2018年07月10日

西日本豪雨へのお見舞いとハザードマップの見直し

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

西日本では大きな洪水が起こり、多くの犠牲者が出ていますね。

被害にあわれた方に謹んでお見舞いを申し上げます。

まだまだ復旧のめどが立つレベルではないと思いますが、どうか強く、今日一日を生き抜いてほしいと思います。

もう一日、もう一日と。辛い時期は先のことは考えずに足元だけを見て、今日できることだけをできる範囲で、です。

先日大阪で震災があったばかりなのに、自然災害が猛威を振るっていて驚きました。

東日本大震災で私も少しトラウマがあるのでそのせいかもしれませんが、何十年に一度の災害がここ何年かでたくさん起こっているように感じます。

人生のサイクル、自然のサイクル、様々なものにはサイクルがあるので、今は少し、日本は大変なことが重なっている時期なのかもしれません。

嘆いていても仕方がないので、いつも通り自分にできることをしていこうと思います。

49ccb0e00f1a16d9f70a9cd4385314c6_l.jpg

今回の豪雨では、想定外の雨量に一気に河川が決壊してしまったようです。

一気に水が押し寄せて逃げる猶予がなかった、と現地の方がおっしゃっているのをニュースで見ました。


近年、大気の不安定な状態が多く、ゲリラ豪雨も夏中起きる感じです。

今回は梅雨前線の影響が大きかったとはいえ、いつ何時、どこで起きるかがわからないのが難しいなと思いました。

不動産という仕事柄、地域のハザードマップはよく見ているほうだと思いますが、河川や海から離れている場合に浸水想定区域であってもあまり気にしていなかったように思います。

これまでお引渡しした土地の中にも浸水想定区域が0.5m未満のエリアはあったのですが、東日本大震災でも津波が来なかったから逆に安全かな?という認識が正直ありました。

もちろん重要事項説明をする場合にはハザードマップを添えてご説明するのですが、もうちょっと危機感を持つべきだったかなと。

0.5m未満のエリアであっても浸水想定区域に指定されている土地というのは河川や海に近いか、標高が低いのです。

近くに川などがなくても、標高の低い土地は急激な雨により洪水が起きる可能性があるということ。

もうちょっとシビアに土地を判断しないといけないなと思いました。

タウンページ.jpg

今日はまた仙台市内のハザードマップを確認してみましたが、意外と浸水想定区域は広くあります。

これまで会社の売買する土地にばかり注目してきましたが、よく考えたら自分の住んでいる場所も広瀬川に近いです。

雨量が多い時には携帯電話に警報メールが届いてびっくりするのです。

大地震の時などと違って雨の時の避難警報はすでに外が大雨の場合が多く、慌てて逃げようという気にならないのですよね。

ニュースでは垂直避難という言葉もよく聞かれますが、具体的に自分の家の周りで高い場所はどこなのか?は避難場所とともに確認しておきたいです。


また、何かあったときにどこに避難するかを家族で周知しておくことも大事です。

子供が通っている小学校があれば、そこが避難場所になっている場合も多いですし適当かもしれません。

我が家もすぐそばの少し高いところに小学校があるので、何かあって家にいられないときにはそこにいることを一度示し合わせておかないといけないですね。

また、子供は小さいうちは近くの大人の指示に従うこと、小学生なったら避難所などを教えておくということが必要だなと改めて思いました。


夏場は台風や雨による被害が想定されます。どこに住んでいるかにかかわらず、一度これを機に確認してみましょうね。


西日本は猛暑による二次被害も心配されます。

非難されている方は本当に自分の体を第一に、気を付けてお過ごしくださいませ。

災害が起きると自分一人の無力さを感じるとともに、私は復興していく過程で人間の強さを知った気がします。

今は大変な時ですが、時間とともに元の平和な街と皆様の生活が戻りますように!!

最速で復興していけるよう支援していきたいです。


遠方の私にできるのはできる限りの募金とかその程度なのですが、、、。

それでも震災の時にそのありがたさが身に染みているので、できることをやる、というのはそういうことす。

今日は西日本豪雨から学び、皆様がもう一度身近なところ、ハザードマップや避難所の見直しをされるきっかけになればいいなと思い、本日の記事でした。

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 14:51| Comment(0) | 不動産にまつわるいろいろな情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください