2021年02月19日

2月13日深夜の福島・宮城地震で被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げます。

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

月曜日に書こうと思っていた記事が金曜日になってしまい(>-<)、間抜けなタイミングになってしまいましたが、先週の土曜日の地震、皆様お怪我はなかったでしょうか。

100人以上の方が負傷し、92万戸で一時停電が発生したとのこと。

被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私も仙台にいたので、久々の大きな地震、びっくりしました。

長い揺れと余震は大震災を思い起こさせます。

うちはマンションのエレベーターが緊急停止したくらいで他に被害有りませんでしたが、精神的にはダメージがあったかもしれません。

ちょうど10年のこのタイミングでこの地震・・・。嫌でも当時の辛かったことが思い起こされてしまいますね。

今回は大きな地震だった割に津波が起こらなかったのは何よりでした。

そして、時間がたって気象庁から今回の地震が東日本大震災の余震であると発表がありました。

考えすぎかもしれませんが、10年前に亡くなられたたくさんの方の御霊が“私たちのことを忘れないでね”と言っているように感じてしまいました。

こういうことを繰り返しながら、地震や津波の怖さを忘れないよう警戒しつつ、原子力発電の危険性などを再確認しつつ、少しずつ前に進んでいくしかないのですね。

色々と考えさせられた今週でした。

松島.jpg
写真は1年半前の松島です。また温泉に入りたいな・・・コロナもありますしね(涙)。


深夜の地震でしたので翌日の日曜日に概ね、弊社では現場の安全確認と施主様各位の被害状況の確認を終えることができました。

他県の関係各位からお見舞いを頂戴致しましたが、この度は大きな被害もなく、今週も通常営業しております。

温かい励ましのお言葉を頂戴し、励みになりました。ありがとうございました。


大きな被害なくと言っても県の南側に行くほど揺れが大きかったようで、家具が倒れたりといった状況はありました。

お怪我がなくて何よりでしたが、家の中の安全確認、家具の転倒防止なども我々にお手伝いできることがありましたらお気軽にご相談いただければと存じます。


ちょっと暗い話題になってしまったので、今朝ラジオで聞いた素敵なお話を1つ。

東北新幹線が止まっていて、東北―東京間の移動が大変になっていますが、特急日立がその役割を代行してくれているそうですね。

仙台から茨城まで3時間以上かかったと思いますが、さらに1時間半くらい行くと上野までたどり着きます。

新幹線なら仙台―上野は1時間半ですが、特急日立は「特急」ながらも5時間くらいかかるはずです。

今回の地震発生直後は長い社内時間にパンなどの軽食が配られ、東京に向かう受験生への配慮がアナウンスされ、早朝に上野に到着した社内では「山手線の始発までどうぞ社内でお過ごしください。」という気の遣いように感動したというお話でした。

大変な状況の中での気遣いや思いやりは心に響きますね。

地震が多いけど、日本はいい国だなと思って安心します。

私たちも建築を担う会社として施主の皆様が安心できるようなサービスを今後も提供していきたいなと考えさせられるところです。


私も今週エレベーターの停止や子供の給食が提供できなくなってお弁当になったりと少しモチベーションが下がっていたのですが(うん、小さいことですね笑。)、また頑張ろうと思いました。

ともあれ大震災から10年。

3月のお彼岸にはしばらく行っていなかった親族のお墓参りにも伺おうと思った次第です。


皆様もこのコロナ禍での大きな地震です。

ちょっと心が疲れてしまうのも仕方ないことです。

無理をせず、ご自愛してお過ごしくださいね。

それでは、また。

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 11:44| Comment(0) | 私の思うことあれこれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください