2019年10月29日

住宅ローン減税の今~消費増税2%を取り戻すには来年末まで入居すべし?~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日は雨で冷え込みが厳しいです。

昨日はやや暖かく、明日はもっと暖かくなるらしいので、ジェットコースターみたいな気温差だと朝にお天気お姉さんが言っていました(笑)。

皆様、体調を崩さないように、特に今日は暖かくしてお過ごしくださいね。


明日からはこのぐずついた天候も回復し、しばらく秋晴れが続く予報です。

被災地の皆様の生活復興が早く進みますように。

ただし、乾燥するのでホコリの飛散や感染症が心配されます。

片づけ作業を行う方、ボランティアやお手伝いをされる方はマスク着用が安心です。

b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_s.jpg

さて今日は、消費税が10%になってから変更になった住宅ローン控除について現状のおさらいをしたいと思います。

そもそもの住宅ローン控除(住宅ローン減税ともいわれますね)については、こちらでご確認ください。

3年も前の記事ですが、今年の9月まではずっと変わっていませんので。

住宅ローン控除を活用しましょう♪


そして、ついに今年の10月から3年の期間延長となりました。

対象はこの10月1日から令和2年12月31日(つまり来年いっぱい)、までに入居した方でおうちの購入費に消費税を10%支払っている方です。


こちらの延長制度、単純に3年の延長ではなく11~13年の間に増えた2%分の消費税額をバックするような内容になっています。

1~10年目はこれまで同様、年末の住宅ローン残高の1%の金額が納税額から控除されます。

11~13年の残り3年間は、年末残高の1%または建物購入費用の2%を3で割った金額、いずれか少ない方の金額が控除されます。

少し複雑ですね(^-^;?


それでは例です。

住宅ローンを3000万円借りて、土地を1000万円で購入。建物を2000万円+消費税200万円で購入したとします。

200万円は頭金として現金で支払ったことにしましょう。

(実際は諸経費やらなにやらいろいろありますが、シンプルに考えたいのでここでは割愛します。)


1年目の年末のローン残高が2900万円の場合、29万円の税額控除です。

2年目の年末残高が2800万円の場合、その年は28万円の控除。

10年目の年末残高が2000万円の場合、その年は20万円の控除。


これまではこの10年で終了でした。

11年目からは控除なしです。

それが、期間限定ですが対象になればあと3年控除が続きます。


11年目は年末の住宅ローン残高が1900万円だったとします。1%は19万円です。

ここで建物の価格が2000万円だったので2%は40万円になります。

これを3年に分けるので40÷3で約13万円。少ない方が控除されるので、この場合13万円の税額控除になります。

このペースで返済を続けると12年目、13年目も同様に13万円ずつ控除されますね。

最後の3年で8%から10%に増えてしまった2%分を取り戻せる仕組みになっています。


ただし、お気づきかと思いますが、住宅ローンの残額がより少ない場合には2%分が必ずしも戻ってくるわけではありません。

購入金額のほぼ全額を住宅ローンに頼っている方がより優遇される制度というわけです。


また、3年前の過去記事でも注意喚起しているのですが、税額控除というのは納税額から控除する制度なので、年間の納税額が控除額より大きい場合に全額控除されます。

納税額の方が少ない場合には納税額が0円になりますが、マイナスになる分をもらえるわけではないです。

その点をご注意の上、せっかくこのタイミングでおうちを購入しようというのであれば、来年末までの入居で賢く制度利用ができます♪

次世代ポイント制度もありますので、タイミングをつかんで、お得に住宅購入ができるといいですね。


それでは、今日はこの10月からの変更点についてでした。

お読みいただきありがとうございました。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:05| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください