2019年01月18日

住宅ローンは早めに組んだ方がお得になる??~ライフシミュレーションの続き~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今週は天気が良く乾燥続きの仙台です。

って外見たら雪がちらついていますが、晴れているので積もらないやつです。

日本海側や北海道ではまとまった積雪の予報ですのでご注意してお過ごしくださいね。

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_m.jpg

さて今日は、先週つぶやいてしまった「住宅ローンは若いうちに組んだ方がお得♪」の責任を取るべく記事にしたいと思います。

前々回の記事

資金計画の基本はライフシミュレーション

こちらの記事の続きなのですが、この時紹介したものよりいいシミュレーションがあったのでリンクします。

FP協会のライフシミュレーション
https://www.jafp.or.jp/know/lifeplan/simulation/

FP協会はファイナンシャルプランナーの協会でFP(ファイナンシャルプランナーの略)の育成や研修会などを実施している組織です。

FPの資格は2通りあってクボは別の組織で取得した為在籍はしていませんが(^-^; そういえばご案内は頂いていたけど(笑)。


こちらのライフシミュレーションは家賃の項目もあり、生活費なども少し細かい設定ができるためより具体的になりました。

私も試しにやってみましたが、今回は貯蓄額マイナスにならなかったです(笑)、よかった♪

日本平均に比べて東北はやはり給与等の収入が少なめですが、支出も割と抑えやすいため収入だけ手入力で支出が自動算出だと分が悪いみたいです(個人の感想です笑)。


FP協会のシミュレーションは毎月の生活費の入力項目があったのでより具体的に算出されます。

ここで大事なのはやはり、毎月の支出額をしっかり把握すること!!

多少面倒とは思いますが、まずは2~3ヶ月だけでもしっかり家計簿をつけて生活費の水準を決めておきましょう。

これが資金計画にも節約にもつながります。


家計簿といっても堅苦しく考えなくていいのです。

いいフリーアプリがたくさんあります。

私はエクセルが得意なのでここ10年くらいパソコン入力していますが、今からやるならアプリが絶対便利と思います。


ちょっとそれてきましたので修正して、今日は住宅ローンは何歳の時に組むのが効果的でいいのか??という視点で考えてみましょう。

まず何歳まで住宅ローンを組めるかを考えると多くの金融機関でご契約年齢が20~70歳程度、完済年齢80歳までとなっています。

完済年齢については団体信用生命保険(以下省略して団信)への加入が80歳まで可能なためです。

団信って何?というときはこちらの過去記事をお読みください♪

住宅ローンを組むときは団信に加入しましょう


住宅ローンの返済は任意の年数で最大35年返済まで選ぶことができます。が、借入金額が数千万円と大きくなるので10年とかで返すのは大変です。

もちろん借入金額によりますが。

若い方なら35年ローンを組んで家賃並みの返済額で済むというのが「若いうちがお得」の1つの理由です。

80歳まで35年で返済と考えると、35年ローンを組める上限は45歳です。

ただ、今は65歳まで現役世代、更に70歳まで働ける!と言ってもやはり定額支出になりますのでできれば65歳くらいまでに完済できた方がいいですよね。

そうすると30代前半で組めるのがやはりベストかなと思います。

またなるべく早く20代後半くらいで住宅ローンを組むメリットとしては、若いうちは返済が大変かもしれませんが、完済が早いので50代からの収入を老後の資金に回すことができます。

これはライフシミュレーション全体でみるととても大きなメリットです。

ただこの時注意してほしいのはお子様がいらっしゃる場合にお子様が18歳以降に大きな支出(大学や専門学校等の学費、生活費)が発生することになるので、そこで貯蓄額が底をつかないように調整する必要があります。

お子様が複数人いて重なる場合もありますよね?そこでライフシミュレーションという考え方が大切になるのです。

FP協会のシミュレーションでも、年齢ごとの貯蓄額が出ますのでどのタイミングで購入するのがいいのか、子供たちが大きくなるまでに教育資金としていくら貯蓄があればいいのかを割り出せます。

が、前回同様シミュレーションはあくまで参考、ざっくりした内容なのでおうちを建てたい方は一度FPに相談するのは良い手段ですよ♪


そこでいいことを考えたのですが(^-^)♭ 

東武ハウジングでおうちを検討されている方で個別のライフシミュレーションが欲しいという方はクボが作成しますのでメールでお問合せ下さい。

内容を具体的にするため「貯蓄額・年収・月の生活費・ご家族構成」等それに付随する内容をメールでヒアリングさせて頂きますが、伺った内容は当然「守秘義務」を守りますし、「シミュレーションつくったから今すぐおうち建ててください!」とかは言いません(笑)。

クボは土日お休みを頂いていますので作成とご返信は平日にメールでお送りさせて頂きますが、それでもいいよ!という方はお気軽にどうぞ。

kubo@tobuhousing.co.jp へ「ライフシミュレーション希望」と(ご氏名・ご住所・電話番号)をご記入の上お気軽にメールしてくださいませ。

ヒアリングの内容をご返信させて頂き、ご回答の後エクセルで作成した個別のシミュレーションをお送りします。

宣伝含め、長くなりました。


住宅ローンの返済は長丁場ですので、ぜひ早めに検討して有利に支払っていきたいですよね。

今日は早いとお得♪についてピックアップしましたが、頭金をためて一気に短期決戦で!のメリットもまた今度記事にしたいと思います(そうしてどんどん続いていく^-^)。

それでは、また。

東武ハウジング工事部のブログ、着々と更新されていますので是非チェックしてください♪



ホームページはこちらから。




posted by 東武ハウジング at 14:29| Comment(0) | 不動産とお金の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください