2019年11月27日

次世代エコポイントの今

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今週で11月も終わりますね。

ついに2019年も師走を迎えます。

今年から平成天皇のお誕生日が祝日でなくなってしまいちょっと残念です。

平成の時代はこの為にクリスマス連休になることが多く、若かれし頃は持て余していた気もしますが(笑)、今年は時代が変わったのだなと感慨深いです。


そんな自分も年を取って、クリスマスは家族サービスの日と化しています(^-^; 

今年は思いっきり平日なので、どうやってパーティーメニューとケーキを調達してくるか、頭を悩ませています。

これが定番!というのがあるといいのですがね~。

毎年行き当たりばったりで、近くのケーキ屋さんの予約が終わっていたり、当日までメニューが決まっていなかったりしています(笑)。

今年は平日なので、しっかり準備しておいて、当日はデリバリーだけで済ませられるようにしたいものです(笑笑)。


さて今日は、定期的に記事にしていますが次世代エコポイントについて。

前回の記事は申請開始直前の5月に書いたものでした。

過去記事はこちら。

次世代住宅ポイント制度の最新情報


なんと申請開始は6月からだったのですが、この時点でまったく交換商品が出そろっていませんでした(^-^; 

10月の消費税10%への増税も無事に(?)進み、現在はなんと31,586点も交換できる商品が掲載されています!

(総数の記載がなかったので、カテゴリごとに数えてみました。間違えていたらごめんなさい。11/27日現在の数です。)


商品の登録は2020年3月まで続くので、まだまだ増える可能性もあるということですね。

商品は家電品と食品が圧倒的に多いです。

日用雑貨など細やかなものもたくさんあります。

これ以上増えても選ぶのが大変なので、申請ができる方はもう随時申請していってもいいかと思いますよ。

項目には基準があるのですが、基本的にはカテゴリ分けされているだけで、なんでもあるという感じです。

必要な大型家具や家電を交換して余ったポイントで日用雑貨や食品を選べそうですね。

主婦はこういうの好きですから、選ぶのも楽しいと思います。

ただ、面倒な方もいますよね?

うちの主人ならきっとこう言うでしょう「キャッシュバックしてくれ。」と(^-^;



また10月までの申請戸数は新築で23,645戸、リフォームで4,709戸となっています。

(累計です。リンク元)

累計ポイント数も出ていましたので、新築のポイント数を戸数で割ってみたところ348,375ポイントでした。

これは1戸の平均なので、ほとんどの申請者が35万ポイントの上限で申請しているとみることもできます。

リフォーム工事は新築よりも工期が短いので、10月から申請が多くなっていますからこれから増えていくことでしょう。


申請には家の性能を示す書類や納品書などが必要になりますので、施工会社や売主によく確認してくださいね。

「書類作成費」が別途発生する場合もあると思いますのでいくら払うといくらのポイント相当になるのかをしっかり確認することが大事です。

東武ハウジングでも書類の作成はおうちの納品とは別の仕事になりますので(当然第3者機関への申請が必要で費用が掛かります)、この分の手数料を頂戴しています。

マンションや建売住宅でも十分にポイントが発生する場合がありますので、購入の際に何も言われなくてもしっかり確認しましょう♭


それでは今日は、次世代エコポイントの現状をお伝えしました。

次世代エコポイント事務局のHPはこちら https://www.jisedai-points.jp/

ecop.png

ちなみに今、こんなことになっておりまして電話対応窓口が込み合っているようです。

申請もWEBで行うのがスムーズなようですね。

郵送の方法もありますが、冊子で出ているカタログでは商品掲載も少なく何より写真がないので(T-T)、商品はインターネットで確認した方がイメージがわくと思います。


そんなエコポイントが付与される期限は注文住宅の場合2020年3月末までに契約締結・工事着工された方です。

申請期限は6月末までなのでタイトなスケジュールですし、予算がなくなれば期限よりも早く終了する可能性があります。

近々おうちの購入やリフォームを検討している方は、タイミングにお気を付けくださいね。

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪


posted by 東武ハウジング at 13:39| Comment(0) | 不動産とお金の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください