2018年04月27日

そうだ!家を建てよう!!と思ったら最初にすることは?

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日で4月も残り3日!!!早いです。怒涛の4月でした(^-^;;

年を取るとだんだん日常が記憶に残らなくなっていきますね(笑)。

たくさんの業務に半ば追われながら(笑)、家事や子育てをコンスタントにこなしながら、それでも早朝に走ったり自分の時間を確保しているし、新しく出会えたお客様に良い刺激をもらえたり素敵な4月でした(^-^)/

人生の良し悪しは結局、今日という日を精いっぱい生きることだ。

そして視点を幸せな方に向けることができるかどうかだ。

ということを理解できるくらいいい歳になりました。

来年40歳♪でもまだ人生半ばなんだろうな~~。

だからまだまだいろんな意味で成長が必要だし、まだまだ伸びる部分もあるだろうと思います。

433097.png

さて今日は、見学会にいらしたお客様とお話をさせて頂く中で、おうちが欲しい方がいちばん最初にすることは何だろう?ということを改めて考えてみました。

東武ハウジングでは、昨年くらいから見学会といえばほぼ、注文住宅の見学会です。

来て頂いた方のアンケートなどを集計しますと、やはり皆さん注文住宅に興味があるから来ている。

当たり前ですが(笑)。


まずは自分たちがどういう生活をしていきたいかというイメージが大事ですよね♭

なるべく街中で便利にマンション生活がいいのか、少し郊外になっても戸建住宅がいいのか?

もちろん、当面頭金ができるまで…やあるいは一生賃貸アパートでもいいわけです。

面倒な不動産の売買をしたり、ローンを支払い続けたりするのより気楽♪という方も多いですよね。

すでに建ててから売っている分譲住宅や建売住宅も条件が合えば、便利な選択となるでしょう。


この辺のメリット・デメリットについてはまた次回にでもまとめてみたいと思いますが、この生活のイメージと同時に大切なのが、「資金計画」だと思います。

つまり、おうちを購入するお金をどのように工面するか?です。

今は超が付くほどの低金利ですし、職業や収入によってはいい条件で諸費用まで全額借りることが可能です。

なので、住宅ローンの事前審査を受けてみればだいたい自分がどのくらい借りられて、毎月いくらずつ返せばいいのかを把握できます。

実際の金融機関の事前審査では、購入する土地と建物も審査されるので当社のような住宅会社を経由するのが楽チンですが、そこまではという方はまずWEB上のシュミレーションなどでも十分かと思います。

そうするとだいたいの予算が決まりますよね。

その中で、マンションならどれくらいのものを買えるのか、戸建なら建売住宅ならどの辺の立地で買えるのか?といったことをフリーペーパーのスーモでも持ってきてざっくり把握してみるといいと思います。


誰でも夢は駅近くの広めの土地に注文住宅で自分たちの生活に合わせた素敵な戸建を建てて住みたい♪と思うでしょうけど、資金面での現実を一旦把握して夢と現実のバランスを計りましょう。

夢を描くのは本当に素晴らしいことですし、もちろん必要なことなのですが、やはりそれだけではダメです。

地に足を付けたしっかりした計画があってこそ、夢もかなう訳です。

もちろんすでに夢が手中の範囲内にある方は別ですが、一般的にまだお若くてこれから家族を養っていこうという世代の方は特にしっかりした資金計画を立てましょう。


そこで有効なのがよく保険屋さんなどが作ってくれる「ライフプランニング表」に年間の収支を合わせたもの。

ファイナンシャルプランニングの手法なのですが、住宅会社ではこれを提示してくれる場合もあります。

私もご依頼があれば喜んで作りますが、貯蓄額や年収を把握する必要があるので他人に開示するのに抵抗があるかもしれません。

2年以上前にこのライフプランニング表を作ろうという記事を書いてますので、参考にしてみてくださいね♪

ライフプランニングしてみましょう~その2

その1からその3までの続きものですが、その1はあまり中身がなかったので2と3をお読みいただけると嬉しいです(^-^;


で、結論ですが、家を建てるためには資金計画で、そのためにライフプランニングで、じゃあ誰でも今すぐその表ができるかというと…正確につくる為にはご家庭の収支がはっきりしていないといけないのです。

つまり、ライフプランニング表をつくる為には家計簿をつけることが必要。

案外、月々の支出というのはご家庭によって様々なものなのです。

家族構成が違うことを思えば当たり前だと思いますが。

もちろん概算でお作りすることもできますが、それだとせっかくの計画も精度が悪くなってしまいますよね?

なので、資金面の計画なんて立てなくても家1件くらい余裕!という方は別ですが、まずは家計簿をつけて収支の把握をすることから始めましょう。

ちょっと長い道のりに感じるかもしれませんが大丈夫。

漠然と土地を買って~~、建物はどこで建てるか~~と考えている方はたくさんいますが実現している方は半数くらいでしょうか。

まずは「マイホームを建てる」という目標の為に家計簿をつけてみる。

この1歩を踏み出したことで、目標に向けて1歩近づくことになります。

家を持っても固定資産税がかかったり光熱費が上がったりと家計を圧迫することはありますが、それに備えることもできますのでぜひ習慣にしてほしいです。

それでは、今日はおうちが欲しい方は家計簿をつけることから始めよう♪の記事でした。


宮城県にお住まいで具体的な資金計画をご希望の方は東武ハウジングでも、お手伝いしていますよ♪

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:43| Comment(0) | 不動産とお金の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください