2018年06月29日

住宅ローンの借り換えについて~借り換えで損をしない金利差は?~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

6月が間もなく終わりますね。

平成30年、半分終わりますよ!!(笑)

今年の目標の進捗を確認するのにいい時期です。

本来なら達成率50%以上が理想ですけど、大らかに構えて着手していたらO.K.ということにしよう♪

私は例年3本立てで目標を立てていますが、着手率は100%です♪

達成率は20~30%ですが(^-^; 

だいたい着手さえすれば期間が過ぎても成功することが多いことを知っています。

目標到達はしていないけど、やらないよりはやった方が良い結果が出ることも多々。

会社はもちろん年度の目標をもって方針を決めていくものですが、個人でも目標管理をするのは人生の質をするために大切です。

無理に将来を見据えなくてもいいのです。

特に女性は日常を丁寧に生きたり、ちょっとした贅沢をしたりで満足感を得やすいそうです。

一日一日を大切に過ごすこと、目の前の問題にとらわれ過ぎないためにも1年くらいのスパンの目標を持っていると生きやすいと感じます。


さて本題。

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_m.jpg

今日はすでに住宅ローンを組んで月々の返済を行っている方向けの記事になります。

住宅ローンの借り換えはどのタイミングですればよいのでしょうか?

私もこちらの会社にお世話になってもうすぐ3年。

これまでなじみのなかった住宅ローンについてもずいぶん知識を蓄えてきました。

その中でもいつも気がかりなことが、当社でも変動金利で住宅ローンを組んでいる方がいるので、あまり金利が上がらないといいな…、というもの。


ここ3年の間にすでにゼロ金利と言われる時代だったところからマイナス金利になりました!!

その間に住宅ローンを組まれた方はある意味ラッキーだと思います。

金利が安いですから、基本的に利息をたくさん支払わなくて済みますね。

ただ、フラット35など長期固定金利の商品なら良いのですが、変動金利の商品や5年・10年の短期固定で後は変動金利になる商品の場合、あまり金利が上がると返済額にも影響が出てしまいます。


逆に高い金利ですでに住宅ローンを組まれている方は、もうこのタイミングで借り換えをした方がいいのではないかと思います。

借り換えをしても損をしない金利差は昔は1%と言われていたそうです。

でも今は借り換えにかかる諸費用も安くなっているので0.3%の金利差があれば損をしないと言われています。

ネット銀行はもちろん、窓口のある銀行の商品でも0.4%台の商品もありますので、現在の金利が2%以上の場合は借り換えを検討したほうがいいと思われます。

このときの注意点は、2%以上でも長期固定金利の場合は毎月の支払いが家計を圧迫しているのでなければそのままでも良いかもしれません。

変動金利にしてしまうと将来的に一気に金利が上昇することもあるので、一時的に返済は少なくなりますがリスクを負うことになるからです。

後は残金が少なすぎると借り換えができない場合もありますので、目安としては残金が1000万円以上、期間が10年以上だと言われています。


一度組んでしまった住宅ローンは、今金利も低く支払額が抑えられていれば見直すことが少ないかもしれませんね。

でもまだ何千万も残っていて金利が高い場合、借り換えで数百万円お得になる場合もあります。

せっかくのマイナス金利、上手に利用したいところです。

長期固定金利で組んでいるけど金利が高いという場合は、残金と期間・あとは貯蓄等のバランスを見て上手に借り換えましょう。


先にも書きましたが、変動金利の商品にはリスクがあります。

リスクをとって返済額が本当に下がるかどうかは全部返済しないとわからないというちょっとギャンブルな所があります。

金利の話をするときにいつも書いているのは、変動金利の住宅ローンを組む方は固定金利商品との差額分を貯蓄しておきましょう!です。

固定金利の方が当然金利が高いので同じ金額を借り入れた時に返済額が高くなります。

でもそれはずーっと同じ返済額と決まっているので安心料みたいなところがあります。

変動金利は今は特に安い金利で返済額を抑えることができていますが、いつまで続くかは分かりません。

金利上昇のリスクに備えるため、なるべく手持ちの現金を増やしておいて、金利が高くなったら状況を見て繰り上げ返済をするのです。


なのですでにフラット35を組んでいる方は、残金が半分以下とかで貯蓄が十分にあり、更に金利が高いようなら借り換え時と言えるでしょう。

住宅ローンの借り換えはネット銀行のWEBページやもちろん銀行窓口でもご相談・試算ができますので、しっかり確認して納得してから行ってください。

借りっぱなしはもったいないかもしれませんよ?

ぜひ、見直しだけでも定期的に行うようにしましょう。

それでは、また。

これから住宅ローンを組んで家を建てたい方は、東武ハウジングでもご相談承っております♪♪



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 14:03| Comment(0) | 不動産とお金の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください