2018年11月20日

水回り(サニタリー)は一緒になっていた方がいいと思う!!~女性目線で間取りを考えよう♪~

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

すごく久しぶりにこちらのデザインを変更してみました(^-^; 

ちょっとイメージが変わったかもしれませんが、変わらぬご愛顧よろしくお願い致します!

senmen.jpg

今日のポイントの水回りはいわゆるサニタリーと呼ばれるお風呂・洗面室・トイレのことです。

キッチンも水回りですが、また別に扱うとしてこの3つをまとめてサニタリーと呼びます。

サニタリーという言葉は「衛生的な」という意味があるそうです。

言葉を調べて興味深かったのは、欧米では寝室の隣にシャワー・トイレ・洗面脱衣室が1つにまとまっていて、これをサニタリーと言うそうです。


今日のタイトルは完全に個人的な主観なのですが、女性の方には「なるほど。」と思ってもらえるかな?どうかな?という内容です(^-^;

日本では、洗面室・浴室・トイレは個々の部屋として独立しているのが普通です。

昔の間取りでは方位とかがだいたい決まっておりまして、南玄関でトイレ・風呂・洗面室は北側(北西?)が相場でした。

なので古い間取りではこの水回りはそもそもセットであるものでした。


現在は下水が完備されて衛生面での心配がほとんどないのと、風水なども昔の衛生面や湿気の対策として重視されていたものなので別々の配置も可能になりました。

特にトイレはトイレの中に手洗いをつけることで玄関わきやリビングの近くに独立して配置することももちろんできます。

最近は特に洗面室&お風呂とトイレが離れている間取りも多くなったと感じています。


ここでクボの主観なのですが、トイレと洗面脱衣室が離れているのは使いづらくないですか???

女性はトイレの中にサニタリーボックスや必要なものを置いておくことがありますよね。

お風呂に入るときにも必要ですし、リビングを横切って取りに行くような間取りは私は嫌です。

かといってそれらの施設を洗面室に設けるのも衛生的に考えにくいと思います。

なのでやっぱりサニタリーは1ヶ所にまとまっているというのは原則ではないのかな?と思います。


それなのに、だんだんと分離してきているのは建築が男性目線のことが多く、デザインや見た目優先の考え方によるのではないかと思います。

確かに玄関側にトイレと手洗いがあればお客様が来た時に使いやすいとか、お客様に洗面室まで入られなくて済むといったメリットもあると思うのです。

でも住んでいる人の生活が第一というのが基本にあるので、たまに来るお客様のために不便な思いをしないでほしいなと思います。


まあ、その辺の使い方は女性であっても人それぞれと思うので、中には全然気にしない方もいらっしゃると思うのですよ(^-^;「えっ、なんで?」みたいな。

実際に私が住んでいるここ2件くらいのアパートはトイレが玄関側で比較的奥の方に洗面室&浴室があります。

うち1件はリビングを横切らないといけない間取りでした。

私は生活している中で結構これがストレスに感じます。

世の中の男性建築家に「サニタリーはまとめて設置してください!!」と声を大にして言いたいくらいです(笑)。


当社も注文住宅なので、自由度が高くいろいろな間取りを考慮できることが良さでもあります。

でも意外とこういうところが抜けがちなので、生活を始めてから「しまった!!」とならないように、自分はどういう生活をしているかな??というのを一旦書き出してみることがおススメです。

トイレと洗面室の近さ、は恐らく女性じゃないと気にしないと思ったので、今回あえて取り上げてみました。

他にもスポーツをしていて、休日の昼間にシャワーを浴びるご家族がいるなら、リビングを横切らずに洗面室にたどり着ける動線が必要かもしれません。

お客様と顔を合わせるのが苦手なご家族がいれば玄関から直接階段や個室に迎える動線もいいでしょう。

程度と頻度によるのですが、自分たちの生活習慣を考えて間取りを検討することはとても大事です。

余談ですが家族って意外と似てくるので、そのご家族なりの生活習慣ってあると思うのですよね。


注文住宅を検討している方はぜひ自分たちにあった間取りがどういうものなのか、を箇条書きなどで書き出してみてください。

またマンションや建売住宅を購入する際にも、もしかして自分たちの条件に見合った間取りがあるかもしれないですよね。

おうちを考える方はぜひ、まとめてみて、それを判断材料にしてみてくださいね。

きっとお役に立つと思いますよ♪


おうちはご家族それぞれに合わせたオーダーメイドで~高品質住宅をなるべく低価格でお造りしている東武ハウジングにもご相談ください(^-^)♭宣伝です(笑)。

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪
posted by 東武ハウジング at 11:23| Comment(0) | 建築や間取りのお話 | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

仙台市近郊の土地情報をお届けしています♪

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今週は晴れの日が続いています♪

日差しは暖かいのに風は冬の冷たさです。

北海道の方ではすでに初雪が観測されています。

この辺も高い山の上は冠雪を始めています。

地上で初雪が降ってくるのも間もなくですね!!

yuki2.jpg
寒いのは苦手ですが、雪はとてもきれいですね。自然の偉大さを感じます。

さて今日は「仙台市内も少しずつ土地が出始めていますよ♪♪」という情報をお送りしたいと思います。

仙台近郊の地価は高く、ざっくり仙台駅近いと宅地でも坪100万円超え!なんてこともあります。

坪単価というのは3.3㎡当たりの値段で良く土地の価格を表すのに使われます。

1坪いくら、という考え方です。

現在人気の長町周辺では50~60万円くらい、こちらの事務所がある泉区南光台エリアは30万円前後と相場がだいたいで決まっています。

もちろんこれは、時代とともに変化してきます。


何度も書いていますが、仙台市や近郊の土地は東日本大震災の影響で在庫が極端に減り価格が上がってしまいました。

私がこちらの事務所にきた3年前には主に土地探しをしていましたが、希望エリアの土地は少なく、さらに価格が高く、それなのに流通に乗ってくるとすぐに売れてしまう、というのが現実でした。

なのでお客様は考える暇がないのです。

ちょっといいな~、でも、と考えているうちにもう売れてしまう。

土地は一度売れてしまうとその近辺で同じような土地が出てくるとは考えづらいので、「土地を買うのはなんて大変なんだろう…。」と当初は思っていました。


でも今は、ようやくひと段落したように思えます。

ある程度住宅地の中で販売している土地を見つけられますし、もちろん仙台市内、安くはないですが法外に高くもなく、適正な価格に戻ったのではないかと思います。

現在は消費税が10%に増税される前でやはり建築ラッシュは多少あるらしく、土地取引もまた活発に行われているのですが、それも来年末くらいからは少し落ち着くのではないかと考えられますね。


消費税については焦りすぎませんように。

ちなみに土地には消費税がかかりませんよ(^-^)♭

土地は消費されないので消費税の対象じゃないからです。

建物についてはこちらの過去記事で説明していますので、ご興味のある方はご覧になってみてくださいね。

消費税10%まであと1年~家を建てる場合の移行措置とすまい給付金について~


さてさて、そんな訳で私もようやく落ち着いて土地をご紹介できるようになったなと安心しておりますが、やはり「いい土地」「安い土地」はあっという間に売れてしまうのは今も変わりませんのであしからず(笑)。

東武ハウジングでは土地を探しているお客様に毎月DMに同封して土地情報をお送りしています。

エリアは今のところ仙台市内と名取市、柴田郡大河原町です。

WEBサイトで見るより紙なので見やすいかなと思います。

またサイトに載っていない情報も入手して掲載していることもありますので、欲しい方はホームページのお問合せ欄からでもご連絡いただければお送りいたします。

戸建住宅を建てることを対象にしていますので、あまりに広い土地や高額な土地は割愛させていただいています。

なので事業用地をお探しの方には向きません。

自宅用地をお探しの方にはぜひ。

エリアは私どものお客様のお探しのエリアに絞っていますので、ご希望があれば随時拡大させて頂きます。(ただし、宮城県内でお願いしますね^-^)

土地需要が高まっている昨今ですので、こちらのブログでも良い土地の見分け方などもお伝えしていきたいと思います。

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 14:09| Comment(0) | 土地探しのいろは | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

和室あれこれ♪~小上がりと段差なしタイプどちらがいい?

こんにちは。東武ハウジングのクボです。

今日は快晴で冬晴れが気持ち良い仙台です。

昨日は朝から鉛色の空がずっと続いていまして「冬が来たな。」と実感しました。

西高東低で冬は晴れて乾燥する仙台ですが、曇っていると独特の薄明るい灰色になり私はずっと「鉛色」と呼んでいます。(^-^;一般的かはわかりません; 

皆様もう暖房関係の準備は万端でしょうか?

こうなってくると東北は急に寒くなります。しっかり防寒して暖かく、楽しい冬を過ごしましょうね♪♪


さてさて、今日はおうちの中で意外と存在感を発揮する『和室』をクローズアップしていきたいと思います。

以前にも1階にLDKと和室があり、2階に子供部屋や寝室を洋室にした間取りが人気と書いたことがあります。

ずいぶん前なので、私もこちらのお仕事を始めたばかりで一般的なファミリー向けのおうちはだいたい和室ありの4LDKか和室なしの3LDKが多い、と思っていました。

もちろん今もファミリー向けマンションや建売住宅など、ターゲットをご家族にして作られているものはこの辺りで占められていて、たまに和室なしで4~5LDKとかだと珍しいなという印象です。

しかし私もこちらに来てかれこれ3年。

だんだんといろいろな建物に興味を持つようになり、特に設計士が関わって作った住宅は多彩なバリエーションがあって既成概念を覆していくのが面白いなということも学びました。

狭小地に立つ3階建てですべての階がワンフロア~とか、デザイナーズマンションなどで不思議な形態のものもあります。

万人向けではないのかもしれませんが、家はご家族それぞれの住みやすさを優先するものなので、いろんな形があっていいのだと思います。


そんな中で、注目するのが本日のテーマ『和室』。

使い道としては客間・寝室・こたつを置く・子供が小さいときの育児部屋・洗濯物を畳んだりする家事部屋・ストレッチや簡単なトレーニング部屋(笑)などが思いつきます。

最後のは完全に私の主観なのですが、ストレッチとか少し体を伸ばすのって日常の中で大事だと思うのですが、フローリングの上だと冷たいのです(^-^;アタリマエ 

で、ヨガマットをひいてやればいいのですが、いちいちひく手間が面倒でやらなくなったりするのです。

だから私は和室が欲しい!!!と心から思っています(笑)。本心です。2畳でいい(>-<)


人に比べると特殊な事情かもしれませんが、おうちづくりってこういうところが大切と思うのですよ。

誰にでも習慣があって、良い習慣ならそれを助けるようなおうちにしていきたいですよね。


そこでようやく、今日はフローリングとフラットにつながっている和室がいいのか、小上がりの方がいいのかを検証してみたいと思います。

和室.jpg

小上がりというのは40㎝程度の高さに和室を設けることです。

【小上がりのメリット】

・下部に収納を設けることができる。大容量の収納にすることも可能。

・段差に腰掛けられる。(椅子の代わりとしてたくさんの人が座れます。)

・高さの違いが生まれ空間にメリハリができる。

・掘りごたつを作りやすい(収納と両方は難しいかもしれませんが)。

・中にいると目線が高くなり、位置によっては部屋を見渡せるなど、居心地の良い空間に。

【小上がりのデメリット】

・段差があるので落下の危険性(特に小さい子供は危ないです。)

・天井が低くなるので多少、圧迫感が出る。(背の高い人はいやかも)

・空間に凸凹ができるので設置場所に気をつけないとぶつかることも。

・入るのに段差があるので躓かないように注意が必要。


【フラット和室のメリット】

・なんといっても段差がなく出入りしやすい。躓かない。

・LDKと続き間にすると大空間に見える。

・床の間や押入などの収納は高さを生かせる。

・天井が高くとれて圧迫感がない。

【フラット和室のデメリット】

・掘りごたつや畳下収納は難しい。


思いつくメリット・デメリットを上げてみました。

東武ハウジングで先月完工したおうちではキッチンわきに小上がりがあってとても素敵だったので、クボは少し小上がりに傾いています(笑)。

小上がりの段差をベンチ代わりにしてダイニングテーブルを置くインテリアプランもありますね(^-^)♭

なんか特別感が出ていいなと。


メリットとデメリットを比べると掘りごたつや大きな下部収納が必要でなければ、フラットなタイプがいいのかな?とは思いますがね。

そもそも和室が必要かどうか、ということも住む人によるものなので、そこもよくご検討いただき、欲しい!となったら小上がりという選択肢もありますよ?という記事でした。

せっかくあるけど、子供が大きくなったら和室は使わないというお宅も多いかと思います。

なければその分リビングやほかのお部屋が広くなったりもできるので、どのくらい使うのか?は本当に検討が必要ですね。

今日は最近少~し少なくなっている『和室』を取り上げてみました。

私は本当に和室が好きなんですけど、確かに畳に直接座るのは足が痛くなるし…。

だからおうちの中に少しだけ残していきたいというのが、今の流れのようです♪

それでは、また。



バナーをクリックするとホームページへジャンプします♪

posted by 東武ハウジング at 11:48| Comment(0) | インテリアコーディネート | 更新情報をチェックする