2019年08月21日

話題の終活~不動産の相続について~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

前回は所有者不明の土地が国土の20%もすでにあり、だんだん増えているという話題を扱いましたが、その原因の1つである「相続」に関連することを今日は考えたいと思います。

昨今、「〇活」ブームに乗って婚活・妊活・老活・終活などなど様々な〇活がありますが、そのなかでも終活に特化したセミナーや情報提供をよく見かけます。

日本も超高齢化社会ですから、人生の終わりをどのように迎えるかに関心が集まるのは自然と言えば自然かなとも思います。

私は専門家ではないので心構えやら家の片付けやらは他の書籍などに譲りますが、不動産の相続という部分を今日は扱いたいと思います。

IMG_5747.JPG
ある朝の風景。

土地や居住用のおうちの他に、農地や山林、事業用地やアパートなど、人によって不動産を持っていることも多いと思います。

以前贈与税と相続税の記事にも書きましたが、相続税の基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人の数」になります。

資産の総額がこの範囲内であれば相続税はかかりません。

また配偶者が健在であれば、一旦は相続する総資産の法定相続分か1億6000万円のいずれか小さい額までは非課税です。

前回の記事はこちらから。ちょっと難しいですが(^-^;

相続税と贈与税~近年変化が激しい税金の動きを理解しよう♪~


我が家もついに親が70代に入り、最近「終活」とか言って家の片付けなどを頑張っているようです。

所有している不動産は家とその土地の他に少しばかり田んぼと山林があるそうです。

田んぼは少しだし、場所はわかっているようですが、山林に至ってはイマイチ本人も正確な場所を理解していないようでした(-0-; 

田舎なので、そんなものです(笑)。

「処分した方がいいのかな~?」とかいうのですが、処分する方法がないので「そのままでいいよ。」と言っています。

不動産業者として思うのですが、田舎の山の一部を売却することはもはや不可能です。

固定資産税が発生するのは仕方のないことですが、負担にならない程度なら支払うしかありませんし、その支払いに苦慮するようであれば役場に相談してみるのが1つの手です。

推奨はしませんが、固定資産税をずっと滞納していると管轄の市町村がその土地を差し押さえします。

かなり切迫した状況でないと市町村も安易に没収したりはしないのですが、内容によっては差し押さえの結果として市町村へ所有権を移すのも致し方ないのかなと思います。

所有者不在になって放置するよりはマシかな、という程度ですが(^-^;

本来は、代々伝わる土地を敬い、大切に管理して守っていくことが当然に大切なのは言うまでもありませんね。


細かい所ですが、相続税の支払いは「相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内」です。

納期限内に金銭一括納付が原則ですが、支払えない場合は延納や物納という方法もあります。

延納というのは分割払いのようなもので申告書を提出して20年以内に支払うというもの。

更に延納によっても金銭納付が困難とみなされると不動産や株式などで相続税を納めることを物納と言います。

最終的にはそういった方法もありますので、多少お金はかかっても不動産を相続したら相続登記をして今の所有者を明確にしておいた方がいいです。

これは義務ではないのですが、公共の利益を考えた場合にも大事なことです。

東日本大震災の際に、津波の来ない新たな居住地を市町村が選定した際にも、所有者がわからない土地が妨げになって時間がかかったということは記憶に新しいですね。


今日は相続中心の話題になりましたが、今は生前贈与も推進されていて、直系尊属の場合に贈与税が軽減されていますので、資産が基礎控除を上回るという場合には検討してもいいと思います。

最初に載せたリンクに詳細があるので良かったらそちらもお読みくださいませ。

それでは、今日はこの辺で。

だらだら文字で書くとわかりづらいのですが、お読みいただいてありがとうございました。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:36| Comment(0) | 不動産にまつわるいろいろな情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください