2018年11月13日

和室あれこれ♪~小上がりと段差なしタイプどちらがいい?

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日は快晴で冬晴れが気持ち良い仙台です。

昨日は朝から鉛色の空がずっと続いていまして「冬が来たな。」と実感しました。

西高東低で冬は晴れて乾燥する仙台ですが、曇っていると独特の薄明るい灰色になり私はずっと「鉛色」と呼んでいます。(^-^;一般的かはわかりません; 

皆様もう暖房関係の準備は万端でしょうか?

こうなってくると東北は急に寒くなります。しっかり防寒して暖かく、楽しい冬を過ごしましょうね♪♪


さてさて、今日はおうちの中で意外と存在感を発揮する『和室』をクローズアップしていきたいと思います。

以前にも1階にLDKと和室があり、2階に子供部屋や寝室を洋室にした間取りが人気と書いたことがあります。

ずいぶん前なので、私もこちらのお仕事を始めたばかりで一般的なファミリー向けのおうちはだいたい和室ありの4LDKか和室なしの3LDKが多い、と思っていました。

もちろん今もファミリー向けマンションや建売住宅など、ターゲットをご家族にして作られているものはこの辺りで占められていて、たまに和室なしで4~5LDKとかだと珍しいなという印象です。

しかし私もこちらに来てかれこれ3年。

だんだんといろいろな建物に興味を持つようになり、特に設計士が関わって作った住宅は多彩なバリエーションがあって既成概念を覆していくのが面白いなということも学びました。

狭小地に立つ3階建てですべての階がワンフロア~とか、デザイナーズマンションなどで不思議な形態のものもあります。

万人向けではないのかもしれませんが、家はご家族それぞれの住みやすさを優先するものなので、いろんな形があっていいのだと思います。


そんな中で、注目するのが本日のテーマ『和室』。

使い道としては客間・寝室・こたつを置く・子供が小さいときの育児部屋・洗濯物を畳んだりする家事部屋・ストレッチや簡単なトレーニング部屋(笑)などが思いつきます。

最後のは完全に私の主観なのですが、ストレッチとか少し体を伸ばすのって日常の中で大事だと思うのですが、フローリングの上だと冷たいのです(^-^;アタリマエ 

で、ヨガマットをひいてやればいいのですが、いちいちひく手間が面倒でやらなくなったりするのです。

だから私は和室が欲しい!!!と心から思っています(笑)。本心です。2畳でいい(>-<)


人に比べると特殊な事情かもしれませんが、おうちづくりってこういうところが大切と思うのですよ。

誰にでも習慣があって、良い習慣ならそれを助けるようなおうちにしていきたいですよね。


そこでようやく、今日はフローリングとフラットにつながっている和室がいいのか、小上がりの方がいいのかを検証してみたいと思います。

和室.jpg

小上がりというのは40㎝程度の高さに和室を設けることです。

【小上がりのメリット】

・下部に収納を設けることができる。大容量の収納にすることも可能。

・段差に腰掛けられる。(椅子の代わりとしてたくさんの人が座れます。)

・高さの違いが生まれ空間にメリハリができる。

・掘りごたつを作りやすい(収納と両方は難しいかもしれませんが)。

・中にいると目線が高くなり、位置によっては部屋を見渡せるなど、居心地の良い空間に。

【小上がりのデメリット】

・段差があるので落下の危険性(特に小さい子供は危ないです。)

・天井が低くなるので多少、圧迫感が出る。(背の高い人はいやかも)

・空間に凸凹ができるので設置場所に気をつけないとぶつかることも。

・入るのに段差があるので躓かないように注意が必要。


【フラット和室のメリット】

・なんといっても段差がなく出入りしやすい。躓かない。

・LDKと続き間にすると大空間に見える。

・床の間や押入などの収納は高さを生かせる。

・天井が高くとれて圧迫感がない。

【フラット和室のデメリット】

・掘りごたつや畳下収納は難しい。


思いつくメリット・デメリットを上げてみました。

東武ハウジングで先月完工したおうちではキッチンわきに小上がりがあってとても素敵だったので、クボは少し小上がりに傾いています(笑)。

小上がりの段差をベンチ代わりにしてダイニングテーブルを置くインテリアプランもありますね(^-^)♭

なんか特別感が出ていいなと。


メリットとデメリットを比べると掘りごたつや大きな下部収納が必要でなければ、フラットなタイプがいいのかな?とは思いますがね。

そもそも和室が必要かどうか、ということも住む人によるものなので、そこもよくご検討いただき、欲しい!となったら小上がりという選択肢もありますよ?という記事でした。

せっかくあるけど、子供が大きくなったら和室は使わないというお宅も多いかと思います。

なければその分リビングやほかのお部屋が広くなったりもできるので、どのくらい使うのか?は本当に検討が必要ですね。

今日は最近少~し少なくなっている『和室』を取り上げてみました。

私は本当に和室が好きなんですけど、確かに畳に直接座るのは足が痛くなるし…。

だからおうちの中に少しだけ残していきたいというのが、今の流れのようです♪

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 11:48| Comment(0) | インテリアコーディネート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください