2021年05月19日

不動産売買業の役割~少しずつでも街をより良い方向に~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

5月は東武ハウジングにとっては「不動産月間」かもしれません(^-^)。

弊社の宅建業の免許取得は9年前の5月でした。

免許は5年ごとの更新制なので、来年は早めに更新作業をしなくては!と思い出すとちょっと緊張します(笑)。

いえ、慣れていないだけでそんなに難しいことはないのですが、まあちょっと書類作るのは手間ですね(^-^;


そして、弊社でも加入している宮城宅建協会では毎年5月に総会が開かれ、年間の活動や収支、役員等について決定される会があります。

昨日ご案内を受け取ったのですが、もう来週のことで、またこの季節かと思った次第です。

d634819008e5fc9d07d82552d68ba162_s.jpg

不動産業は「宅地建物取引業」と同義だと思いますが、大きなビルをもって全国展開しているような大企業から、地元で社長様と数人で運営している小さな会社までそれはもうたくさんあります。

また、弊社のようにもともとは建築士事務所や建設系の会社で便宜上土地取引も必要となり取得する会社も多いです。

ほかにも行政書士事務所や家屋調査士事務所などで宅建業もやっている会社様や賃貸管理専門の会社様など本当に多種多様です。


でも、どんな小さな会社様でも不動産と関わっていくことは街を変えていくことであり、社会にかかわっていくことだと思っています。

古いアパートがたっていた土地を駐車場にしたり、新規分譲地として売り出したり、不要になった土地建物を必要な人につなげる仕事です。

賃貸管理の会社様も、アパート等を所有するオーナーさんとやり取りしながら、リフォームや建て替えの提案をしているはずです。


東武ハウジングでも来年でようやく10年の不動産業は設計・建築の分野に比べて未熟です。

それでも、最初はご依頼を受けた土地を仲介したり、少しずつ買って建物を建てたりしながら、近年では少し広めの土地を分譲地として販売できるようにもなりました。

その際に気にするのは長期的な目線で「社会にとって有益な仕事」であるかどうか。

分譲地などは細かく区切れば区切るほど、安く売りやすくなって利益は出るかと思います。

特にこれまで、仙台近郊は地価が高い水準を維持しているので、広い区画だとどうしても価格が高くなり、売りづらくなります。


お客様が買いやすい価格を目指しつつも、あまり小分けになって将来的に価値が下がったり、使いづらい区画にならないような配慮はとても大切。

地価はまだまだ下がる兆しを見せませんが、今後人口は確実に減っていきます。(東北の中では仙台近郊はしばらく人口も維持していく見通しですが、もっと長期的にみると、です。)

将来的にどうなっていくのか、はよく考えながら、社会的な責任を果たしつつ、お仕事していけたらいいなと考えています。


そこは大企業でも地元の不動産屋さんでもきっと一緒であり、そのためか不動産業界では横のつながりが強いです。

具体的にお取り引きをすることも多いので、同業者を大切にします。

ライバル会社とかいう感じではないんだな、と私もこの業界に入って感心しました。

大きな企業は地元の不動産屋さんがその地域の地主さんたちから預かる不動産を紹介してもらうべくあいさつ回りをしていたりします。

みんなで力を合わせつつ、社会をより良い方向に。

1つの会社で出来る事は少ないですが、1つ1つが少しずつ頑張っていたら、行政とも協力しつつ、よりよい街、暮らしやすい街が実現していくと思います。

仙台はすでに住みよい街だと自負しておりますが、更に!です。


今日は不動産屋の独り言みたいな内容になってしまいましたが、こんなことも気にかけて仕事していますよ!が伝わったらとっても嬉しいです♪

それでは、また。

東武ハウジングの売り土地情報はHPから♪


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 14:18
"不動産売買業の役割~少しずつでも街をより良い方向に~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: