2020年04月07日

コロナウイルスで経済面の心配がされる中、住宅ローンの金利動向は?

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

仙台は今日もいい天気♪桜があちこちで美しく咲いていますが、見ている人はあまりいません(^-^; 

コロナウイルスの感染拡大が日本でも本格化し、今日の夕方「緊急事態宣言」を出すそうですが、地域は限られるようですね。

仙台市では昨日、予定されていた明日の入学式・始業式が1週間延期されました。

すでに児童センターに通わせているクボ娘も、明日から入学式をせずに午前中は学校で過ごし、午後は児童センターに行くという生活になります。

まあ子供の適応力は偉大なので、その中でお友達を作ったり、自分なりに楽しく過ごすことでしょう。

親があまり心配せずにおおらかに見守りたいものです、が、お弁当作りが1週間延長されたのがショックです(T-T)。

また、うちは親が仕事をしているからこんな程度ですが、小中高生のお子様を複数人もつ専業主婦の方とか、そろそろ大変ではないでしょうか??

かれこれ夏休み以上の学校休業ですし、夏休みと違ってどこに行けるわけでもなく…。

食費だって給食と同じ金額では作れないと思うのです。

始業が遅れた分、夏休み少し短くなったりとかしないのかしら…?

行事等の変更も出てきているので、抜本的な見直しを含めてうまく納めて行って欲しいなと願います(^-^)/ソレマデガンバリマス‼

8d4c3f2551b59bd1abe4cf8dc8ec4f45_s.jpg

さて今日は、そんな緊急事態のさなかに住宅ローンの金利はどうなっているのかをリサーチ。

そういえば昨年の9月・10月あたりに、超低金利がさらに下がった!という記事を書いてからしばらく触れていなかったのですが(ごめんなさい;;)、その後年末年始にかけて上昇し、現在は昨年夏くらいの水準まで戻っています。


その時の記事

下がる住宅ローン金利~2019年9月の金利は?~


で、コロナウイルスの世界的な感染拡大、日本でも緊張感が増してきたこの4月、どうなるのか?という注目があったのですが、結論は横ばい。

3月とあまり変化はないです。

細かく見ていくと変動金利は変化なしが多く、フラット35などの長期固定ではやや上昇。

上昇と言っても3月に下がった分(0.04%)が元に戻ったので、少し長期的に見れば横ばいと言えます。


以前もご紹介しましたが、アルヒさんのホームページで過去15年分のフラット35の金利水準が確認出来てとっても便利♪

リンクを張っておきます。https://www.aruhi-corp.co.jp/rate/transition/


フラット35は注文住宅の場合、契約時ではなく引渡しのタイミングの金利が採用されるので、建て始めたときは安かったのに、とかその逆もあり。

ちょっと運が試されます(^-^;

すごく大きく変わることはないのですが、常に上下しているものなので、少しでも下がるとありがたいですよね。


変動金利についてはネット銀行がかなりけん引していて、0.3%台まで来ているので価格競争が更なる低金利を招いているという感じでしょうか。

すでに数年前には、これ以上金利が下がると銀行が倒産してしまう、くらいまで来ていて、だからこれ以上は(金利が)下がらないはずだ。

という話を聞くことが度々あり、そうなのかなあと思っていたのですが…。

ネット銀行おそるべし、ですね(^-^; 

地方銀行などではここ数年変動金利がずっと変わらない様子が見受けられ、下げる体力はないけどネット銀行の台頭で上げることもできないという状況ではなかろうか?と勝手に心配しています。

まあ銀行は住宅ローンだけが商売ではないですので、地方銀行にも負けずに頑張って欲しいですが…。


東武ハウジングでは建物のご相談と同時に資金計画や住宅ローンのご相談ももちろん実施していますので、ご不明な点はご相談いただければと存じます。

3月で次世代エコポイントの受付も終了しましたが、住宅ローンの低金利はもうしばらく続くのかな…?

また大きな変動がありましたら、こちらでも扱っていきたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

苦境の中でも自分にできる最善の選択をしつつ、みんなで乗り越えていきましょうね(^-^)/

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:29| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください