2020年01月30日

子供がすくすく育つ家-vol.2-

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日の仙台は暖かいです。

昨日は土砂降りの雨でしたし、雪にもならず本当に暖冬なんだと実感してきました。

これまでもずっと暖冬、暖冬と言われてましたが、今年に比べたらずっと寒かったです。

仙台でも何回か雪も積もりましたし。

今年は山沿いの方しか雪もなく、この事務所も仙台の中では北側&ちょっと小高いので、雪が降ると溶けにくいところもあったのですが、まあ積もらないですね。

今日は山形でも雨マークでしたので豪雪地帯も今年は少なめの雪だろうと思います。


なんだか気になって温暖化について少し調べたのですが、CO2削減はこれからを生きる人類の課題だというのが結論ですね。

大規模な森林火災が多かった昨年が思い起こされます。

CO2をドドンと減らせる工場とかができればいいのに…とか他人任せなことがちょっと脳裏に浮かびましたが(^-^;

家づくりに木を使う私たちの仕事も材料のリサイクル、森の再生を真剣に考える必要があるのだと思いました。

141115561576.jpg

さて今日は、vol.1を書いてあまり間があくと気持ち悪いので(笑)、子供がすくすく育つ家の第2弾です。

前回は子供の学習環境はリビングから個室へと移行していく流れがいい~ようなことを書きました。

雑ですね(^-^;詳しくはこちらの記事にて。

子供がすくすく育つ家-vol.1-


この時、学習環境よりももっと大事なことがある、と書いて終わってしまいましたが、今日はそこを記事にしようかと。

子供の成長に大事な「家の役割」って何でしょうか?

食べること?

寝ること?

など、色々考えられますよね。

クボの思う一番大事なことは、「家事負担の少ない家」です!!

子供関係ないんじゃ?と思われましたか?


私の経験上、子供がすくすく育ついちばんの栄養は保護者、特に母親の優しさ。

親とのかかわりの時間やその質だと思っています。

余談ですが 私も含め、保育所の保護者会などに行くと「子供と関われる時間が少ない」というのは、仕事をするお母さんたちの共通の感覚のように思います。

そこで先生がおっしゃるのは「量ではないですよ。」ということ。

帰る時間が遅くても、毎日たとえ10分でも子供とゆったりした時間を過ごすことができたら、子供もまっすぐ育っていくのかなと。


そんな訳で、家にできる役割って結構あると思うんですよ。

あと家電も大事ですね。

我が家の稼ぎ頭、トップ2は乾燥機能付き洗濯機と、食器洗い乾燥機です。

この2つがあるだけで、家事は本当に楽になりました。

衣類が痛むので、私はすべて乾燥機で済ませることはしないのですが、タオル類の乾燥に使うだけでも十分助かります。


家にできることとしては、家事動線の短縮があります。

特に洗濯物は重いので、洗濯動線は大事。

昼間、2階のバルコニーに干せるという方はもちろんそれでもOKですが、現代社会は働くお母さんも多いです。

半数以上が夜干しをしているというデータも。

1階にドライスペース(洗濯干し場)があるとすごく便利だと思いませんか?

もちろん洗濯機の場所から遠くないとより良いと思います。


また洗面室を広めにとって家族共有のクローゼットスペースを作るなど、洗濯物の片づける場所も工夫次第であちこちに片づける必要がなく、時間短縮になります。

キッチンにはもちろん、備え付けの食洗器があるとベストだと思います。

キッチンの向きは対面型だと子供の様子を見ながら料理ができたり、ダイニングテーブルやカウンターで子供の勉強を見てあげられたりとメリットも多いかな。

お料理しながら洗濯もして…ということも多いので、水回りは基本的に近くにある方が楽ですね。


そうして空いた時間で10分は寝る前に絵本を読んであげるとか、お風呂はゆっくり一緒に入るとか、少しでも親子ともリラックスできる時間をとれると、お互いに気持ちよく毎日を過ごせるような気がします。

私もまだまだ半人前の母ですが、おおらかな気持ちで過ごせるように家事はおうちと家電にたくさん協力してもらう、もちろん家族にも♪と思っていますよ(^-^)/


子供がすくすく育つ家のクボ的第1位は、家事負担を減らしてお母さん(またはお父さん)が忙しくないこと♭でした。


正直言えば、仕事してお迎えに行って帰るなり夕ご飯を作って、一緒に食べてお風呂に入れて、洗濯をしながら食器を片づけて、さらに洗濯物を片づけてそこにまた干す。そこから子供の寝かしつけ…。

慣れるまではそこそこ大変だったと思います。

今はルーティンとして慣れているし、子供も育ってきて手がかからなくはなっていますし、その中で楽しむこともできるようにはなりましたが。


今、大変だなと思う方はぜひ無理せずに。

子供優先で細かいことにはこだわらないことも必要。

洗濯は毎日でなくても大丈夫、ご飯も作らなくても買ってくれば良いです。

多少洗濯物が臭くなっても、ご飯がワンパターンでも、子供と一緒に笑っていられたらその方が心の栄養になると思っています。

大変だな、頑張れないな、と思うのはもう十分に頑張っている証拠ですよ。


おうちづくりもそんな頑張るお母さんの味方になれたらいいな♪という思いで本日の記事でした。

2020年は頑張る家族を応援できる「東武ハウジング」を目指します♪

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 13:56| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください