掃除ネタ。

これまでも年に1-2度くらい取り上げていますが、お掃除がしたくなる内容目指して書いてみますね♪

コロナ疲れは誰にでもあると思います。

未知のものへの恐怖は心のストレスになりますし、生活への制限もあります。

経済への不安がある方はなおさらです。

またほとんど生活は変わっていないという方でも、情報量が多く、気をつけなければいけないので、やっぱり疲れを感じる方が多いです。

本当に疲労を感じている方は、無理をせずにゆっくり寝ましょう♪


でもG.W.期間は長いので、ゆっくりして元気を取り戻したら部屋をキレイにしてみて欲しいです。

特に精神面の疲労に効くのは、午前中の日光を浴びること、適度に動くこと、環境の整理整頓、です。

寝てばかりでも余計に疲れたり、リズムが乱れて夜眠れなくなったりなど弊害もあります。

またお部屋に物が多かったり、散らかっていたりしますと気づかぬうちに心が疲れるんです。

これ、本当ですよ。

片づけるとスッキリするのは気分だけではないんですね。

脳は無意識に目を通して周囲の状況を読み取るので、物が多いと疲れるんです。


せっかくおうちにいる長いお休みですから、ここはぜひ、物の総量を減らし、それぞれの居場所を決めて、片付けをしてみてください。

捨てるのが苦手な人に私のマイルールを紹介します。

・15秒考えて使い道が思い浮かばないものは捨てる。

(かわいい缶や瓶、空き箱など、使い道、思いつきますか?)

・新しいものを購入したら古いものは捨てる。

(洋服やバック、食器類などはどれを処分するか考えてから買います。)

・かけたり色が剥げたり、壊れているものは直すか捨てるかのどちらか。

(そのまま使わない。)

・代わりのものが他にあるものはどちらか1つだけ残す。

・棚や引出し、収納の中は80%まで埋まる量にキープ。

・1年以内に見る予定のない本やDVDはリサイクルショップへ。


(必要になったときにまたリサイクルショップから仕入れればよい。

でも一度も同じものを取り戻したことはないです。笑)


お掃除・片付け関連の書籍をよく読むのでいろんなところから寄せ集めてこんな感じで物を管理しています。


もう1つ、お子様のいる家庭に多いのが「家族のものはどうしたらいいの?」だと思います。

うちも子供の作った大量の絵や折り紙、工作など謎のものや景品のような細々したおもちゃ類の処分には手を焼いています、が基本的に人の物は捨てません。

家族と言えども、自分以外は他人です。

私に必要のないものも娘にとっては大事かもしれません。

子供の年齢にもよりますが、自分で片づけさせるか、うちはまだ小さいので紙袋などにまとめて邪魔にならない場所に置いておきます。

聞けば全部必要なものだと答えますが(笑)、半年くらい置いておいて「これは処分しようか?」と袋ごと指さすと「いいよ♪」と言います。

この時、決して中を見せてはいけません(^-^; 失敗経験あり。

できれば袋を年代別に並べて置き、「(置く場所が)いっぱいになったから一番古いのは捨てていい?」のように袋ごと聞きます。

もちろん子供の性格や年齢にもよるでしょうけど、まとめておいて時間がたってから処分は有効だと思います。

子供の方にも「勝手に捨てられはしない。」という安心感があるようです。

もう少し大きくなったら物の整理方法もしっかり身につけて欲しいですが、それは10年計画で。

588093.jpg

最近私はインスタで片づけ系のアイデアを見るのが好きです。

「人生がときめく片付けの魔法」で有名な「こんまり」さんもフォローしています。

そういえばこの有名な著書をコロナ感染で自粛中のおうち時間を充実させるために現在公開しているようです。

ご興味のある方はチェックしてみてくださいね。

あと、他の方のアイデアですが、最近私が試してよかったものをご紹介。

・冷蔵庫の上、レンジフードの上をラップでコーティング。

これ、目からうろこでした。

これまで、この2ヵ所って年末大掃除の勢いでしか掃除せず(^-^;意外と油汚れがひどくてマジックリンかけてふき取りを何回かしていました。

で、昨年末にきれいにした際にこのアイデアを採用しまして、冷蔵庫の上とレンジフードの上にピタっとラップを貼り、端をマスキングテープで留めました♭

汚さない工夫です。

見た目が気になるかもしれませんが、きれいに貼れば大丈夫♭

私はあり合わせの可愛いマスキングテープを使って目立っていますが、気になる方はグレーの無地など目立たないテープを使い、丁寧に貼れば大丈夫だと思います。

マスキングテープなので端っこが剥がれたりはしていますが、もう4ヶ月くらいたってもずれずに、すでにラップの上が黄ばんできました;

こうなったらラップをはがして張り替えればO.K.

なんと掃除いらずです。


こういう根本的な解決方法っていいですよね?

私は20代の頃から換気扇フィルターは付属のものではなく、業者を入れて厚手の交換できるものを使っています。(枠ごとリースしてくれるサービスがあります。)

基本的に忙しくしていたし掃除とか嫌いなので(笑)、多少お金をかけても換気扇の掃除とかに労力を使いたくなかったんですね。

そうそう私は掃除が嫌いなので、最初から汚れないようにするということがとても大事なんです。

片付けの一番のポイントは物の総量を減らすことですので、お時間がありましたらぜひ実践してみてくださいね。

ゴミ袋何個か分を部屋から排出した時のスッキリ感はクセになりますよ(笑)。

それでは、また。

皆様健康には十分留意されて、ぜひ良い時間を過ごせますように。

posted by 東武ハウジング at 13:41| Comment(0) | 私の思うことあれこれ | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

ピンタレストで楽しいおうちイメージング♪

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

なんだかコロナウイルスの感染拡大により、暗いニュースばかりが多くて滅入ってしまいますね(^-^;

明るいニュースを探すのですが、見つからなくて。

こちらのブログでも少しでも明るい話題を提供したい!!と思いつつ、筆が進まず苦労してしまいます。

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s.jpg

とりあえず宮城県の感染状況を確認した所、4/20で止まっていました。

すごい!頑張っています(^-^)/

そして、スマホで見ていた時は気が付かなかったのですが、県内感染者84名のうち、下の方(感染が早い方)から23名もすでに退院して健康を取り戻していらっしゃる♪

おーっ、良かった♪

このまま感染が拡大しないように、ここで気を抜かずにG.W.までたどり着きたいですね!!

もう2回も延期になってしまい、だんだんと娘の入学式が悲願になってきました(笑)。

少しくらい遅くなってもいいから、通常通り(保護者が入って)開催できるといいな。

2020年はこれまでの「当たり前」が見直される年ですね。学校に行くという当たり前、仕事をするという当たり前が当たり前でなくなった今、元に戻ることよりも抜本的な改革となることに期待します。


さておうちづくりは楽しい話題♪ですから、前回に引き続き楽しい話題を♪

前回はおうちのイメージングで具体化してみようという記事でした。

読んでいない方は前回の記事もチェックしてみてくださいね♪

その中でもちょっと触れたのですが、今はオンライン・WEB・SNSの時代。

良いアプリがあります。


フェイスブックやインスタなどでも検索するとものすごく情報が集まると思います。

さらに、ピンタレストというアプリがありまして、画像検索に特化しているんですね。

興味のある画像をピン止めすると、それに近いもの、関連画像がたくさん出てきます。

画像自体はインスタなどから来ているのか?著作権があると思うので流用できませんが、アプリの中でストックすることは可能。

フォルダを作って素敵なイメージを保存できるのです。

これ、興味のある分野で見ていると本当に飽きないですよ。


私は「間取」や「和室」「収納」など分けてストックしていて、いいイメージ画像がたくさんあります。

その他でもお弁当や素敵なお料理の画像をストックしていますよ(^-^)♭


おうちの画像を集めるときの注意点ですが、デザインがいいな、と思うものは特に参考になると思います。

ただ、中には海外なものや相当奇抜なもの、日本の建築基準法上では難しいだろうと思われるものも混在しています。

また間取図などは、一般の方が作ったものなのか?実際にそのまま建てるのは無理…というものも多いです(^-^;これ、実証済み。

例えば2階のトイレの排水を1階に取らないといけないのですが、ダイニングの窓際になっているとか…。

外壁の外を通しても無理…、みたいな。

まあ1階の天井を低くしてちょっと横に逃がすとか方法はなくもないけど、実際に建てることは考えてないのかな、ということも多々あります。

あくまでデザインの参考、程度に利用するのが上手な利用法かなと思います。

私も外観のイメージを作るときとか、仕事中につい見てしまいます。

けっこうおもしろいし、いらなかったら削除すればよいと思いますので、ぜひ試してみてくださいね♪


こんな自粛要請の中ですが、私はあまり心配なく仕事をしておりますし、おうちに関わる仕事は楽しいので、仕事のできるありがたみを感じています。

娘も学校の預かりを利用していて、授業はないけれど、少人数だけれど、それでも前向きに日々を過ごしています。

この中で無理して楽しいことを探すのは大変ですが、ありがたいなという感謝はたくさん見つけられますね。

それでもまあ、こうしてつつがなく生きている、という感覚は震災の時にも似ています。

来週も、自粛の中でもホッとできる話題を提供できるよう探してみますね♪

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪


posted by 東武ハウジング at 15:57| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

人は2度創造するらしい~未来のおうちをイメージしてみよう~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

雨の週末、そして月曜日になりました。

やはり仙台の春は寒いです。

まだまだ暖房が必要。

今年は異常なまでの暖冬で桜の咲くのは早かったですが、菜の花などはこの寒さでG.W.の頃になるかなと思います。

春の連休は県内各所で田植えをしていて一面緑になり、あぜ道の菜の花がきれいです。

今年は帰省途中でそれを見ることもできませんが、少しゆっくり緑を眺める時間くらいは取りたいな、と思いました。

IMG_2172.JPG
おうちイメージングの最終形態は模型かも…?

さて、今日は暗い話題が多い中であえての「夢を持とう!」という記事です。

当ブログにお立寄りの皆様はおうちの検討をされている方が多いと思いますので、「未来のおうちをイメージングしてみよう♪」という記事。


人は物を作るときに必ず2回創造するそうです。

1回目はイメージ、つまり頭の中で。

2回目は実際につくって、物が出来上がります。

つまり、イメージできないものは形にならないということ。


不動産を購入するときに、欲しいのになかなか購入できない方は、イメージが固まっていないことが多いです。

漠然としてる、なんとなくこうじゃないような…と踏み切れない。

あるいは理想が高い場合も多いです。

条件はとてもよく、価格はとても安いものを探していると、実際に存在しないことも多いからです。


このイメージと現実のすり合わせ、も実際にはとても大切なのですが、その前段階としてとりあえずイメージは大事(^-^)♭

何のために家が必要なのか、

その家が手に入ったらどんな願いが叶うのか、

逆に目的を叶えるためにはどんな家が必要なのか(どこが譲れないのか)。

こんな質問を自分にしてみると、おうちイメージが具体化していきます。


隣の家に(騒音等)気を遣わずに子育てができる、家賃分を住宅ローンに回して資産形成ができる、など答えは人それぞれ。

この辺がはっきりしてくると、マンションがいいのか一戸建てがいいのか、建売で十分なのか注文住宅がいいのか。

自分たちに必要な家がはっきりしてくることと思います。

見た目や中身のイメージはインスタ(SNS)やピンタレスト(←アプリです)で「これいいな~。」がたくさん見つかりますね♭


いま、実際にモデルハウスを見て回ったり、内覧会を回ったりは難しいのもありますので、想像力を働かせていつか出会う「自分の家」をイメージングしてみましょう。

イメージングと言っても本当に想像しただけだと、忘れてしまうので(^-^; 

箇条書きでも構わないので書いておくといいですよ。

絵や間取図などもいいですね。

イメージと書くのはセットです。

違うなと思ったら二重線してまた書く。

イメージが具体的になったときには理想のおうちもすぐ近くまで来ているかも、しれません。


とはいえ、イメージが難しい方には、そのためにプロがいるのですから、私たちを頼って下さいね。

実際のお打合せでは、CGでおうちの外観はもちろん中からぐるっと見回せたりもします。

こうなるとイメージとパソコン上と実際と3回創造することになりますが…(^-^;

イメージできたものが出来上がりますので安心です。


だんだん宣伝めいてきましたが、おうちづくりでなくても、イメージングは大事。

私はこの仕事に就く前に本を読んで「理想の仕事」を具体化しました。

数年たって当時書いたものをみたら、ちゃんとその項目にあった仕事に就いていてびっくり。

書くのって大事なんだなと思った次第です。

皆様のおうちづくりや色々な夢の参考になれば幸いです。


休日はどこに行くでもなくゆっくりできるかなと思いきや、3食つくる(用意する)のが意外と大変で苦慮しています。

知らず知らずのうちに外食産業にずいぶん頼っていたのですね~。

家族のために毎日食事を作るのを当たり前にしているお母様方、尊敬です。

これを機会にさらなる家事の合理化も進めていこうと思っています。

それでは、また。





posted by 東武ハウジング at 15:05| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする