2019年03月25日

春の模様替え~ソファの耐久年数と交換~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日は暖かな春の陽気です♪

学校なども春休みになって、仙台でもあと1週間くらいで桜が咲くらしいです。

週末は雪が舞っていましたが、やはり今年は少し早いですね。


さて、そんな週末我が家では、家具の入替をしました。

よくよく考えてみたら今は引っ越しのピークで家具屋さんも大忙しで、そんな時期に交換しなくてもよかったのに(^-^;


これまでクボ家ではリクライニングタイプの真ん中がテーブルになるタイプのソファを使っていました。

量販店で売っている比較的有名なやつです(笑)。

白くて大きく、存在感があって気に入っていたのですが、子供が生まれてからかなりやっつけられたこともあり(笑)、そもそも合皮だったので表面の皮がポロポロ剥がれてきてしまいました。

特に日の当たる部分がひどく、だんだんと座ると服に付くぐらいひどくなり・・・。

年末、カインズでマルチカバーという(本当はこたつやベッドカバーなどに使う?)布を買ってきてかぶせてみたのですが、これが焼け石に水でした(T-T)。

ポロポロはつかなくなりましたが、毎日布をキレイに直す仕事が増え…というか見た目もこれはちょっと、な仕上がりだし「もう、無理。買おう。」とついに諦めがつきました。

attachment03.jpg
この見た目が…我慢できず(^-^;

合皮という素材は、人工で作った皮のようなもので、ビニールのようなものの上に皮の質感を出す塗装がされているので、経年劣化でこの塗装が剥がれてしまうのはしょうがないことのようです。

やっぱり本革がいいのか?はこれから検証ですが、本革も擦れや摩擦に弱いので、皮用のクリームを塗って乾燥を防いだりと手はかけた方がいいようです。

大きい家具屋さんをいろいろ見て、本当は足が延ばせるL型ソファを買おうとしたのですが、店員さんに搬入経路を相当心配されてやめました(^-^;

そふぁ.jpg
これ。足が延ばせてよさそう♪♪

このタイプは2つのパーツにしか分かれないので、大きさで言うと2人掛けのソファを2つ搬入しないといけないそうです。

で最大高さが87㎝くらいだから、それより狭いところがあると通れないとか。

通常のドアは幅が73㎝のものが多く、枠の分も含むので有効幅は69㎝程度なのだそうです。

窓側から搬入できる場合はいいですが、入らないと大変なのでソファなどの大物を買うときは通らなければいけない場所の一番狭い部分をはかっておくと間違いないですね。


で、福田町にあるアウトレットの家具屋さんで見たら、上下に分かれて搬入楽々♪という商品がたくさんあるではないですか!!

アウトレットとあって価格も手ごろなので、もうそこで購入し、2週間ほど待っていよいよやってきたのがこちら。

attachment01.jpg

なんか春なのに冬めかしくなりました!!

ついでにボロボロになってしまった絨毯も変えたので(笑)。

会社の応接室みたいだな…という家族の評価でしたが、ボロボロしていないのでOKです!!

調子に乗ってオットマンとこれにあうクッションも購入しようかな、と欲も出てきました(^-^)♭

家具の買替は大物だと結構大変なので、やはり長く使えるものを購入してメンテナンスもある程度しっかりやるのがいいかなと思います。

家の中に壊れたものがあると気になってしまうし、割れ窓効果か全体が汚れる気がするので、なんだかスッキリしましたよ♪

あとは娘が背もたれに上ったりしないようしっかり教育することが大事ですね(笑)。

それでは、また。


東武ハウジング工事部のブログはこちらから。



東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 14:44| Comment(0) | インテリアコーディネート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください