2020年06月29日

withコロナ・アフターコロナの注文住宅~テレワークのスペース~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

週末の土曜日まで1週間、太白区鈎取の弊社分譲宅地にて完成見学会を行いました。

ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

また会場をご提供いただきましたお施主様へのお引渡が完了いたしまして、どうぞ快適な生活が過ごせますようにと祈るばかりです。

鈎取分譲宅地ではこの週末、新たな建築を始めるべく地鎮祭も取り行われ、着々と販売・着工が進んでいます。

売地も残り僅かになりましたので、気になる方はお早めにチェックしてみてくださいね。

ホームページの不動産物件情報に分譲宅地の詳細は掲載しています。

下のバナーからもHPに入りますので、ぜひご確認よろしくお願い致します!


さて、今年も早くも折返し、6月末になりました。2020年は「子供がすくすく育つ家」をテーマに前半記事を書いていましたが、コロナウイルスの拡大で「家」のあり方も少し変わったかなと感じます。

今日は今後の注文住宅の流れについて考えてみたいと思います。

子供がすくすく育つ家 の過去記事はこちら♪

子供がすくすく育つ家-vol.1-

子供がすくすく育つ家-vol.2-

子供がすくすく育つ家-vol.3-

和室.jpg

コロナウイルスの感染拡大で大きな変化をもたらしたのは「外出自粛」ですね。

仕事は極力テレワーク、買い物など必要な外出も少人数で数を減らす政策が取られました。

学校も臨時休校になり、突然おうちの中に家族がずっといる状態になった方も多いと思います。


そんな中で注目されているおうちの機能が「テレワーク環境」であり、手前味噌ですが「屋上」でもあります♪

屋上については月に1回くらい宣伝している気がするので今日は置いておいて(^-^;、テレワークに必要な機能を考えてみます。


通常、オフィスワークでしたらパソコンとプリンタ、通信環境とスマホくらいあれば、テレワークは可能です。

特に通信環境は大事なので、WiFiの設置があるといいですし、プリンタなども無線接続でここにつながっているとストレスフリーですね。

おうち側の環境で言うとデスクワークができるイスが一脚あるととても快適に過ごせ、更に可能なら隔離されたテレワークスペースがあると超快適です。

今はZoomなどのオンライン会議があると思いますが、リビングの一角とかでやるとプライベート感漂う背景が入り込んでしまいますね(^-^;

後ろが壁になるようになどの配慮が必要ですが、たった1坪でもテレワークできるスペースがあると、その辺に無駄な気を遣わなくていいので助かります。

東武ハウジングは注文住宅をお創りする会社なので、これまでもお客様のご要望に合わせて書斎スペースやDENを数多く作ってきました。

今後はもっと需要が高まるだろうと思いますし、様々な施工事例を公開できるよう準備していきたいと思います♪

6月になって規制もかなり緩和されてはおりますが、このコロナウイルスの流行をきっかけに、無駄にオフィスに集まらない、という選択をした企業様もあります。

建築業界で聞かれるのは、テレワークスペースはもちろん、家にいる時間が長くなることを重視してリフォームが多くなる。

出勤が月数回などに限られてくれば、通勤1時間以上かかる郊外の住宅需要が増えてくる。などやはり影響があります。


テレワークのスペース確保でしたら、お部屋や廊下の一角をロールスクリーンで仕切って机を置くなどの簡単なリフォーム…DIYでもできるような気がします。

今後仕事の仕方や、もしかすると学校などもオンラインに対応していくことがあるだろうと、今回の感染症対策では学ぶところがたくさんありました。

こういったスペースが確保できるかどうか、といった視点も今後のおうち選び・おうちづくりに反映してくるでしょうね。


withコロナのおうちづくり、次亜塩素酸ナトリウムや光触媒での住宅除菌についても触れたかったのですが、長くなったのでまた次回にします。

次の更新は7月かも?

今年も残り半分、頑張っていきたいと思います。

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:36| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする