2019年08月06日

アドラー心理学で人間関係を心地良いものにしよう♪

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

連日暑い日が続いておりますね(^-^)。

昨日は仙台七夕の前夜祭花火の日でした。

会社の帰りに浴衣のお姉さんがいて、気が付きました。

我が家は泉区なのですが、マンションなので小さく少しだけ見えるんですよ、花火♪

音もしっかり聞こえます。

夜なので遠くに、でもそこそこの大きさで光っている花火を見ていると、仙台って小さい街だなあと思いました。

8860a11226053808eae092b2b94b7b30_s.jpg

さて、今日はおうちづくりとはちょっと関係のない記事になります。

クボのお勉強編「アドラー心理学」について。

夏休みなので別ジャンルの学習もしていきたいなと思いまして(笑)。

ご興味のある方はぜひお付き合いくださいね♪


私がアドラー心理学をよく目にするようになったのはここ3~4年と思います。

雑誌の特集か何かでみて「なるほど」と思い、興味深かったのでそれから何冊か書籍を読みました。

子育てに関する「アドラー心理学」の本も多く、ちょうど子育てに悩み多き時期だったのでとても助けになりました。


少し紹介しますと「嫌われる勇気」(岸見一郎・古賀史健共著 ダイヤモンド社)は有名です。

ホリエモンさんの本を読んでいて為になったと書いてあったので読んでみました。


ただ、この本はタイトルのインパクトが強いので誤解されやすい本でもありますね。

アドラー心理学ではとても人間関係を大切にしています。

「幸福は人間関係の中にのみ存在する」というのがアドラーの大切な言葉。

人間関係の中にのみ、ですよ?

人の幸福は地位や名誉やお金ではなく、暖かい人間関係の中にある、ということ。


つまり人の役に立つこと「社会貢献感」こそが人を満足させるということです。

誰かの役に立つというのは、別に褒められたり称賛されたりする必要はなく、例えば道端のごみを拾ってゴミ箱に捨てるような些細なことで良いのです。

なので、ある意味「仕事」は大事な社会貢献です。

会社の方針が搾取や金儲けのことばかり…というのではマズいでしょうけれど、自分の能力を使ってお客様に良い商品を提案したり、困っていることを解決したりするというのは仕事の基本。

私個人はあまりお客様に直接販売などはしていないですが、このブログで役に立ちそうな情報を配信していくことも大切な仕事です。

会社の中でも誰かの役に立つ、みんなで協力してプロジェクトを成功させていく、ということが人間の幸福に欠かせないものだという事。

もちろん、家庭の主婦などは家族に貢献していますし、赤ちゃんは何もできないから社会貢献していないかというとそんなことはなく、その存在だけで周囲を幸福にしていると言えます。


じゃあなぜ「嫌われる勇気」かというと、アドラーは人間関係の距離感を絶妙に表現した人だから。

アドラー心理学では自分の課題と相手の課題を分けて考えます。

例えば今、私は娘の寝起きが悪くて困っているのですが、「朝早く起きる」ことは娘の課題です。

私が代わりに起きてあげることはできませんからね(^-^)。

ではここでの「私の課題」は何かというと、自分の準備をさっさと済ませて、出勤に遅れないようにすることや、朝食の片付けが娘の寝坊で遅れるので、最後に回して効率よく済ませること、などです。

母親は子供の課題を自分で背負いがちですが、この「課題の分離」はとっても大切。

分けて考えることで、相手の分でイライラすることが格段に減り、自分の課題解決に集中することで結果も良くなります。

娘がもっと大きくなったら、娘の課題解決に助言したり、「この時間まで食べ終わらなかったら自分で片づけてね?」と更に娘の方に割り振ったりもできます。

突き放しているのは違いますよ。

娘への興味や愛情が減ることはありません。

ただ、娘の課題は娘が自分で成長とともに解決していかないことには、彼女の成長を妨げることにもなります。

ここを間違えていくと、子供は遅刻や忘れ物やうまくいかないことの責任を母親のせいにしたりしてなかなか成長することができません。

親は「それは自分でやること。自分で決めることでしょう?」と子供に伝えていくことの方が大事な仕事です。


これは親子間だけでなく、すべての人間関係に有効な考え方で「課題の分離」に慣れてくるとあまり感情的になることがなくなります。

私の実感ですが、人の分までコントロールしようとしなくなるからだと思います。

これがまあ、嫌われる勇気に近いでしょうか。

相手にどう思われるかをいちいち気にしなくて良いという意味で取るのがいいと思います。

嫌われてもいいから好き勝手やろうということではないので、誤解のないようにお願いしますね。


ここからはアドラーさんは関係ないんですけど、日本の学校制度で育つと、いじめなどの問題も多いためかやけに人の目を気にするように思います。

あるいは若い頃は人にどう思われるかがとても気になるものなのでしょう。

まあ、動物的に本能的に安全のためや恋愛する年齢の為、仕方のないこととも思います。

年を取って人目を気にしなくなっていくのもある意味怖いですが(笑)、自然なこと。


無理に人に好かれる必要はないと知ってから、私はとても生きやすくなりました。

良い意味で「人は生きている限り、誰かにある程度迷惑をかけている」ものだという諦めと、ありのままの自分でいることのメリットに気が付いたことが大きかったです。

飾らないでいると、たぶん「この人苦手…。」と去っていく人も多いのですが、大概にしてそういう相手は自分も苦手であることが多いです。

極端に言えば、ですが 嫌いな人に嫌われて、何か困ることってあるでしょうか?


ビジネス上の利益に関わると考えるかもしれませんが、接待や相手の要求を呑んでの商売って本当に利益につながるのでしょうか?

すべてがWIN-WINで成り立つとも思っていませんが、ある程度の商品力と人間力は何にせよ必要です。

特にこれからの時代、昭和の時代のように接待やコネや裏取引(えっ?イメージ悪い??)ではビジネスも停滞するでしょう。

良い提案をしてお客様に選択してもらう、くらいの余裕のある会社が生き残っていくのだと思います。

だから極論、ビジネスでも嫌われてもいいのです。


最後はいつものようにそれてきましたが、皆様もぜひ「アドラー心理学」学んでみてください。

学ぶと言っても本を2~3冊読めば概要がわかると思います。

岩井俊憲さんや岸見一郎さんの本が王道ですが、子育て向けの女性が書いている書籍もとってもわかりやすくて良いです♪


人生の問題は人間関係の問題で、人生の幸福もまた人間関係にある。

そして、その人間関係を極めていくのに役に立つ知識を説いていると思います。

夏休みの大人の課題図書として、ぜひ読んでみてくださいね。

図書館にもいっぱい在庫がありますよ♪ 


今日は脱線記事でしたが、お読みいただいてありがとうございました♪ それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:01| Comment(0) | 私の思うことあれこれ | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

持ち家VS.賃貸のメリット・デメリット

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

ついに8月に入りましたね~~。

今年の梅雨はスカッと開けて、それは熱い夏がいっきにやってきて、むしろ清々しいと思います(^-^; 

最初の1週間はやはり体が慣れずに、暑苦しい感じがしましたが、今は割と慣れました。

つい今さっき郵便局にDMを出しに行くため2~30分外を歩いたら、汗が止まらないですが(笑)。

夏が暑いとお米の豊作が期待できるし、夏は暑いものですから、頑張っていきたいと思います。

055e2637f8875bd82e6e0865008282a1_s.jpg

さて、今日は前回探すことのできなかった「持ち家」と「賃貸」の住宅比べを改めてやっていきたいと思います♪

一度は同じような内容を書いているハズなのですが・・・。

本人も探し出せないくらい昔のことのようなのでおさらいです(^-^;


賃貸住宅は毎月の「家賃」を支払って借りています。

持ち家の場合は住宅ローンを組むことが多いのですが、銀行から購入する家&土地を担保にしてお金を借りて支払い、その借入金を毎月支払っていくことになります。

担保がしっかりしていることと、国の政策で支援していることがあるので、普通にお金を借りるのとは利率(利息の金利です♭)が違い、大きな金額を比較的低利息で借りることができます。


さてさて、よく言われることに「毎月支払う家賃がもったいないので住宅ローンでマイホームを購入しよう♪」ということがありますね♭

これはある意味では真理です。

前回もちらっと書きましたが、同等の家に住む場合に「持ち家」と「賃貸」ではトータルコストなら「持ち家」の方が安いのです。

賃貸住宅は建てて貸している大家さんと更に貸すための仲介業者(不動産屋さんです)が利益を上げなければいけないので、その分も払う必要があります。

ただしこれは、「同等の家」なら、というのがポイント。

すっかり同じマンションの隣同士とかの3LDKとか同じ間取で比べれば、ということ。


たいていの場合、賃貸は必要最低限の広さで生活していると思うのです。

「持ち家」になるときグレードが上がるのが一般的かなぁと思います。

なので、支払っている家賃より住宅ローンの方が大きくなることはよくあります。

でもこれも必然的なことで、「手狭になったとき」が住替えるタイミングですので、結婚や子育てをきっかけに持ち家を考えるのは自然な流れで理にかなっているわけですね。


一般的に「持ち家」のメリットは

 ・資産になること。
  (特に土地の価格は消費されないので、購入した時より値が上がることもあります。)

 ・大家さんや管理者の都合で引越す必要などがない。

更に戸建住宅の場合は

 ・騒音や近隣トラブルのある程度の解消

逆にデメリットは

 ・固定資産税の支払いなど税制面の負担が増える

 ・メンテナンス費用を貯蓄・管理の必要性(マンションの場合は修繕積立金がありますね♭)

 ・転勤などの都合で引っ越す場合には貸し出しや販売などが必要。

 ・そこで近隣トラブルなどがあると引越できない。


では「賃貸住宅」のメリットは

 ・引っ越しが容易なこと。

 ・固定資産税やメンテナンス費用がほぼ掛からない。(家賃に含まれる)

デメリットは

 ・毎月の支払いが永久に続くこと。

 ・大家さんや管理者都合で引っ越さなければならないこともあります。

 ・更に、引っ越す場合にまた賃貸だと頭金が大きい。

 ・家賃、光熱費等の支払い手間がかかる(変更の手続き等)。


あえて書く必要がないくらい当たり前のことですが、あげたらこんな感じ。

そこで、タイミング的にどんな方がマイホーム向きなのかというと、まずは毎月の家賃の支払いが大きい方。

すでに支払っている家賃と同等程度で新築のおうちを購入し住宅ローンの返済に切り替えることができます。


ちなみに今月の住宅ローン・変動金利の最安値は0.5%を切っていましたので、これで3000万円借りた場合。

35年返済なら、頭金やボーナス払いなしで月々の支払額が77,900円ほどです。

仙台市内でこれくらいの家賃だと1LDK以上のファミリー向けかなと思います。

なので、アパートが手狭になって借り替えるタイミングが、購入どきとも言えますね(^-^)♭ 


会社の住宅手当などで、賃貸でも支払金額が安い場合には、ギリギリまで頑張ってその差額を「住宅資金」として貯蓄することがFP的な観点でおススメです。

子供の成長に伴って、やはり手狭になったりということもあるので、無理なく購入に向かえるよう、やはり貯蓄はなにかと武器になりますよ♭


今日は、長くなりましたが、そしていつか書いた内容とほぼ一緒な気もしますが、持ち家VS.賃貸の比較とともに、購入のタイミングについて考えてみました♪

暑いですが、夏らしく楽しい週末をお過ごしくださいませ!!

水分補給はいつもよりこまめにおこないましょうね!

それでは、また。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:47| Comment(0) | 不動産にまつわるいろいろな情報 | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

持ち家を考える~おうちのそもそも論・家族の拠点があるという事~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

梅雨明けはいつかな~、なんてのんきに書いていたら、先週から梅雨明け&猛暑がやってきて「ひーっ!!」ってなってます(^-^; 

いやぁ~、暑いですね(笑)。

日傘や帽子なしでは外を歩けません、本当に。

徒歩10分くらいの保育所に娘を連れて行くにも、保育所につくと汗ダラダラになるので「車で行こう~~(泣)。」と私が泣きを入れています。

ここ1-2年でかなり聞き分けが良くなって良かったです(娘の)。

b534d1f3eebdcb6ef3147c2fcdf070ac_m.jpg

さて今日は、おうちのそもそも論「持ち家って必要ですか?」をクボ流に検討したいと思います。

持ち家か、賃貸か?については相当前に書いたことがあったのですが、なんと探せませんでした(T-T)ガーン。

記事が多くなってきたし、カテゴリが我ながら曖昧。

検索してみると結構いいこと書いてると思うのですが(自画自賛;)、もっと見たい情報がすぐ見られるようにするにはどうすればいいのかな~?

誰か教えてください!!!


見つからないものは仕方ない(笑)。

ざっくりというと、持ち家と賃貸はすっかり同じものならトータルコストで持ち家の方がお得です。

大家さんの取り分や仲介業者のマージンを含まないから。

また持ち家の良いところは大切に使えば使うほど「資産」として手元に残ることが一番ではないかと思います。


逆に賃貸の良さは身軽さ、引っ越しが簡単で荷物があまり多くなりにくいこと。

だから「ここにずっと住む」という場所が決まっていない人は賃貸の方がいい。

当然のことですが、転勤があったりこれから結婚したりするような世代の方たちは賃貸に住んでいると思います。


メンテナンス費用やコスト面での様々な事情は今日は置いておいて、最近年のせいか思うようになったのは、「拠点があるというのは案外いいものだ。」ということ。

帰る場所がある、実家がある、固定された場所というのはすごくいいなと感じています。


特に私は石巻市郊外の田園風景の広がる田舎に実家があります。

そこには5歳になる直前に移り住んで、18歳まで住んでいました。

そこから大学進学のため仙台に出てきて、そのあとはずっと1人暮らしで今は結婚して家族もいます。

もう実家を出てからの年月の方がそこにいた年月よりはるかに長いのですが、田舎のせいもあって実家ってすごく癒されます。


思えば若かれしころも疲れたり、辛いことがあったときは夏休みなどにゆっくり帰省して、田んぼを見ながらボーっとしていたような気がします。

今は娘を連れて行くと、車通りが少ないのでのびのび遊べたり、こちらにはない緑や虫たちや生き物との触れ合いが微笑ましいです。

もちろんそれほど田舎でなくても、やはり帰省して懐かしい家に帰ると落ち着くというのは、子供のころから慣れ親しんだ場所があるという事。

それはとってもありがたいことだなあ、と思う今日この頃です。

転勤族で子供の頃いた場所にもう実家はないという方も多いかもしれませんが、やっぱり小学校とか中学校くらいの時期を過ごした場所ってなんか特別なのかな~、と思ったりします。


今は賃貸マンションに住んでいるので、住人の移り変わりは多いのですが、長く住んでいるとお友達ができたり、子供同士が仲良くなったりして、それはそれで楽しんではいます。

ただ賃貸ですから、将来的にわが子の拠点にはなりにくいので、そのうち自分の拠点も決めないとね、というのが目下の目標です。


転勤が多くて拠点を決められない、ということも今は仕事の事情でやむを得ないこともありますね。

私の友人はなるべく社宅や家賃の節約をはかって、将来落ち着いたら一番好きな場所に自宅を建てる!という目標を持っている子もいます。

持ち家を持つのはとっても素敵なことですが、今すぐ実現できないときは「夢を取っておいている」と考えて、今の生活を楽しみつつ、目標実現に向けて貯金するとか、できることから始めてみましょうね♪


それでは今日は、お盆が近いからか実家に思いをはせつつ、持ち家についてクボの思うところを書いてみました。

私の夢も、皆さんの夢も少しずつ実現していきますように!!

宮城県内にお住まいの方はおうちづくりのパートナーとして、ご相談も承りますよ♪

(最後は宣伝です笑)


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 13:36| Comment(0) | 不動産にまつわるいろいろな情報 | 更新情報をチェックする