2021年03月10日

南向き窓の有効性~南面道路は本当にベスト??~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

すっかり春めいてきましたね。

前回掲載し忘れた事務所前の水仙の鉢。

IMG_9680.JPG

うっすら蕾が黄色い♪


さて今日はこんな気持ちのいい季節にはぜひ開放的にしたい窓のお話です。

弊社の建物はリビングを南向きに配置し、はき出しの窓を設けることが多いです。

はき出しの窓というのは箒(ほうき)で掃き出せる窓、床面から高さ2mくらいの大きい窓のことです。

箒で掃き出すという発想は、現代ではあまりないかもしれませんが(^-^; 掃き出し窓からは外に出られるので、お庭へのアクセスや防災・避難経路としても有効な窓。

余談ですが、現在のおうちは勝手口を設けないことも多いので、外に出られる場所は玄関のほかに最低1か所は設けたほうが良いです。

ちなみに弊社では南向きの掃き出し窓は90%以上、キッチンなどの勝手口は50~60%くらいの施工率です。

防犯上の理由や使わないからということで、勝手口も少なくなっていますね。


さて本題の南向きの窓、あえてご説明しなくても良さは体験でわかるかと思います。

日本の緯度では冬は太陽の角度が低く、夏は高くなるので、冬は日射(太陽の直接の光)が室内まで入り込み、室内を温めます。

逆に夏場は南向きの窓からはあまり日は入らず、建物の上部に集中します。

また、実は真夏は南向きの日射量よりも東西の日射量の方が多いのです。

だから南向きの窓は夏も冬もオールシーズンを通して快適と言えます。


少し気を付けたいのは西向きの窓。

夏の強い西日は皆様もご経験があるかもしれませんが、西側に大きい窓があるときは夏場にそれを遮る工夫が必要です。

最近はやりの縦型ブラインドは東西の窓の日射を遮って、ある程度外の明るさは取り入れることができるので東西向きの掃き出し窓に適しています。

古来からずっと日本の建物は南向きに建てられていますが、太陽の方を向いているという以上に合理的な理由があったのですね。


で、また少し視点を変えて 土地を探す場合に「南面道路の土地が人気」というのを聞いたことがあるでしょうか。

南面道路の土地というのは、接道が南側にある土地。

南側からその土地に入れる土地のことです。南側に道路があると、その土地のすぐ南側に家が建たないので(当然、道路があるからです)、南面が広く開いているという点で採光に有利です。

区画が狭く、住宅が密集しているような場所では、南側が道路だと間取りを作成しやすいとは言えるでしょうね。

ただし、道路は不特定多数の人が通る場所ではありますので、適切な目隠しがないとせっかくの南側の窓をいつも閉ざしていないといけないという弊害もあります。

ルーバーや目隠しフェンスで道路からの視線を遮ると快適に住めるのかなと思います。


逆にある程度の土地の広さがある場合には、北側に道路があったほうが南面にプライベートなお庭をとりやすいですし、北側は窓が少ないので人目を気にする必要がありません。

東西側に道路がある土地では、建物を北側に寄せることで、南面を少しでも開けて採光を確保することが一般的です。

なので、結論としては「南面の窓は日本では有効」であることは間違いないですが南面道路が良いかはケースバイケースかなと思います。

土地は大きさも形状も立地も個々の要因が多く、1つの面だけで良し悪しを判断することはできません。

土地を購入する場合には建物をどのように建てるかまでを考えて、購入しましょうね。


最後に見学会のご案内ですが、今回の南光台南完成見学会は北側道路です。

北側に駐車場を確保しつつ、さらにひな壇の宅地を上手に利用して南側にお庭をとっています。

参考になること間違いなし!ですのでぜひご来場くださいね。

それでは、また。

イベント情報はこちら

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 15:17| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

もうすぐ春休み~3/27-28は完成見学会へ♪~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日は少し暖かい仙台。

今年の冬はすごく寒かったので、去年は2月に咲いていた水仙の葉っぱがここにきてぐんぐん伸びています。

気が付けば3月。

ひな祭りもすぎてもうすぐ子供たちも春休み。

久しぶりの長期のお休みに少しおびえる私。(毎朝お弁当詰めるのが苦手みたいです笑。)


そんな3月の東武ハウジング メインイベントのお知らせです。

「イベント情報」にも掲載中ですが、3月27-28の土日にこちらの事務所からほど近い「泉区南光台南」エリアで完成見学会を開催いたします。

イベント情報はこちら


今回のお宅は2階建て3~4LDK 

3~4となっているのは、今は1室にしている12帖の子供部屋を将来仕切れるように設計しているから。

ドアと収納はそれぞれについていて、6帖ずつの部屋とすれば4LDKです。

家族の成長に合わせて変化していくおうちが最近では主流になっているかもしれませんね。


LDKはこだわりのオープンキッチンがある大空間。

隣接する和室は2本引込み戸で大きく開閉できます。

その他収納も充実しているのですが、シューズクロークなど一工夫あるので、その辺はぜひ見学会でご確認頂ければと存じます。

南光台は低い丘陵地に広がる団地なので、ひな壇の宅地がとっても多いですよね。

今回のお宅もそんなひな壇宅地で、道路側の擁壁を一部解体して駐車場スペースに造成しています。

おうちの基礎を擁壁をして効率よく建築していますので、その辺も見どころです。

外構パース.png
外観のイメージです♪

イラストでは駐車スペースに猫の足跡がありますね♪

ちらはまだ見本ですが、実際も可愛らしく印象的な外観になります。

東武ハウジングではモデルハウスなどは持たず、現在注文住宅の完成時に不定期な形で見学会を開催していますので、ご興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。

皆様のお越しをスタッフ一同 心よりお待ちしております。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 15:32| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

2月13日深夜の福島・宮城地震で被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げます。

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

月曜日に書こうと思っていた記事が金曜日になってしまい(>-<)、間抜けなタイミングになってしまいましたが、先週の土曜日の地震、皆様お怪我はなかったでしょうか。

100人以上の方が負傷し、92万戸で一時停電が発生したとのこと。

被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私も仙台にいたので、久々の大きな地震、びっくりしました。

長い揺れと余震は大震災を思い起こさせます。

うちはマンションのエレベーターが緊急停止したくらいで他に被害有りませんでしたが、精神的にはダメージがあったかもしれません。

ちょうど10年のこのタイミングでこの地震・・・。嫌でも当時の辛かったことが思い起こされてしまいますね。

今回は大きな地震だった割に津波が起こらなかったのは何よりでした。

そして、時間がたって気象庁から今回の地震が東日本大震災の余震であると発表がありました。

考えすぎかもしれませんが、10年前に亡くなられたたくさんの方の御霊が“私たちのことを忘れないでね”と言っているように感じてしまいました。

こういうことを繰り返しながら、地震や津波の怖さを忘れないよう警戒しつつ、原子力発電の危険性などを再確認しつつ、少しずつ前に進んでいくしかないのですね。

色々と考えさせられた今週でした。

松島.jpg
写真は1年半前の松島です。また温泉に入りたいな・・・コロナもありますしね(涙)。


深夜の地震でしたので翌日の日曜日に概ね、弊社では現場の安全確認と施主様各位の被害状況の確認を終えることができました。

他県の関係各位からお見舞いを頂戴致しましたが、この度は大きな被害もなく、今週も通常営業しております。

温かい励ましのお言葉を頂戴し、励みになりました。ありがとうございました。


大きな被害なくと言っても県の南側に行くほど揺れが大きかったようで、家具が倒れたりといった状況はありました。

お怪我がなくて何よりでしたが、家の中の安全確認、家具の転倒防止なども我々にお手伝いできることがありましたらお気軽にご相談いただければと存じます。


ちょっと暗い話題になってしまったので、今朝ラジオで聞いた素敵なお話を1つ。

東北新幹線が止まっていて、東北―東京間の移動が大変になっていますが、特急日立がその役割を代行してくれているそうですね。

仙台から茨城まで3時間以上かかったと思いますが、さらに1時間半くらい行くと上野までたどり着きます。

新幹線なら仙台―上野は1時間半ですが、特急日立は「特急」ながらも5時間くらいかかるはずです。

今回の地震発生直後は長い社内時間にパンなどの軽食が配られ、東京に向かう受験生への配慮がアナウンスされ、早朝に上野に到着した社内では「山手線の始発までどうぞ社内でお過ごしください。」という気の遣いように感動したというお話でした。

大変な状況の中での気遣いや思いやりは心に響きますね。

地震が多いけど、日本はいい国だなと思って安心します。

私たちも建築を担う会社として施主の皆様が安心できるようなサービスを今後も提供していきたいなと考えさせられるところです。


私も今週エレベーターの停止や子供の給食が提供できなくなってお弁当になったりと少しモチベーションが下がっていたのですが(うん、小さいことですね笑。)、また頑張ろうと思いました。

ともあれ大震災から10年。

3月のお彼岸にはしばらく行っていなかった親族のお墓参りにも伺おうと思った次第です。


皆様もこのコロナ禍での大きな地震です。

ちょっと心が疲れてしまうのも仕方ないことです。

無理をせず、ご自愛してお過ごしくださいね。

それでは、また。

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 11:44| Comment(0) | 私の思うことあれこれ | 更新情報をチェックする