2019年07月01日

住宅ローン金利がまた下がった!~いつまで続く?ゼロ金利時代~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

日本全国に雨模様の予報でしたが、仙台はかろうじて晴れています。

雲も多めなんですが、日差しがあってじめっと暑いですね。

こんな日は熱中症に気をつけましょう。

また九州など南の方では大雨の予報でしたので、洪水情報に気を付けてお過ごしくださいませ。

昨年の被害が思い起こされるので、教訓を忘れずに!です。

昨年の記事をリンクしておきますね。

西日本豪雨へのお見舞いとハザードマップの見直し

「忘れる」ことも大事。「忘れない」ことも大事。上手に整理していきましょう。



さて今日から7月。2019年も半分が終わりました!!

2020年まであと半年か~。

2020年は区切りがいい年だし、更に東京オリンピックがあるので日本にとって節目の年という感じがしますね。

オリンピックが決まったときに、クボは娘を産んだばかりで「オリンピックの時にはこの子は小学生か~。」と思ったのを覚えています。

なので私にとっても2020年は1つの節目でもあります。

良い節目を迎えるためにはあと半年を1日1日、悔いなく過ごしていきたいなと思います。

そんな本日、何気に住宅ローン金利を調べていたら、驚くことに結構な下げ幅で7月金利が下がっているではないですか(@0@)!

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_m.jpg

フラット35の長期(21~35年)機構団信付最低金利が6月の1.27%から1.18%に。

なんと0.09%も下がりました。

これがどのくらいすごいかというと、2018年には同住宅ローンの金利が1.3~1.4%台だったのです。

そして2019年に入って1.27まで下がりました。

じわ~~っと下がりつつある波はここ2年くらい続いているのですが、ここにきてまたポンと下がった、という感じ。


超低金利時代、ゼロ金利時代と言われてずいぶん経ちますが、金利が低いと銀行はもうからないので、事実破綻する銀行が出て来たり、不正を働いて検挙されたりも記憶にありますね。

このままでは銀行が持たないから金利は上がっていくはずだとか、景気がいいからデフレにも歯止めがかかっていくはずだ、とか言いつつ いつかは金利は上がるだろうと思っている人は多いのですが、どこまで下がるのでしょうね??

変動金利は最安値で0.457%というのを見つけました。

0.5%を切ったのですね~。

変動の場合は跳ね返りが怖い気もしますが、なんかここまで来たらずっと低いままなのかも?という期待も少しありますね(^-^;


フラット35の実行金利は、引渡しの時に決まりますので6月に建築中で7月に決済をする方はとてもラッキーです。

お金の面だけを見ると金利がここまで低く、消費税も上がらない今月から9月までの不動産購入はある意味お得と言えるかもしれません。


変動金利がいいのか?固定金利がいいのか?は人それぞれにメリット・デメリットがありますので良くご検討ください。

クボの過去記事も参考にして頂けると嬉しいです

変動金利と固定金利その1~住宅ローンを学ぼう~


さてさて、超低金利時代はいつまで続くのか?デフレに出口があるのか??

ぜんぜん見通しが立たない時代になってきましたね。

東京オリンピックの影響で首都圏の景気はいいようなことが言われていますが、政府がデータを改ざんしていたり都合のいい部分で公表していたりといった数字いじりをしていたこともありましたので、私には「仮装バブル」って感じに見えます。

辛口ですみません(笑)。


別に超低金利でもデフレでも物が安く買えるという意味であまり不便は感じませんし、雇用も人口が減少して安定しているので給料が安いというくらいで、問題はないのかなと思います。

とはいえ、銀行がどんどん潰れるのもまずいので、このまま更に下がっていくのはどうかな?

まあでも、金利が低いのはおうちを購入する方にとっては朗報でもあるので、この機会をうまく利用できるといいですね♪


それでは、今日は7月に入った途端、金利が下がった~~!の速報でした。

今後の動きに大注目です!!


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 12:26| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください