2019年02月15日

住宅ローンは35年以上でも組める~超長期返済商品とフラット50~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

昨日はまた娘が風邪をひいたようで小児科を受診しました。

1月後半に行ったときには混んでいてインフルエンザの患者さんも多数でしたが、昨日はすいていてピークを過ぎたんだなと安心。

娘も熱は下がって今日は食欲も戻ったようで一安心です。

保育所はお休みして家族に面倒を見てもらっています。

家族の健康がいちばん大事なので、母業も頑張っていきたいです。

娘が元気でいてくれるから、私も仕事ができるのだということをたまに思い出させてくれる。

病気も風邪程度なら、やはりたまには必要なのかもしれないですね。

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_m.jpg

さて今日は、最近住宅ローン関連の記事を多く書いていて敏感になっているのか、気になった広告があったので皆様にもシェアしたいと思います。

我が家にはよく住宅関連のチラシがポスティングされるのでチェックしているのですが(笑)、面白いのを見つけました。


建売住宅の広告で価格3500万円だったのですが、住宅ローン返済例が月々約65,000円というのを見ました。

感覚的に「安いな。」と思い、金利を見たら0.6%。変動金利ではよくある例でした。

あれ?と思って条件をよく確認するとなんと「40年返済」だったのです(^-^;ナルホドー;


住宅ローンの返済例は35年が多いので、なんとなく35年が最長なのかと勘違いしやすいですが、今は超長期返済の商品が金融機関でもあるのですね。

そこで、ちょっと調べてみたのですが、最長の住宅ローンは住宅金融支援機構で出している【フラット50】ではないかと。

なんと50年返済です。金利は一番安いもので1.69%。

長期固定金利で返済額がずーっと一定、の割には安い感覚があります。

ただし、条件は色々あって建物は長期優良住宅の新築であること、年齢は44歳までなど他にも特殊な条件があります。

なんせ50年かけて返済するのですから、建物が50年持つのか?や支払う人が50年後いくつになるのか?を考えれば当然の条件とも言えます。

35年で返すところを50年で返すのですから、当然月々の支払額が抑えられて、安定して返済できるところが魅力です。

ただ、50年お金を借り続けるわけですから、当然利息は大きくなります。


そもそも【フラット35】よりも借り入れの金利が高くなります。

まあフラットの場合は50年ずーっと一定だから今は超低金利時代なので実はお得にマイホームが手に入れられる気もしますが、変動金利で50年はどうなの?が正直な感想。

まず変動金利で50年返済の商品があるかはわかりませんが、先述の40年の商品は実際に存在しているわけです。

20年後の金利は誰にもわからないですから、超低金利時代が終わって万が一金利上昇していったらどうなるのでしょう?

軽く恐ろしい気がします。

35年でも長期で変動金利ローンを組まれる方は、金利の動向をよく見てあまり細かい繰り上げ返済はせずに貯蓄を増やすようにしてください。

低金利のうちはそのままにして、金利が上昇した時に一気に繰り上げ返済ができるように準備した方がいいです。

細かく繰り上げ返済をして手元に現金を残していないと、急な金利上昇に対応できなくなる恐れがあるので注意してくださいね。


ちなみに、仮に0.6%の低い金利が40年間ずっと続くとして、3500万円を35年または40年で借りた場合の返済額等はこうなります。

<35年の場合> 金利0.6%で計算

月々の返済額  92,410円

返済総額  38,812,247円

利息総額   3,812,247円  約380万円


<40年の場合> 金利0.6%で計算

月々の返済額  82,034円

返済総額  39,376,546円

利息総額   4,376,546円  約430万円


金利0.6%は35年返済でも相当条件がいいと思いますし、実際に変動金利なので40年そのままはあり得ないのですが、試算だと思って見てくださいね。

5年間の違いで50万円多く払うことになります。

実際は期間が短いほうが金利も安くなりますから、更に差は大きくなるでしょう。


あれ、40年のは月65,000円じゃないの?と思われたかもしれませんが、広告をよく見ましたら、「ボーナス払い10万円・年2回」も条件に入っていましたのでこの分で調整されているようです(^-^; 

うーん、私も会社のチラシを作っていますので目安として返済額を使うこともありますが、やりようによってはいくらでも安くできるということですね??それもどうなのかな~~、と勉強になったチラシでした。

住宅ローンの条件は借入する方のお仕事や年収、勤続年数などによって変わるのです。

月々65,000円で買えるなら、と思って期待させて結局住宅ローンが通らない、ということにならないように配慮が必要かなと思います。


今日は35年以上の住宅ローンについてのご紹介でした。

大きな買い物のマイホーム、よく検討して無理のない住宅ローン選択がとても大事です。

月々の返済額のみに惑わされずに全体の条件をよく考えて選びましょうね!

それでは、また。


東武ハウジング工事部のブログはこちらから。



東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:21| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください