2019年09月03日

下がる住宅ローン金利~2019年9月の金利は?~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

ついに8月が終わり、9月に入りました。

8月の最終日、31日には泉区民ふるさとまつりが開催され、灯篭と花火を初めて会場で見てきましたよ♪

仙台の花火はすごい人込みで小さい子は危ないので、いつも自宅から眺めていましたが、この夏ついに6歳になった娘が「行きたい!」というので、無謀にも2人で行ってきました。

最後までは疲れ果てて見られなかったのですが、会場で見るとやはり大きさと迫力が違い、人の多さと屋台の明るさといろいろ体験できました。

娘もだんだん行動範囲が広がり、約束を守るということができるようにもなり、また連れて行ってもいいかな、と思った次第です。

8860a11226053808eae092b2b94b7b30_s.jpg

さて夏も8月くらいまでは建築・不動産業も少しゆったりするのですが、秋は各地でイベントも開催され、不動産業も第2の繁忙期と言われています。

(ちなみに第1は賃貸が大忙しの3~4月期です。)

7月に住宅金利が下がりまして、今月はどうかな?とその後もチェックしているのですが、8月は0.01%減でほぼ7月と同等。

あえてこちらには取り上げなかったのですが、今月はまたぐっと下がりました。

フラット35の金利基準が0.6%下がっています。

7月の記事はこちらから。

住宅ローン金利がまた下がった!~いつまで続く?ゼロ金利時代~


東武ハウジングでもフラットご希望のお客様はアルヒさんを使うことが多いのですが、こちらの金利推移のサイトがとってもわかりやすいので、詳しく知りたい方はご覧くださいね。

フラットの最低水準の金利が2008年からどんどん下がっていくのがよくわかります。

ARUHI住宅ローンのページ  https://www.aruhi-corp.co.jp/rate/transition/


2017年の7月からグラフが2本になっているのは「機構団信」の加入料が金利に含まれるようになったからです。

この辺は過去記事もご参照ください。

フラット35この10月からの変更点~

蛇足ですが、アルヒさんはネット銀行でも契約できますが、仙台にも窓口があって手続き関係に住宅会社がお手伝いできるところが魅力です。

フラットの金利も最低基準になっていますので、この超~低金利の影響をダイレクトに受けることができます♪


2016年2月からマイナス金利政策が始まり、ゼロ金利は今も継続。

これらは国策なので、景気が低迷しているときは金利を下げて企業投資等を促すもののようです。

一応勉強したのですが、説明できるほど詳しくないので低金利の理由は他のサイトで見てね(^-^;

アメリカでは金融引締め政策(金利の引き上げ)が始まったので日本も追随するのではないかという説もありますが、早くても2020年のオリンピックの後だろうというのを見ました。

とはいえ、国策・金融施策については一般人には見通せないので謎は謎のままですが。

上がる上がると言って下がる一方の金利。

どこから上昇に向かうのか。

上昇するときには景気は回復するのか??

結論は・・・わかりません(^-^;


はっきりしているのは、この下がった超低金利の間にフラット35など長期固定金利で住宅ローンを組むのはとってもお得(^-^)♭ということ。

消費税は上がりますが、住宅ローンは大きな金額を借りることになり利子が大きいので、はっきり言って金利の方が影響は大きいのです。

今後も金利の動向に注目しつつ、また大きな変動がありましたらこちらにも取り上げますね。

それでは、また。

東武ハウジングでも9月にイベントを開催します♪詳細はホームページのお知らせ欄をご覧くださいね。

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 14:18| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください