2021年08月31日

久々の見学会は9月の連休に開催します!!

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

仙台の夏は終わりが見えてきて、風の温度が変わって来ました。

現在、コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下ですが、昨日はようやく県内の感染者も100人を切ったので、このまま下火に向かえばよいなと思います。

ここ2週間ほど感染者が多くなっていて、関連業者でも感染者が出たと聞こえており、警戒を強めていました。

メーカーでスタッフが感染したためショールームでの打ち合わせを中止したり、工事が延期になったりと少し影響も出ておりました。

弊社でも今一度気を引き締めて、打ち合わせ前の消毒やスタッフ個々の感染対策も強化していきます。


そんな中でも久々の見学会のお知らせをしたいと思います。

半年ぶりの開催になってしまい、またこの緊急事態で直前まで開催も悩ましかったのですが、本当に素敵な『そらの家』ですので実際に見て頂きたい!という強い思いもありまして。

感染対策をしっかりして開催をさせて頂きますが、終了後にしっかりと写真を撮って施工事例にも掲載したいと思いますので、どうぞ不安に思う方は無理をなさらずに。

年末までに再度別の開催もあるかと思いますので時期を見合わせてもよろしいかと思います。

またご予約を頂いたものの当日体調がすぐれない場合なども、どうか無理をなさらずにご連絡くださいませ。

お客様のお引渡し前のおうちをお借りしての開催ですので、あまり時間はございませんが、どうしてもという場合には後日ご案内することも可能かと思います。

大きなハウスメーカーさんの様にしっかりした体制ではないかもしれませんが、小さい会社ですので臨機応変に対応ができます。

こんなこと聞いていいかな?などと思わずに小さなこともご相談いただけますと嬉しいです。


さてさて本題です。

今回の見学会の会場にさせて頂きます『そらの家』のお宅は本当に見どころ盛りだくさん!!

とても言葉では言い尽くせませんので、可能な方はぜひご来場ください。

さっきと言ってることが違くてすみません(^-^; やはり百聞は一見に如かず。


一応、私の拙い言葉で見どころをご説明しますと、今このコロナ禍で注目されている玄関からすぐの洗面室、そしてお風呂につながる脱衣室は別です。

家族が入浴中でも洗面室が別なので気兼ねなく使用できます。

もちろん隣なので逆に遠くて使いづらいということもないですよ。

更にこの洗面室、脱衣室の近接してファミリークロークがあり、脱衣室とランドリールームを兼ねているので洗濯動線が短い。

1階のごく近いところのみで完結します。

やっぱり文字だとイメージ難しいですよね??

間取りを見たらおおーっ、ってなると思うのですが、間取りは公表しません(^-^;ゴメンナサイ。

こちらは会場にて掲示させていただきますので、ご確認ください。

または当社営業にこっそりご相談ください(笑)。

弊社は建築士事務所ですので、間取りは宝ですのでホームページやチラシに掲載はたぶん今後もしません。ご了承くださいませ。


見学会に戻りまして、ポイントの2つ目は2階のファミリーホールです。

気合の入った造作家具が盛りだくさん。

特に造作が上手な大工さんに担当して頂いております。

いつも本棚やちょっとしたカウンターも美しく仕上げてくださる大工さん、すごいです。

今回は家族みんなが並んでお勉強できる広いカウンターに造作本棚、そして天井には??写真のすごい造作が展開します。

うんてい工事中.jpg
工事中の様子をちらっとお見せしますね♪

まだ仕上がりを私も見ていませんが、写真でもこの存在感。

構造上も検討されています。用途がちょっと重量がかかりそうなので・・・。

天井の上にある梁に直結しているので少々の重さは大丈夫なのだとか…すごいですよね。

天井の仕上げが入って全体の雰囲気が分かると更に素敵だと思います。

写真は工事中の様子ですので素材感がそのままですが、仕上げにクリア塗装をするそうです。


最後になりましたが、こちらのお宅は屋上付き住宅『そらの家』となっております。

岩切分譲宅地では2棟目の『そらの家』ですが、こちらの立地、展望が抜群なのです。

近くに新幹線の架橋もあり、遠くには仙台港や仙台市街も見渡せます。

自慢の金属防水で屋根の代わりとしての防水機能も申し分ないのですが、防火にも優れ、手入れも割と簡単です。

使い道は盛りだくさんの屋上庭園、こちらも体験して欲しいと思います。


さてさて、ついつい熱が入って長くなってしまいましたが、弊社ホームページのイベント情報に予約サイトを掲載いたしますので、気になった方は今すぐご予約をお願い致します。

コロナ禍の開催について、昨年からイベントは完全予約制にさせて頂いております。

早く自由にみんなが集まれる世の中になるとよいのですが、それまでは万が一に備え、人数を制限してご入場して頂くようになりますので、大変お手数ですがご協力をお願い致します。

ご予約はもちろんお電話でも承っておりますので、022-779-5327へお電話いただき、ご氏名お連絡先と日時のご希望をお伝えいただければと存じます。

コロナに負けず、でも十分に注意はしつつ、弊社もたくましく頑張ってまいりますので、ぜひご参加の程、ご検討くださいませ。

それでは、また。

posted by 東武ハウジング at 13:50| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする

2021年08月18日

おうちづくりは誰の為にするのでしょうか?

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日はいいお話を聞いて感動したので皆様にシェアを。

ずばり「家づくりの目的」についてです。

haha.jpg

これから家を建てる方、すでに家を建てた方に問います。

「あなたが家を建てるのは誰の為ですか?」

すでに建てた方は「誰の為に建てましたか?」

読み進む前に一度考えて答えを出してみてください。

----

答えは出たでしょうか。

一家の長であるご主人様なら妻や子供たちの為というのが多いでしょうか。

奥様でしたら子供たちを伸び伸びと育てるためかもしれません。

さらに考えてみて頂きたいのですが、もし子供の頃、一軒家に住んでいたとして(マンションでもよいですが)、あなたの親御さんは誰の為に家を建てた(買った)のでしょうか。

そう思うと親への感謝の気持ちがあふれてきませんか?


弊社で家を建てるお客様も私より年下の方が多いです。

30代や20代で家を建てようとする意欲、意気込み、本当に素晴らしいです。

建売住宅でも普通の買い物という感覚とは違うと思いますが、注文住宅は自分たちですべての材料を選ぶことができます。

結婚式の準備を2人で試行錯誤するのに似ていると思いますが、私の実感で20倍くらいの容量があると思います(^-^;もっとかな?


たくさん決めることや選ぶことがあるので大変な道のりですが、そんな時にも今一度「誰の為の家づくりなのか?」つまり原点に帰ると温かい気持ちを思い出して、ゴールまで頑張れるように思います。


またお盆は過ぎてしまいましたが、この機会に親御様への感謝を伝えたり、親世代の家づくりの思い出話を聞いたりするのも良いと思います。

ついつい家づくりは性能と金額と設備と…などと物理的なお話が多くなってしまいます。

弊社もスムーズにたくさんのことを決定していくために、お打合せではどうしても物理的なお話ばかりです。

もしこのブログが目に留まりましたら、ぜひ本来の目的を思い出して頂きたいなと思います。

----

余談ですが、私はこのお話を聞いた時にもし家を建てるなら「自分の為」に他ならないなと思いました。

でもこれは私の考え方の癖のようなもので、そもそも「人のため」という考えを持っていないのですね。

「子供が健やかに育つようにと願っている自分の為」「主人が快適に暮らせるようにと思っている自分のため」

誰の為、という概念にはその人のためを思っている自分自身の為というさらに奥の心理が働いています。

そこまで理解していると人の為を思ってやったのに…という残念な思いや見返りを求める気持ちが生まれないので健全なメンタルを保てます。

結果がうまくいかなくても「相手に喜んでほしかったけれどうまくいかなかった」という事実だけを受け止めて相手を責めることがないので自分が楽です。

この辺の考え方は年の功というか色々悩んで生きてきた成果ですが(笑)、誰かのためを思って頑張っている自分を認めておいた方がより温かい気持ちになれると思います。


「家族の笑顔を見たい自分の為に」皆様が家づくりを成功されますように。

そんなお客様に笑顔で喜んでいただけるように私たちもますます頑張ります!!!

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 14:16| Comment(0) | 私の思うことあれこれ | 更新情報をチェックする

2021年08月12日

掃き出し窓の大きさと家具等の搬入

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日くらいからお盆休みや夏休みを取られる方も多いでしょうか?

今どきはお盆だからと言ってそこに休みが集中するわけではなさそうですが(^-^; 

私は個人的に明日からお休みをいただくので、せっかくだからお墓参りしてこようかなと画策中です。

昨日からぐっと涼しくなり、なんだか急に毎日雨予報で梅雨に戻ったかのようですが、皆様風邪などひかないように気を付けてお過ごしくださいね。

私もせっかくのお休みに風邪をひかないよう気を付けます!!


さて今日は、弊社で家具キャンペーン対象のお客様との家具選びが始まったこともあり、意外と気が付かない搬入の注意点などをお伝えしようと思いました。

2年ほど前に自宅のソファを買い替えたときにこのことに気が付きまして。その時の記事はこちら。

春の模様替え~ソファの耐久年数と交換~

お読みいただくとわかるのですが、最初に欲しいと思ったソファは搬入経路の幅が最低87㎝必要だと言われました。

そふぁ.jpg
これ。今見てもいいなと思う(笑)。

我が家はマンションで、リビングに到達するためには必ず室内ドアを通さないといけなかったので、搬入できなかった筈です。

一戸建てのおうちでは、リビングは1階にあり、掃き出し窓を付けることが多いので、基本的には大丈夫ですが、掃き出し窓の寸法についても少し注意が必要かなと思います。

例えば前回のブログで登場したこちらの間取り。

1階 平面図tori.jpg
都合により1階部分だけです。

LDKの窓はこれで幅が1600㎜程度です。

ちょうど一間(いっけん。建物の単位で1820㎜です。)に収まるサイズでとても良く使われます。

ちなみに南側でなく西側の引違いマークの窓ですよ(^⁻^)♭

LDKの西側2間の真ん中に入れています。

この形の家でこの寸法だと両側に耐力壁が入る為にどうしてもこのサイズがマックスになります。

この窓だと片側を開けたときの開口部は70㎝くらいなので、やはり搬入に87㎝必要な家具は普通に開けただけでは入らないのです。

でも大丈夫!

なぜなら窓を外せばいいからです。

窓は基本的に枠から取り外すことができます。(可動部分だけのことが多いです。また、外した窓は重量があり、もちろんガラスは割れるものなので注意が必要です!)

弊社で使っているYKKの窓は「はずし止め」という簡単に外れないためのロックがありますが、手順に沿ってドライバーを使えば外すことができます。

なので最大で160㎝までは搬入することができる、ということですね。

ソファは過去記事に書いたように省スペースで搬入できるものもたくさんありますが、グランドピアノなど大きなものは事前に搬入経路を作っておく必要がありますね。


ちょっと気を付けたほうが良いのは掃き出し窓がない場合や2階リビングの場合。

家具や大型家電(冷蔵庫など)についても搬入経路は抑えておいた方が良いですね。

2階リビングは光を取り入れやすく、道路からの視線も入らないのでとっても素敵ですが、冷蔵庫や家具の搬入などは階段を運ぶので大変です。

業者さんなら割増料金になる場合もあるかと思います。

昔は2階のバルコニーからタンスなどを搬入するお引越しも良くありましたが、いまはタンスを持ち運ぶこともあまりなくなったのでお目にかからなくなりましたね(^-^;

若い人にはわからないかも?

せいぜい大きいものはやはりソファでしょうか?

こだわりの家具を使いたい方には、この辺もぜひ頭の片隅に入れておいてくださいませ。

ちなみに弊社では、リビングの掃き出し窓は極力2250㎜幅にするよう言われています。

これだと片側を開けただけで1m開口ができるので何かと便利です。

その上の2560㎜という大きさが2枚引違いのマックスですが、これを使うことも多いです。

これは社長のこだわりで、どちらかというとリビングの開放感の問題のようですよ。

私もずいぶん前に建てられたお客様のおうちに伺った際に「窓が大きいのが気に入っている」とおっしゃっていました。

とはいえ、掲載した間取のように構造上幅が取れないこともあるので、1600㎜幅も結構使うのですが。

最近は掃き出し窓のないお宅も多いのですが、気密性などはその方が上がるのですが、…それでも大きな窓は使っていきたいなと思っています。

それでは、今日はこの辺で。


そういえばこの間ラジオで「コロナで帰省自粛でもご先祖さまは帰ってくる」というお便りを読んでいてクスッとしました。

お盆なんてもうあまり若い方には馴染みない行事になりつつありますが、死んだ祖先の霊がおうちに帰ってくると言われていますね。

私も年に一度くらい亡くなった方をしのび、昔を懐かしむのもよいのかなと思うようになりました(年を取ったということですね)。

なかなか帰省もしづらい世の中ですが、心だけご実家に向けて、亡くなった懐かしい方がいたら手を合わせて思い出してみるだけでもいいのかなと思います。

皆様もぜひ有意義なお盆期間をお過ごしくださいませ。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:33| Comment(0) | インテリアコーディネート | 更新情報をチェックする