2021年03月24日

緊急事態宣言下ではありますが、週末の完成見学会は感染対策を講じて開催します。

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日は春らしいポカポカ陽気です。

県内の小中学校は今日で終業式。

いろいろあった今年も無事に春休みを迎えられましたね。

IMG_9742.JPG
事務所前の水仙とクロッカスも咲きました♪

宮城県内では3月18日から4月11日まで緊急事態宣言が発令されてしまいました。

震災10年を迎え、人の移動が大きかったのでしょうか。

もう1年も続いているコロナウイルスの県内の新規感染者数がここにきて最大になるなど、非常に多くなっていますね。


週末にはまた震度5強の地震にも見舞われ、“当たり目に祟り目”?“踏んだり蹴ったり”?とか、よからぬ言葉が浮かんだのですが(^⁻^; 

まあ騒いでも仕方ないですね。

粛々と日々を過ごしていくしかないなと思っています。


そして、それでも今週末の土日 3/27-28の2日間。

東武ハウジングの完成見学会!を開催します。


時間は10時~17時 


申し訳ありませんが今回は10時~、11時~と1時間ごとに区切っての各時間1組様のみのご来場とさせていただきます。

1日8組様限定。

2日で16組様のみの限定開催です。

入場の際は非接触体温計での検温と手指の消毒にもご協力をお願い致します。

暖かい季節となりましたので、極力窓を開けたり換気をしながらの開催に努めさせて頂きます。


会場は弊社からもほど近い南光台南エリアになります。

すでにご予約も頂いており、予約フォームでは選べる時間が少なくなっています。

恐れ入りますが、空いているお時間でのご予約を現在も受け付けております。


また、予約時間外や週末のご予定が付かない方はお電話でご相談いただくことも可能です。

その際は022-779-5327へお電話いただければと存じます。

緊急事態宣言中、なるべく短い時間でのご案内やお打合せ、メールや電話でのご連絡をさせて頂きますので、引き続きよろしくお願い致します。


まずは、週末の見学会のご案内でした。

緊急事態宣言で迷われているかた、すでにご予約を頂戴したお客様が少しでも不安なくご来場できるよう努めて参ります。

もうあと3日後ですね。

ご予約はぜひお急ぎくださいね。

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。


見学会のご予約はこちらから↓




東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:02| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする

2021年03月10日

南向き窓の有効性~南面道路は本当にベスト??~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

すっかり春めいてきましたね。

前回掲載し忘れた事務所前の水仙の鉢。

IMG_9680.JPG

うっすら蕾が黄色い♪


さて今日はこんな気持ちのいい季節にはぜひ開放的にしたい窓のお話です。

弊社の建物はリビングを南向きに配置し、はき出しの窓を設けることが多いです。

はき出しの窓というのは箒(ほうき)で掃き出せる窓、床面から高さ2mくらいの大きい窓のことです。

箒で掃き出すという発想は、現代ではあまりないかもしれませんが(^-^; 掃き出し窓からは外に出られるので、お庭へのアクセスや防災・避難経路としても有効な窓。

余談ですが、現在のおうちは勝手口を設けないことも多いので、外に出られる場所は玄関のほかに最低1か所は設けたほうが良いです。

ちなみに弊社では南向きの掃き出し窓は90%以上、キッチンなどの勝手口は50~60%くらいの施工率です。

防犯上の理由や使わないからということで、勝手口も少なくなっていますね。


さて本題の南向きの窓、あえてご説明しなくても良さは体験でわかるかと思います。

日本の緯度では冬は太陽の角度が低く、夏は高くなるので、冬は日射(太陽の直接の光)が室内まで入り込み、室内を温めます。

逆に夏場は南向きの窓からはあまり日は入らず、建物の上部に集中します。

また、実は真夏は南向きの日射量よりも東西の日射量の方が多いのです。

だから南向きの窓は夏も冬もオールシーズンを通して快適と言えます。


少し気を付けたいのは西向きの窓。

夏の強い西日は皆様もご経験があるかもしれませんが、西側に大きい窓があるときは夏場にそれを遮る工夫が必要です。

最近はやりの縦型ブラインドは東西の窓の日射を遮って、ある程度外の明るさは取り入れることができるので東西向きの掃き出し窓に適しています。

古来からずっと日本の建物は南向きに建てられていますが、太陽の方を向いているという以上に合理的な理由があったのですね。


で、また少し視点を変えて 土地を探す場合に「南面道路の土地が人気」というのを聞いたことがあるでしょうか。

南面道路の土地というのは、接道が南側にある土地。

南側からその土地に入れる土地のことです。南側に道路があると、その土地のすぐ南側に家が建たないので(当然、道路があるからです)、南面が広く開いているという点で採光に有利です。

区画が狭く、住宅が密集しているような場所では、南側が道路だと間取りを作成しやすいとは言えるでしょうね。

ただし、道路は不特定多数の人が通る場所ではありますので、適切な目隠しがないとせっかくの南側の窓をいつも閉ざしていないといけないという弊害もあります。

ルーバーや目隠しフェンスで道路からの視線を遮ると快適に住めるのかなと思います。


逆にある程度の土地の広さがある場合には、北側に道路があったほうが南面にプライベートなお庭をとりやすいですし、北側は窓が少ないので人目を気にする必要がありません。

東西側に道路がある土地では、建物を北側に寄せることで、南面を少しでも開けて採光を確保することが一般的です。

なので、結論としては「南面の窓は日本では有効」であることは間違いないですが南面道路が良いかはケースバイケースかなと思います。

土地は大きさも形状も立地も個々の要因が多く、1つの面だけで良し悪しを判断することはできません。

土地を購入する場合には建物をどのように建てるかまでを考えて、購入しましょうね。


最後に見学会のご案内ですが、今回の南光台南完成見学会は北側道路です。

北側に駐車場を確保しつつ、さらにひな壇の宅地を上手に利用して南側にお庭をとっています。

参考になること間違いなし!ですのでぜひご来場くださいね。

それでは、また。

イベント情報はこちら

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 15:17| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

もうすぐ春休み~3/27-28は完成見学会へ♪~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日は少し暖かい仙台。

今年の冬はすごく寒かったので、去年は2月に咲いていた水仙の葉っぱがここにきてぐんぐん伸びています。

気が付けば3月。

ひな祭りもすぎてもうすぐ子供たちも春休み。

久しぶりの長期のお休みに少しおびえる私。(毎朝お弁当詰めるのが苦手みたいです笑。)


そんな3月の東武ハウジング メインイベントのお知らせです。

「イベント情報」にも掲載中ですが、3月27-28の土日にこちらの事務所からほど近い「泉区南光台南」エリアで完成見学会を開催いたします。

イベント情報はこちら


今回のお宅は2階建て3~4LDK 

3~4となっているのは、今は1室にしている12帖の子供部屋を将来仕切れるように設計しているから。

ドアと収納はそれぞれについていて、6帖ずつの部屋とすれば4LDKです。

家族の成長に合わせて変化していくおうちが最近では主流になっているかもしれませんね。


LDKはこだわりのオープンキッチンがある大空間。

隣接する和室は2本引込み戸で大きく開閉できます。

その他収納も充実しているのですが、シューズクロークなど一工夫あるので、その辺はぜひ見学会でご確認頂ければと存じます。

南光台は低い丘陵地に広がる団地なので、ひな壇の宅地がとっても多いですよね。

今回のお宅もそんなひな壇宅地で、道路側の擁壁を一部解体して駐車場スペースに造成しています。

おうちの基礎を擁壁をして効率よく建築していますので、その辺も見どころです。

外構パース.png
外観のイメージです♪

イラストでは駐車スペースに猫の足跡がありますね♪

ちらはまだ見本ですが、実際も可愛らしく印象的な外観になります。

東武ハウジングではモデルハウスなどは持たず、現在注文住宅の完成時に不定期な形で見学会を開催していますので、ご興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。

皆様のお越しをスタッフ一同 心よりお待ちしております。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:32| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする