2020年01月22日

完成見学会のお知らせ~その2~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今年の冬は本当に暖かいですね。

「大寒」を過ぎて朝夕は冷え込みますが、今日は天気も良く日差しがあります。

寒さはここからが本番なのですが、例年に比べて暖かく雪も全く積もらないので、なんだかこのまま春が来そうな錯覚をしてしまいますね(^-^; 

とはいえ例年4月初旬にどさっと雪が積もることも多く、東北の春は遠いです。

子供たちは雪が降らずに残念そうにしていますが、雪遊びは今年はできるのかな~?という感じになってきましたね。

明日はまた雨の予報になっていますが、今週末は晴れそうです!!

週末はぜひ、仙台市宮城野区小田原エリアで開催される完成見学会にお越しくださいね♪♪

IMG_2172.JPG
弊社にある『そらの家』の模型です。


私も昨日、完成した『そらの家』を皆様より一足早く見学させていただきました♪

そらの家の醍醐味、屋上の向きがよく考えられていて、遠くまで見渡すことができとても素敵でした~(^-^)/

仙台市の中心部に近い場所ですので、都心部の景色なのですが、これはこれで本当に素敵です。

以前八木山の『そらの家』完成見学会では、「タワーマンションなみの眺め」とお褒めの言葉を頂いたのですが、街中も工夫次第で街を一望できていいなと心から思いました。

こちらでの見学会は今週末の2日間限定となりますので、ぜひお見逃しのないようにチェックしてくださいね♪


それから、実際に完成した建物を見て、前回の記事で間違ったご案内をしてしまったことに気が付きました(>-<)!

2階の子供部屋を間仕切りにしていると書いてしまったのですが、計画変更がありまして、収納を入れて完全に分離した間取になっていました。

訂正してお詫び申し上げます。

リビングとDKの間仕切りは記載の通りでして、3本引込戸という建具が入っていますので、間仕切りの雰囲気は1階のLDKで確認してくださいね♪(^-^;スミマセン;


以前にも子供部屋を間仕切りできるような間取りは多々ありまして、ご相談いただければどちらも可能です。

今回のように部屋の間に収納を入れて間隔をあけますと、壁と建具が入るのでお互いの音などが聞こえず、よりプライベートスペースの色が濃くなります。

真逆のご案内をしてしまい申し訳ございませんでしたが、ぜひ実際に見て頂けると嬉しいです。


こちらのお宅では洗面室と脱衣室がわかれていたり、他にもみどころがたくさんございますので、ぜひ今週末は足をお運び頂けますよう重ねてお願い申し上げます。

詳細は下のバナーから当社ホームページ「お知らせ」をご覧ください。

『そらの家』って何?という方は、こちらのイメージ動画もご覧くださいね♪


スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。




東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 14:10| Comment(0) | 東武ハウジングのご紹介 | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

LDKの流行と実用~完成見学会のお知らせ~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

ついに今週末、仙台市宮城野区小田原にて『そらの家』完成見学会を開催します。

そらの家についてはこんなイメージ動画が出来上がりましたのでぜひこちらも観てみて下さいませ。



こちらは現在、宅地化を進めている宮城野区岩切の土地に当社の『そらの家』を設計したものです。

当社の建物はお客様のご要望に合わせた1棟1棟オーダーメイドを基本としております。

今回の見学会も屋上のついた『そらの家』になりますが、こちらとはまた別の表情がありますので、この機会をお見逃しなくご来場くださいませ。

1/25-26の土日、10:00~17:00で開催いたします。

見学会の詳細は一番下のバナーから、東武ハウジングホームページにてご確認くださいね。

キッチン~白いダイニング.jpg

さて今日は今回の会場になります小田原見学会の見どころを少しだけご紹介したいと思います。

今日のタイトルはLDKの流行と実用~なんてしてみましたが、結構流行りがありまして、その時々で構成が違います。

LDKが出たばかりの頃は縦長の長方形の端からキッチン、ダイニング、リビングと繋がっていてキッチンは対面式。

お母さんがキッチンに立ちながらリビングまで見渡せる形が基本だったと思います。

ここから派生して、ダイニングはキッチンと横並びの方が使いやすいとか、リビングに階段を設けるのが流行したこともあります。


現在は、少し一巡した感があり、リビングとダイニングキッチンを仕切れる間取が流行しています。

理由はわかりますよね?

来客中でも家族の生活に影響がない点に優れています。


リビング階段もすごく流行ったので、近年ではよく見る間取ですしとても素敵ですが、来客中は下に降りられない…と知人が言っていました(^-^; 

元々LDKになる前はキッチンとダイニング、客間は分かれているのが普通でしたよね。

今は見た目の広々とした感じよりも、一巡してまた以前のように実用的な面が着目されているようです。


今回の小田原のお宅は縦長のLDKのリビングをリビングだけ仕切れるように建具を入れています。

完全な分離ではなく、繋げたり分けたりできるソフトな分離で、今どきだと思います(^-^)♭

お客様が来ていても、建具で仕切れば、家族が食事をしたり外から出入りしたりも気にならない間取です。

また日常的には開けておけば、引込戸と言って一枚分の戸袋の中に3枚の建具が収納できますので、建具もそれほど邪魔にならず開放的に使えます。


また2階の子供部屋も2室の間に建具が入っていて、大きな1部屋として使うことも、分けて2室にすることも可能です。

小さいうちは一緒に、大きくなったらそれぞれで使えるところが素敵ですよ♪

リビングにはカウンターがあって、前回ご紹介した子供の勉強スペースにお父様の書斎スペースにと活用できますので、こちらも必見です♪


文章ではわかりづらいですが、百聞は一見に如かずですから、ぜひご都合の合う方はこの機会にご来場くださいね。

お客様のお宅をお借りしての2日間限定見学会ですので、機会を逃すと同じ物件は見ることができません。

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております♪

詳細はこちらのバナーをクリック!!

お知らせ欄のトップに見学会の内容がございます。


東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 13:39| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

子供がすくすく育つ家-vol.1-

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

どんと祭も終わりお正月ムードも終了しましたね。

今年も二柱神社にどんと祭に行って、無病息災を祈りつつ火にあたってきました。

どんと祭.jpg

写真は昨年のものですが、お正月飾りを飾り始めたのがここ最近なので、これからは恒例行事にしてもいいなと思います。

大きな火を見ると心が清められて、ありがたい気持ちになりました。


さて今日は、2020年に個人的にテーマを掲げるとしたら何かな~、というところを考えまして「子供がすくすく育つ家」ってどんなだろう?を考えていきたいと思います。

なんせ今年はクボ家の娘も小学生になりますから、お勉強が始まります。

我々の時代(昭和です)は戸建の家なら子供部屋があって、そこに勉強机を置くのが一般的でしたが、最近ではリビングに勉強机を置くのがいい、というのをよく聞きますね。

家族の気配を感じながら、また雑多な環境の中で集中することが能力を高める、ということが言われるようになりました。


当社で建築のお客様の中にもダイニングの一角に多目的のカウンターをつける方や、リビング脇に書斎スペースを設けたり、子供が小さいうちは勉強スペースに使えるような工夫をされる方がたくさんいらっしゃいます。

お客様のお話を伺うと、子供が小さいうちは勉強スペースにして、その後はパソコンスペースや奥様のスペースにしたり、流動性を持たせてカウンターなどを設置しているケースが多いです。

お子様も中学生や高校生になると個室の方が良いという子もいますし、そのままリビングで勉強する子もいます。

ある程度の流動性は今の注文住宅ではテーマでもある気がします。

家は30年・・・いや50年は使えるものですから、長い目でリフォームの計画等も含みつつ、考えるのが賢い方法ですね。


で、やや脱線しましたが「子供の勉強」という面を考えると、小さいうちはダイニングスペースなどお母様の目の届くところで、大きくなったら個室でも勉強ができる環境だとベストかな、と現段階では思っています。

時代とともに流行りがあったり、見解が変わっていくものと思いますので、今のところですが。



先日娘の勉強机を購入したのですが、やはり自分の頃とは時代が変わっていましたね。

見た目は昭和の頃と同じような形の前面に収納のあるタイプを購入しました。

私はシンプルな木の机が良かったのですが、いわゆる小学1年生でそろえる学習机です。

(しかもディテールが割とごてっとしています^-^; 娘のものですので、譲歩しました。)

ただこれが、私の使っていたものとは違って、奥に配置する収納部分と机の部分が完全に分けられるようになっていました。

もちろん机の下に置くワゴンも初めから分離しています。

全部を組み合わせると大きいので個室に置くしかないのですが、机だけなら省スペースなので、頑張ればリビングにも置けるかも。

さらに収納部分を机の隣に置いたり、本棚のように独立して置くこともできる優れもの!!

少々棚の組み換えなどは必要ですが、よく考えられています。なんでも時代とともに進化しているんだなあと感心しました。


こういう机の場合、個室よりもリビングで勉強するのであれば、机だけを必要な場所に置けるのでとっても便利♪

もちろん宿題くらいはダイニングテーブルでやってもいいのですが、食事の時にさっと片付けられないとそれも困るので、状況を見て必要なら机をもう置いておくこともできます。

今のところは新しい机が来たばかりで喜んで、家自体も狭くて個室と言ってもすぐそばにおりますので、自室にこもって何やら作業をすることを楽しんでいるようです。

まだ暖房もないのに(笑)。


子供がすくすく育つ、と言えばまずは学習環境かな?と思って今日は机の設置をあげてみましたが、もっと大切なことがあると思っていますので、それはまた次回記事にしたいと思います。

私事ですが、娘の小学校入学って親もワクワク・ドキドキな部分がありますね?

自分の頃はもう忘却の彼方ですから、今どきの小学校ってどうなの?と気になるところです。

勉強については、本人の問題なのであまり介入する気はないのですが、宿題を親が添削したりするらしいですね?(よくわかっていない。)

自分の名前が書けて、本が読めれば大丈夫!と思っているのですが、可能な限り協力はしていきたいと思います。

それでは、また。


今月は東武ハウジングの『そらの家』完成見学会があります!!

ホームページのお知らせ欄もぜひチェックしてくださいね♪♪

東武ハウジングホームページはこちら。


バナーをクリックするとジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 16:27| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする