2020年04月10日

進む不動産業のIT化~IT重説って何?~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日も桜が満開で春爛漫な仙台です♪

が、近場でもちらほらコロナウイルスの感染が聞こえてくるようになり、やはり気持ちが落ち着かないですね(^-^; 

私が気にしているのは学校の再開なのですが…先週より状況が良くなっているとも思えず。来週もまた延期なのかなー…とこのあいまいな状況が辛いです。

いっそG.W.明けから再開、とかはっきりした方が諦めもつくかも? 

でも9年前の震災時を思えばまだまだですかね。

今になって、あの時お子さんを抱えてお母様たちはさぞ大変だったろうな…と思いをはせたりしています。


さて、そうは言っても日々は続きますから、WEB上で出来ることはいろいろやっていこうと思います♪

テレワークになって通勤時間分が楽になり、SNSが充実してきた方もけっこういるのではないかと思っています(笑)。

私もちょっと飽きていたインスタの投稿が最近多いかも(^-^;アハハ;

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s.jpg

今日は宮城県内ではまだまだIT化の遅れている不動産業界でも(笑)、徐々にITの流れが来ています!という記事です。

そもそも「重説」とは、重要事項説明の略でして、不動産取引をするときに不動産業者・更に有資格者(宅建士)がその取引の内容を説明します。

契約の前に必ずしなければならないことで、他建業法という法律に規定されています。


例えば賃貸アパートの1室を借りるときには、家賃はいくらで管理費はどうなっていて、保証会社にはどのように契約をして、またその物件の設備はこれこれこうです、という説明。

借りるうえで必要な情報を「宅建士が宅建士証を提示」して、「書面を交付し」、「省略せずに説明」することが不動産業の義務なんですね♭

当然、資格証を相手に見せて直接説明をするわけですから対面が基本でした。


これが2017年10月からWEBカメラを利用してもできるようになりました。

最初は貸主(アパートの持ち主)への説明限定だったようですが、賃貸取引においては借主(アパートを借りる契約者)への説明にも対応できるようになっています。

ただし売買契約はダメです。

不動産売買は万が一があるといけないので(詐欺事件なども稀に発生しますし)、そこまでは規制緩和されていません。

なので賃貸のお取引限定です。


不動産業者が事前に重要事項説明書(貸主と宅建士の記名・押印のあるもの)をお送りし、それを手元に確認しながらスマートフォンやカメラの機能があるパソコンなどでWEB越しの対面でご説明をすることになります。

だったら書面もPDFなどのメール送付でいいのでは?という気もしますが、こちらはまだお客様の記名・押印が必要で、基本は紙保管になるので、また「説明を聞きました」という署名と押印をして送り返す流れにはなると思います。

この辺がまだ少し惜しいですよね。

近い将来、WEB上でサインを頂いてうまいこと認証ができるようになるといいのですが(あ、マイナンバー入力とかいいのでは?)。

いずれはそうなるとして、今は郵送とWEBカメラなどでこの重要事項説明をすることはできます。


大きな賃貸中心の会社様ではすでに導入されているところもありますよ。

現在コロナウイルスの感染拡大のさなかにこの流れが一気に加速することと思います。

現に大手不動産情報の会社でこのシステムを不動産業者向けに提供を始めています。

現状、なかなか引越しもめどが立たないので、賃貸の契約にも目は向かないですが、落ち着いたときにはこういう動きが加速していくかと思い、本日の記事でした。


東武ハウジング不動産部では賃貸の案件がずっとなかったのですが、先日竣工したアパートの募集を行うことになりました。

現在アットホームサイトにて借りる方を募集中です♪

そんなわけでIT化にまだ対応していないのですが、システムは利用できるものもありますので、ご要望があった際には対応できるようにしたいなと考えています。

とにもかくにも、早くこの状況から抜け出せるといいですね。

金曜日ですね。

リラックスした週末を迎えられますように。

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:29
"進む不動産業のIT化~IT重説って何?~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: