2020年11月30日

間仕切りリフォーム施工例第二段!~とんかつ浜様~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日で11月が終わります。

明日からついに12月、師走です。

コロナウイルスの世界的な感染拡大に終始したかのような2020年でしたが、今年も終わります。

来年はどんな年になるのでしょうか。

ワクチンが開発されて新型コロナウイルスは問題でなくなり、オリンピックが開催されてイベントムードになるのでしょうか?

今の段階ではまだまだ見通しが立たないことも多いですが、大きな問題もいつかは解決します。

東日本大震災も昨年の台風19号の水害も本当に大変なことでしたが、乗り越えて生きていくしかないんですね。

今年は「鬼滅の刃」が記録的な大ヒットを飛ばしましたが、コンセプトが一緒だから?とか勝手に思ってしまいました。

「失っても 失っても 生きていくしかない~。」ていう主人公のテーマ曲がありますね。

子供がハマっている…程度の認識だったのですが、ここに来て再放送しているアニメを見たらすっかりハマってしまいました(笑)。

「鬼滅の刃」面白いです(^-^;

きっと最終巻が出たら原作買ってしまいます(笑笑)。


大事なものを失っても、大変な問題が起きても、生きていくしかないんだな~。

マンガも面白いですが、なんか現実としても、経験として実感してきた今日この頃です。

世相とかぶるからこの時期に大ヒットなんじゃないだろうか?という私独自の見解です。

主人公の炭治郎くんはアニメだから自分の力で頑張っているけれど、現実では問題が大きすぎると自分の力で何とかできるものではないですね。

助けてくれる国の制度、支援してくれる社会に感謝しつつ、自分の出来ることは(直接問題に関係なさそうでも)コツコツやっていくしかない訳です。


で、また前置き長いですが、前回に引き続き飲食店での間仕切りリフォーム施工例をお送りします。

南光台南に店舗を構えるとんかつ屋さん「とんかつ浜」さんです。

実は夏ころに施工してすでに営業の方も再開しているはずです。

ぐるなびで以前地域ナンバーワンのとんかつ屋さんだったと記憶しています。(数年前の記憶なので、今はわからないのですが、すみません。)

とってもボリュームがあって、お肉もジューシーで美味しいです。

ご近隣の方はランチも営業していますので感染に気をつけつつ、行ってみてくださいね。

テイクアウトもある程度柔軟に対応してくれると思います。

当社でもとってもお世話になっているお店です。


ちなみに建物も当社で建築したお店で、駐車場には当社の看板も建っています(笑)。

こちらはカウンター形式のお店ですので、厨房とカウンターの間に透明なアクリル板の施工。

テーブル席には仕切りを設けて、向かいの席との飛沫感防止です。

お昼時には混んで相席もあるお店なので、このような仕切りになっています。

あまり仰々しくなく、お店のオープンな雰囲気はそのままに感染防止に努めていらっしゃると思います。

021.JPG
透明なのでわかりにくいですが、施工した店内です。


この状況下で私達に出来ること、それほど多くはないですが、こうやって地域のお店のお役に立てることはとても嬉しいです。

年末年始もまだ厳しい状況が続きますが、飲食店も応援しつつ、来年は明るい和やかな年になると良いですね。

まだ12月、1ヶ月ありますが、師走は本当にあっという間に過ぎ去りますから、意識してのんびり過ごしたいです。

飲食店経営の皆様、コロナ不況に負けずに頑張ってください!!

ホームページやSNSでテイクアウト情報があったら消費者として私、敏感に反応します(^-^)/

それでは、また。

寒くなってきましたので皆様風邪には気を付けて。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 16:24| Comment(0) | 仙台や宮城の地域情報 | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

飲食店応援!間仕切りリフォーム施工例

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

11月も半分が終わり、今年も残すところあと1ヶ月と少し。

年末の足音が聞こえてきましたね。

今年の年末シーズンはコロナ禍で過ぎそうです。

皆様忘年会とかどうなのでしょうか?

なかなか会社様では控えるところが多いのかもしれません。

感染拡大は心配ですが、飲食店の経営はもっと心配です。

東武ハウジングでもお世話になっている飲食店やお店の経営をされている施主様がいらっしゃいます。

なんとか乗り切って欲しいと願わずにいられません。


さて今日は、そんな東武ハウジング御用達の居酒屋・お食事処の間仕切りリフォーム事例です。

この年末も少しでもお客様にお運び頂けるよう、お店もすごく頑張っています!お席毎に隔離できるように間仕切りを設置しました。

こちらはアコーディオンカーテンの施工。

042.JPG

こちらはロールカーテン。

004.JPG

006.JPG
開けた状態

座敷は大きな宴会にも使える広さなのですが、お客様の人数によってお席を区切れるよう、開閉式にしてあります。

こちらのお店では元々半個室もありましたが、今回さらに全体を仕切れるようにリフォームされました。


東武ハウジングからもほど近い、泉区南光台にある「まにまに」さんです。

ブログ掲載のご許可を頂いたので、ついでに宣伝です♪

名古屋料理の手羽先やみそカツ、自家製の豆腐料理、鮮魚メニューもある美味しいお店です♪

この時期夜のコース料理は鍋が美味しくて、食べきれないほどのボリュームだったのですが、私も最近行けていないので今はどうなんでしょうか(^-^)。

また行きたい…と思ってFacebook見てみたら、近日ランチを再開すると書いてありました♪♪朗報です。


コロナウイルスに感染するわけにはいかないので、私も外食は控えているところがあるのですが、感染対策をしている安心な店内だったら少しは良いかな?と思いました♪

南光台界隈の皆様は「まにまに」さん、チェックしてくださいね♪

居酒屋さんは座敷があってこんな風にスペースが区切れると、ランチとかはお子様連れでも重宝しますよね♪


間仕切りリフォームは今けっこう需要があります。

夏前は仕切り用のアクリル板が不足したりと供給不足もありましたが、現在は回復しています。

ロールカーテン等の工事は日数もかかりませんので、飲食店等でご検討の方はぜひご相談くださいませ。


コロナウイルスの感染拡大がピークにはなっていますが、飲食店の皆様どうか負けずに頑張ってください!

という思いも込めて、本日はここまでです。

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 16:30| Comment(0) | 仙台や宮城の地域情報 | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

その土地のインフラは整っていますか?~土地探しの注意点シリーズ~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

日の入りがどんどん早くなるこの季節、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

コロナウイルスの感染が宮城県内で増えているようです。

今週私が住んでいるエリアでも近くの中学校が3日間の臨時休校措置をとったようで驚きました。

公立小中学校は生徒に感染が確認された場合、校内の消毒作業のために3日間の臨時休校を取ります。

感染ルートのわからない感染も増えているようで、どこで感染してもおかしくない状況。

寒くなってきましたし、今こそ外に出ずにステイホームの方が良いのかも…。と考えるようになりました。

週末子供の学校関連のイベントありますが・・・(^-^;

まあ、子供と自分の免疫力をあげられるように努力しつつ、あまり長く同じ場所にとどまらないように、など出来ることをやっていくしかないですね。

IMG_7867.JPG
販売中の鈎取分譲宅地です。土地情報は下のバナーから弊社HPをチェックしてくださいね♪

さて今日は、10月から土地探しの注意点を飛び飛びで記事にしていました。その続きを。

本の記事はこちらから。

土地購入の条件まとめ

前回は立地についてお話ししましたが、今回は②インフラ は整備されているか?についてです。

土地の設備は建物がない場合上水道・下水道・都市ガスの配管があるかどうか?

意外とシンプルです。


電気は周辺40m以内に電柱があれば通常問題ないです。

電柱が遠くて電線を宅内に引き込むときに他の家の敷地をまたぐようなときは、もう1ヶ所電柱が必要になったりもしますが、基本的にはその管理は所轄の電力会社で行うものなので、周辺に全く電気が来ていません!みたいな場所でない限り、あまり心配いりません。

電気は空中を見れば状況がわかりますが、水道管やガス管は地面の中にあります。

なので、その土地に配管があるかどうかの確認は大事。

でも基本的に不動産会社が調べて明示して販売することになっているので、そこを見逃さずにしっかりチェックすれば大丈夫。


注意点としては、上水道の口径が20㎜あるかどうかと、都市ガスはどうなっているか、という事。

上水道は古い住宅では13㎜を使っていたのですが、最近のおうちは2階にもトイレをつけたりするので、新築したい場合には20㎜が欲しいです。

口径についてはちょっと前記事にしていたのでこちらでご確認ください。

トイレの個数は1個か2個か。~トイレの個数と水道管の太さ~


都市ガスの配管はオール電化住宅にするなら必要ないのですが、都市ガスを使いたくて配管がない場合には引込工事を自分でしなければなりません。

逆に、必要ないのに引込がある場合、撤去するのも自己負担です。

もちろん、撤去にも費用が掛かるので、将来使うことを考えてそのままでも大丈夫です。

その場合は責任をもって管理する必要があります。


上下水道、ガス管は地中を通ってきますので、引込は土地の形状によって大きな工事になる場合があります。

前面道の自宅側に配管がある場合で数十万円、大きな通りで反対側にあったら100万円かかることも。

これが、旗状地で本管のある道路まで距離があると数百万円かかることもあります。

なので、購入しようとする土地の上下水道、ガス管の確認はとても大事。


まれに、1つの土地に上下水道が2個ずつ入っている土地とかもあり、この場合も使わない1つを自費で撤去しなくてはならないので、これも注意です。

そんなレアケース、と思いますがそういえば私ここ5年の間に3件は関わってます(^-^; 

昔借家で何棟か家が建っていた場所にはありがちです。

そして駐車場などに形を変えて分からなくなっていたりします。

まあ調べるのは私達のような不動産屋がやるので、購入される方は「必要な設備を整えた状態でこの土地はいくらなのか」というところをしっかりご理解ください。

「上下水道引込は買主負担」と書いてある土地は、じゃあ引き込んだらいくらかかってトータルでいくらなの?というところをしっかり押さえてから購入されますように。

土地を買う時は地面の中もしっかりチェック!です。

それでは、今日はここまでです。

お読みいただきありがとうございます♪


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪


posted by 東武ハウジング at 16:13| Comment(0) | 土地探しのいろは | 更新情報をチェックする