2019年10月29日

住宅ローン減税の今~消費増税2%を取り戻すには来年末まで入居すべし?~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日は雨で冷え込みが厳しいです。

昨日はやや暖かく、明日はもっと暖かくなるらしいので、ジェットコースターみたいな気温差だと朝にお天気お姉さんが言っていました(笑)。

皆様、体調を崩さないように、特に今日は暖かくしてお過ごしくださいね。


明日からはこのぐずついた天候も回復し、しばらく秋晴れが続く予報です。

被災地の皆様の生活復興が早く進みますように。

ただし、乾燥するのでホコリの飛散や感染症が心配されます。

片づけ作業を行う方、ボランティアやお手伝いをされる方はマスク着用が安心です。

b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_s.jpg

さて今日は、消費税が10%になってから変更になった住宅ローン控除について現状のおさらいをしたいと思います。

そもそもの住宅ローン控除(住宅ローン減税ともいわれますね)については、こちらでご確認ください。

3年も前の記事ですが、今年の9月まではずっと変わっていませんので。

住宅ローン控除を活用しましょう♪


そして、ついに今年の10月から3年の期間延長となりました。

対象はこの10月1日から令和2年12月31日(つまり来年いっぱい)、までに入居した方でおうちの購入費に消費税を10%支払っている方です。


こちらの延長制度、単純に3年の延長ではなく11~13年の間に増えた2%分の消費税額をバックするような内容になっています。

1~10年目はこれまで同様、年末の住宅ローン残高の1%の金額が納税額から控除されます。

11~13年の残り3年間は、年末残高の1%または建物購入費用の2%を3で割った金額、いずれか少ない方の金額が控除されます。

少し複雑ですね(^-^;?


それでは例です。

住宅ローンを3000万円借りて、土地を1000万円で購入。建物を2000万円+消費税200万円で購入したとします。

200万円は頭金として現金で支払ったことにしましょう。

(実際は諸経費やらなにやらいろいろありますが、シンプルに考えたいのでここでは割愛します。)


1年目の年末のローン残高が2900万円の場合、29万円の税額控除です。

2年目の年末残高が2800万円の場合、その年は28万円の控除。

10年目の年末残高が2000万円の場合、その年は20万円の控除。


これまではこの10年で終了でした。

11年目からは控除なしです。

それが、期間限定ですが対象になればあと3年控除が続きます。


11年目は年末の住宅ローン残高が1900万円だったとします。1%は19万円です。

ここで建物の価格が2000万円だったので2%は40万円になります。

これを3年に分けるので40÷3で約13万円。少ない方が控除されるので、この場合13万円の税額控除になります。

このペースで返済を続けると12年目、13年目も同様に13万円ずつ控除されますね。

最後の3年で8%から10%に増えてしまった2%分を取り戻せる仕組みになっています。


ただし、お気づきかと思いますが、住宅ローンの残額がより少ない場合には2%分が必ずしも戻ってくるわけではありません。

購入金額のほぼ全額を住宅ローンに頼っている方がより優遇される制度というわけです。


また、3年前の過去記事でも注意喚起しているのですが、税額控除というのは納税額から控除する制度なので、年間の納税額が控除額より大きい場合に全額控除されます。

納税額の方が少ない場合には納税額が0円になりますが、マイナスになる分をもらえるわけではないです。

その点をご注意の上、せっかくこのタイミングでおうちを購入しようというのであれば、来年末までの入居で賢く制度利用ができます♪

次世代ポイント制度もありますので、タイミングをつかんで、お得に住宅購入ができるといいですね。


それでは、今日はこの10月からの変更点についてでした。

お読みいただきありがとうございました。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:05| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

下がる住宅ローン金利~2019年9月の金利は?~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

ついに8月が終わり、9月に入りました。

8月の最終日、31日には泉区民ふるさとまつりが開催され、灯篭と花火を初めて会場で見てきましたよ♪

仙台の花火はすごい人込みで小さい子は危ないので、いつも自宅から眺めていましたが、この夏ついに6歳になった娘が「行きたい!」というので、無謀にも2人で行ってきました。

最後までは疲れ果てて見られなかったのですが、会場で見るとやはり大きさと迫力が違い、人の多さと屋台の明るさといろいろ体験できました。

娘もだんだん行動範囲が広がり、約束を守るということができるようにもなり、また連れて行ってもいいかな、と思った次第です。

8860a11226053808eae092b2b94b7b30_s.jpg

さて夏も8月くらいまでは建築・不動産業も少しゆったりするのですが、秋は各地でイベントも開催され、不動産業も第2の繁忙期と言われています。

(ちなみに第1は賃貸が大忙しの3~4月期です。)

7月に住宅金利が下がりまして、今月はどうかな?とその後もチェックしているのですが、8月は0.01%減でほぼ7月と同等。

あえてこちらには取り上げなかったのですが、今月はまたぐっと下がりました。

フラット35の金利基準が0.6%下がっています。

7月の記事はこちらから。

住宅ローン金利がまた下がった!~いつまで続く?ゼロ金利時代~


東武ハウジングでもフラットご希望のお客様はアルヒさんを使うことが多いのですが、こちらの金利推移のサイトがとってもわかりやすいので、詳しく知りたい方はご覧くださいね。

フラットの最低水準の金利が2008年からどんどん下がっていくのがよくわかります。

ARUHI住宅ローンのページ  https://www.aruhi-corp.co.jp/rate/transition/


2017年の7月からグラフが2本になっているのは「機構団信」の加入料が金利に含まれるようになったからです。

この辺は過去記事もご参照ください。

フラット35この10月からの変更点~

蛇足ですが、アルヒさんはネット銀行でも契約できますが、仙台にも窓口があって手続き関係に住宅会社がお手伝いできるところが魅力です。

フラットの金利も最低基準になっていますので、この超~低金利の影響をダイレクトに受けることができます♪


2016年2月からマイナス金利政策が始まり、ゼロ金利は今も継続。

これらは国策なので、景気が低迷しているときは金利を下げて企業投資等を促すもののようです。

一応勉強したのですが、説明できるほど詳しくないので低金利の理由は他のサイトで見てね(^-^;

アメリカでは金融引締め政策(金利の引き上げ)が始まったので日本も追随するのではないかという説もありますが、早くても2020年のオリンピックの後だろうというのを見ました。

とはいえ、国策・金融施策については一般人には見通せないので謎は謎のままですが。

上がる上がると言って下がる一方の金利。

どこから上昇に向かうのか。

上昇するときには景気は回復するのか??

結論は・・・わかりません(^-^;


はっきりしているのは、この下がった超低金利の間にフラット35など長期固定金利で住宅ローンを組むのはとってもお得(^-^)♭ということ。

消費税は上がりますが、住宅ローンは大きな金額を借りることになり利子が大きいので、はっきり言って金利の方が影響は大きいのです。

今後も金利の動向に注目しつつ、また大きな変動がありましたらこちらにも取り上げますね。

それでは、また。

東武ハウジングでも9月にイベントを開催します♪詳細はホームページのお知らせ欄をご覧くださいね。

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 14:18| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

住宅ローン金利がまた下がった!~いつまで続く?ゼロ金利時代~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

日本全国に雨模様の予報でしたが、仙台はかろうじて晴れています。

雲も多めなんですが、日差しがあってじめっと暑いですね。

こんな日は熱中症に気をつけましょう。

また九州など南の方では大雨の予報でしたので、洪水情報に気を付けてお過ごしくださいませ。

昨年の被害が思い起こされるので、教訓を忘れずに!です。

昨年の記事をリンクしておきますね。

西日本豪雨へのお見舞いとハザードマップの見直し

「忘れる」ことも大事。「忘れない」ことも大事。上手に整理していきましょう。



さて今日から7月。2019年も半分が終わりました!!

2020年まであと半年か~。

2020年は区切りがいい年だし、更に東京オリンピックがあるので日本にとって節目の年という感じがしますね。

オリンピックが決まったときに、クボは娘を産んだばかりで「オリンピックの時にはこの子は小学生か~。」と思ったのを覚えています。

なので私にとっても2020年は1つの節目でもあります。

良い節目を迎えるためにはあと半年を1日1日、悔いなく過ごしていきたいなと思います。

そんな本日、何気に住宅ローン金利を調べていたら、驚くことに結構な下げ幅で7月金利が下がっているではないですか(@0@)!

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_m.jpg

フラット35の長期(21~35年)機構団信付最低金利が6月の1.27%から1.18%に。

なんと0.09%も下がりました。

これがどのくらいすごいかというと、2018年には同住宅ローンの金利が1.3~1.4%台だったのです。

そして2019年に入って1.27まで下がりました。

じわ~~っと下がりつつある波はここ2年くらい続いているのですが、ここにきてまたポンと下がった、という感じ。


超低金利時代、ゼロ金利時代と言われてずいぶん経ちますが、金利が低いと銀行はもうからないので、事実破綻する銀行が出て来たり、不正を働いて検挙されたりも記憶にありますね。

このままでは銀行が持たないから金利は上がっていくはずだとか、景気がいいからデフレにも歯止めがかかっていくはずだ、とか言いつつ いつかは金利は上がるだろうと思っている人は多いのですが、どこまで下がるのでしょうね??

変動金利は最安値で0.457%というのを見つけました。

0.5%を切ったのですね~。

変動の場合は跳ね返りが怖い気もしますが、なんかここまで来たらずっと低いままなのかも?という期待も少しありますね(^-^;


フラット35の実行金利は、引渡しの時に決まりますので6月に建築中で7月に決済をする方はとてもラッキーです。

お金の面だけを見ると金利がここまで低く、消費税も上がらない今月から9月までの不動産購入はある意味お得と言えるかもしれません。


変動金利がいいのか?固定金利がいいのか?は人それぞれにメリット・デメリットがありますので良くご検討ください。

クボの過去記事も参考にして頂けると嬉しいです

変動金利と固定金利その1~住宅ローンを学ぼう~


さてさて、超低金利時代はいつまで続くのか?デフレに出口があるのか??

ぜんぜん見通しが立たない時代になってきましたね。

東京オリンピックの影響で首都圏の景気はいいようなことが言われていますが、政府がデータを改ざんしていたり都合のいい部分で公表していたりといった数字いじりをしていたこともありましたので、私には「仮装バブル」って感じに見えます。

辛口ですみません(笑)。


別に超低金利でもデフレでも物が安く買えるという意味であまり不便は感じませんし、雇用も人口が減少して安定しているので給料が安いというくらいで、問題はないのかなと思います。

とはいえ、銀行がどんどん潰れるのもまずいので、このまま更に下がっていくのはどうかな?

まあでも、金利が低いのはおうちを購入する方にとっては朗報でもあるので、この機会をうまく利用できるといいですね♪


それでは、今日は7月に入った途端、金利が下がった~~!の速報でした。

今後の動きに大注目です!!


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 12:26| Comment(0) | 住宅ローンについて | 更新情報をチェックする